FC2ブログ
 
  

ヴェルター湖:ペルチャッハ散策

2017年8月4日金曜日@ザルツブルク~ヴェルター湖/14回目

マーラーの跡を訪ねる小旅行でヴェルター湖Wörtherseeを訪ねています。
クラーゲンフルトKlagenfurtのマイアーニックMaierniggにあるマーラーの作曲小屋とヴェルター湖畔のマーラーのヴィラを訪れた後、次はブラームスゆかりの地、ペルチャッハPörtschachにヴェルター湖のクルーズ船で到着したところです。
ペルチャッハ・ランドシュピッツ/ペーター・アレクサンダー・シュテークPörtschach Landspitz/Peter Alexander Stegの船着き場で、これまで乗ってきたクルーズ船の出航を見送ります。

2019011601.jpg



さて、ペルチャッハ散策を始めましょう。まずは案内板を見て、情報を求めますが、ヴェルター湖の概要図なので、あまり、ペルチャッハ散策の参考にはなりません。

2019011602.jpg



ともかく、ヴェルター湖に突き出した半島のようなところの先端から根元に向かって歩き始めます。公園広場Spielplatz Pörtschachに出ると、オープンカフェが賑わう一角が見えます。いかにもリゾート地らしい風景です。

2019011603.jpg



ここからが半島の湖畔沿いにペルチャッハの町のほうに散策路、ブルーメンプロムナーデBlumenpromenadeが伸びています。そちらに向かって、ぶらぶらと歩いていきます。

2019011604.jpg



散策路から眺めたヴェルター湖の風景です。まさに夏の盛りで暑いんです。なるべく木陰を選んで歩きます。

2019011605.jpg



少し歩くと、ブラームスらしき胸像があります。

2019011606.jpg



しかし、説明文を読むと、この胸像はブラームスではなくて、エルンスト・ヴァーリスという人のようです。彼はウィーンの商人で陶器製造業者とのこと。彼がこのヴェルター湖一帯の観光の先駆的な役割を果たしたそうです。とりわけ、ペルチャッハの今があるのは彼の功績だそうです。

2019011607.jpg



さらに歩を進めます。

2019011608.jpg



しかし、なんとも暑い! ここは避暑地ときいたのに、今日は40度近くに温度が上昇している感じです。ブラームスっていう雰囲気はまったくありません。

2019011609.jpg



ところどころにブラームスの名前を冠した史跡案内板があります。《白い道》という名前の史跡周遊路になっているようです。ここは由緒ある4つ星ホテルのパークホテルParkhotel Pörtschachの前です。

2019011610.jpg



ここからの小径はヨハネス・ブラームス・プロムナーデJohannes-Brahms-Promenadeに名前が変わります。ようやく、ブラームスゆかりの場所らしくなってきます。

2019011611.jpg



湖畔沿いには、湖水浴のビーチが大混雑です。個人所有の別荘も並び、日光浴に興じていますが、みなさん、暑くはないんでしょうか。

2019011612.jpg



ここからは修行が始まります。もともとペルチャッハの情報はほとんどありません。とりあえず、町の中心のほう(地図はなく、saraiの頭の中にある地図だけが頼り)に向かいます。ずい分歩き回った挙句、配偶者が「ツーリストインフォメーションがあったわよ!」。やみくもに歩いていたのにまったくの僥倖です。早速、カウンターにただ1人いたスタッフのお姉さんにブラームスって言いかけると、即座にブラームスのハウスのことね・・・ここには、もう何もないわよって、すげないお答え。あまりにブラームスに冷たいですね。それでも一応、地図でBrahmsliegeという場所を示してくれました。このあたり一帯がゆかりの場所だということです。それではあんまりだと思ったのか、奥から≪ブラームスの足跡Auf den Spuren von Brahms≫なる13枚の写真カードの小冊子を出してくれました。

2019011613.jpg



裏表紙には一応、ブラームスの跡をたどる散策コースが紹介されています。

2019011614.jpg



訊くと、この小冊子はなんと無料でいただけるそうです。紹介されているコースを巡る時間はありませんが、すべて写真付きですから、行ったようなものです(違うかな・・・)。まあ、一応、地図にあるBrahmsliege(ブラームスの寝床っていう意味?)に行ってみましょう。

船着き場からツーリストインフォメーションへの散策ルートを地図で確認しておきましょう。(こんなにすっきりと歩いたわけではありませんけどね)

2019011615.jpg




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

すばらしい人生

充実した心豊かなご様子に励まされます.
情報、有り難うございました.
いつか、ふらっと訪ねてみたいです.

ありがとうございます

天野さん

saraiです。初めまして。コメントありがとうございます。ブログを書く励みになります。当日は快晴で素晴らしい日でしたが、夏の陽光がまぶしいほどで暑さに悩まされました。マーラーやブラームスは本当にこんな暑いところに避暑に行ったのか、怪しむほどでした。でも、風光明媚なところです。是非、お出かけくださいね。また、コメントをお待ちします。
人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

天野さん

saraiです。初めまして。コメントありがとうございます。ブログを書く励みになります。当日は快晴で素晴らしい日でしたが、夏の陽光がまぶしいほどで暑さに悩ま

09/27 14:15 sarai

充実した心豊かなご様子に励まされます.
情報、有り難うございました.
いつか、ふらっと訪ねてみたいです.

09/27 09:23 天野哲也

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR