FC2ブログ
 
  

ヴェルター湖:クルーズ船でペルチャッハに到着

2017年8月4日金曜日@ザルツブルク~ヴェルター湖/13回目

マーラーの跡を訪ねる小旅行でヴェルター湖Wörtherseeを訪ねています。
クラーゲンフルトKlagenfurtのマイアーニックMaierniggにあるマーラーの作曲小屋とヴェルター湖畔のマーラーのヴィラを訪れた後、次はブラームスゆかりの地、ペルチャッハPörtschachに向かうべく、ヴェルター湖のクルーズ船に乗船しています。クルーズ船からマイアーニックのマーラーのヴィラを眺めた後、一路、ペルチャッハに向けて、美しい湖面を進んでいきます。
3番目の寄港地、マリア・ヴェルトMaria Wörthを出港して、ゆっくりとその美しい村を離れていきます。

2019011501.jpg



エメラルドグリーンの湖面を見ながら、ブラームスの交響曲第2番の第2楽章を聴き終わりました。

2019011502.jpg



時間が余ったので、また、マーラーの交響曲第5番のアダージェットを聴きます。うーん、こちらのほうがヴェルター湖の美しい自然にはぴったりですね。美しい湖面と周りの山々が優しく、saraiを包み込んでくれる感じです。これが今日3度目のアダージェットですが、この3回のアダージェットは人生最高のアダージェットです。今後、これ以上の感慨を得ることはできないでしょう。

2019011503.jpg



もう、マリア・ヴェルトの村も遠く離れてしまいました。ペルチャッハも間近でしょう。

2019011504.jpg



前方にペルチャッハに突き出る半島が見えてきます。

2019011505.jpg



ペルチャッハにぐんぐん近づいていきます。クルーズ船のスタッフも忙しそうに乗客のテーブルを片付けながら、集金に周っています。

2019011506.jpg



ヴェルター湖の小島、カプツィーナー島Kapuzinerinselを左舷に見ながら、ペルチャッハに近づいていきます。

2019011507.jpg



クルーズ船の舳先の向こうにペルチャッハに突き出る半島の先端部が近づいてきます。

2019011508.jpg



半島の右手のほうにはペルチャッハの町並みも見えています。

2019011509.jpg



やがて、船着き場の桟橋が近づいてきて、船員さんもスタンバイします。

2019011510.jpg



ペルチャッハの桟橋が間近です。

2019011511.jpg



桟橋にゆっくりと接岸します。

2019011512.jpg



無事に接岸しました。ペルチャッハ・ランドシュピッツ/ペーター・アレクサンダー・シュテークPörtschach Landspitz/Peter Alexander Stegという長ったらしい名前の船着き場です。

2019011513.jpg



船員さんが桟橋に飛び移って、クルーズ船をロープで固定中です。

2019011514.jpg



一番先にクルーズ船を降りて、ペルチャッハの地を踏みます。この後、クルーズ船はペルチャッハの町の船着き場に向かうようですが、我々はペルチャッハに突き出た半島の先にある船着き場で下船して、半島を散策しながら、ペルチャッハの町に向かいます。クルーズ船とはここでお別れです。

2019011515.jpg



桟橋を歩いて、船着き場前の広場に出ます。大勢の乗客が続いて降りてきます。

2019011516.jpg



さあ、ペルチャッハ散策を開始しましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR