FC2ブログ
 
  

ヴェルディのレクイエム 魂の演奏 ヴィオッティ&東響@サントリーホール 2019.1.12

今年の音楽初めは東響によるヴェルディのレクイエムです。何とも凄まじく魂に訴えかける演奏でした。今年は東響の演奏に聴き惚れる1年になりそうな予感を覚えます。ジョナサン・ノットの登場が待ち遠しいですね。サントリーホールの定期演奏会では飽き足らず、オペラシティの定期演奏会まで聴く、気持ちの入れようです。そういうsaraiの気持ちに応えるような今年最初に滑り出しでした。指揮のロレンツォ・ヴィオッティも満足すべき出来でした。もっとも今日はあまり東響の精密なアンサンブルは目立たずに東響コーラスの圧倒的なパフォーマンス、そして、ソロ歌手陣の恐ろしいまでの気魄の歌唱がすべてでした。とりわけ、メゾ・ソプラノの清水華澄の入魂の歌唱には、鳥肌が立つほどでした。きっと彼女も一生のうち、忘れられない歌唱になったのではないでしょうか。何というか、気魄がそのまま素晴らしいパフォーマンスにつながり、弱音の使い方から強烈なフォルテシモまで、見事な節回しで、アーティキュレーションもぴたっと決まっていました。他の歌手とのアンサンブルも素晴らしく、今日の快演の立役者でした。ソプラノの森谷真理も予想以上の素晴らしさ。「リベラ・メ」も見事な歌唱で素晴らしいフィナーレでした。男性の二人も及第点。テノールの福井 敬も好調で、アンサンブルも自然でした。代役のジョン ハオも見事なバスの美声を聴かせてくれました。そうそう、有名なディエス・イレは東響コーラスの迫力ある合唱が素晴らしかったです。やはり、大人数の合唱団の威力は凄まじいですね。東響と東響コーラスの交錯する圧倒的な響きは最高でした。個別の部分には立ち入りませんが、ラクリモーサ、アニュス・デイ、リベラ・メには心を持っていかれそうになりました。

そうそう、今日がサントリーホールの聴き始めでもあります。今年も随分、通うことになるでしょう。

今日のプログラムは以下のとおりでした。

  指揮:ロレンツォ・ヴィオッティ
  ソプラノ:森谷真理
  メゾ・ソプラノ:清水華澄
  テノール:福井 敬
  バス:ジョン ハオ(リアン・リは体調不良で代演)
  合唱:東響コーラス(合唱指揮:安藤常光)
  管弦楽:東京交響楽団 コンサートマスター:水谷 晃

  ヴェルディ:レクイエム


最後に予習について、まとめておきます。

ヴェルディのレクイエムを予習したCDは以下です。

  ヴィットリオ・デ・サバタ指揮ミラノ・スカラ座管弦楽団・合唱団
    エリーザベト・シュヴァルツコップ, オラリア・ドミンゲス,ジュゼッペ・ディ・ステファノ,チェーザレ・シエピ
     1954年6月録音

  ニコラウス・アーノンクール指揮ウィーン・フィル、アルノルト・シェーンベルク合唱団
    エヴァ・メイ、ベルナルダ・フィンク、ミヒャエル・シャーデ、イルデブランド・ダルカンジェロ
     2004年12月7日 ウィーン・ムジークフェライン ライヴ録音 ハイレゾ

新旧の代表的名演です。この間にアバドの名演もありました。まず、歴史的名演のデ・サバタ指揮ミラノ・スカラ座管弦楽団・合唱団ですが、これはまったくもって、エリーザベト・シュヴァルツコップの歌唱が圧倒的です。他の3人も豪華な顔ぶれですが、それを忘れさせるくらいのシュヴァルツコップの凄い歌唱です。とりわけ、こんな「リベラ・メ」は誰も歌えないでしょう。
ニコラウス・アーノンクール指揮ウィーン・フィル&アルノルト・シェーンベルク合唱団も充実したソロ歌手です。失礼ながら、エヴァ・メイがこんなに素晴らしい歌唱を聴かせてくれるとはね。もちろん、「リベラ・メ」だけはシュヴァルツコップの後塵を配してしまいますけどね。歌手陣は総合的にはデ・サバタ盤に匹敵する歌唱です。特筆すべきは、アルノルト・シェーンベルク合唱団の素晴らしさです。これはデ・サバタ盤を上回りますし、ウィーン・フィルもさすがの演奏です。総合的にはこちらの演奏がよく、音質も最高です。ただ、シュヴァルツコップの魅力だけはどうにもなりません。結局、どちらも聴くしかありません。あっ、今回は聴きませんでしたが、2001年のアバド&ベルリン・フィル&スウェーデン放送合唱団ほかの演奏も必聴です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR