FC2ブログ
 
  

ヴェルター湖:クルーズ船からのマーラーのヴィラの眺め

2017年8月4日金曜日@ザルツブルク~ヴェルター湖/12回目

マーラーの跡を訪ねる小旅行でヴェルター湖Wörtherseeを訪ねています。
クラーゲンフルトKlagenfurtのマイアーニックMaierniggにあるマーラーの作曲小屋とヴェルター湖畔のマーラーのヴィラを訪れた後、次はブラームスゆかりの地、ペルチャッハPörtschachに向かうべく、ヴェルター湖のクルーズ船に乗船しています。クルーズ船が出航するとすぐに左舷方向にマイアーニックのマーラーのヴィラが見えてきます。湖側からのデザインを凝った建物です。

2019011301.jpg



クルーズ船が進むにつれて、だんだんとヴィラの正面の眺めに変わっていきます。

2019011302.jpg



ヴェルター湖の青い湖面の先にマーラーのヴィラが浮かび上がっています。

2019011303.jpg



ほぼ、ヴィラの正面に向かい合います。ヴィラは3層構造になっています。マーラーの作曲小屋のお姉さんの話では、1stフロア(つまり、2階)にマーラーの寝室があり、湖に面したバルコニーからヴェルター湖をよく眺めていたそうです。

2019011304.jpg



いいものが見られました。これだけでもクルーズ船に乗った甲斐がありました。まさかマーラーのヴィラがこんなに間近に見られるとは想像していませんでした。

現実世界はとても暑いです。クルーズ船が湖面の上を走ると、さぞ、涼しいと想像していましたが、何と何と炎熱地獄のようです。屋根の下の日陰のデッキにいるので、何とか我慢できますが、何か冷たいものをいただきましょう。しかし、こんな日はどの乗客も考えることは同じだったようです。冷たいものをお願いしたかったのですが、アイスクリームは完売。飲み物しかないとのこと。今日の暑さは異常です。なるべく冷たいものをいただきます。

2019011305.jpg



そうこうしているうちにだんだん、マーラーのヴィラは遠ざかっていきます。

2019011306.jpg



これがマーラーのヴィラの見納めです。

2019011307.jpg



あっ、忘れてはいけません。ペルチャッハに向かうのですから、PCにイヤホンを装着して、ブラームスの交響曲第2番を聴きます。ここペルチャッハで作曲された作品です。サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルで美しい第2楽章を聴きます。なるほど、この美しいヴェルター湖にぴったりのイメージです。

湖岸にはビーチで湖水浴を楽しむ人たちが大勢いますね。あまりの暑さに涼を求めているのか、残り少ない夏の陽光を浴びているのか、定かではありません。

2019011308.jpg



湖岸の高台にはチロル風の大きな建物も建っています。夏のレジャー施設なのでしょう。

2019011309.jpg



湖岸の水際にはボート小屋、高台は美しい山荘が建ち並びます。

2019011310.jpg



先ほど最初の寄港地、クルンペンドルフKrumpendorfを過ぎて、今度は次の船着き場が近づきます。

2019011311.jpg



2番目の寄港地、ライフニッツReifnitzです。大勢の人たちが乗り込んでこようとしています。

2019011312.jpg



ライフニッツを出ると、湖の両岸が狭くなっています。その水域をゆっくりと進んでいきます。乗客が増えたせいか、暑いデッキにも人が増えてきました。

2019011313.jpg



また、次の船着き場が近づきます。

2019011314.jpg



3番目の寄港地、マリア・ヴェルトMaria Wörthです。美しい村ですね。

2019011315.jpg



もう、ここまで45分ほどの船旅をしてきました。次の寄港地はいよいよペルチャッハです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR