fc2ブログ
 
  

ヴェルター湖:ブラームスの道って・・・絶句!!

2017年8月4日金曜日@ザルツブルク~ヴェルター湖/15回目

マーラーの跡を訪ねる小旅行でヴェルター湖Wörtherseeを訪ねています。
クラーゲンフルトKlagenfurtのマイアーニックMaierniggにあるマーラーの作曲小屋とヴェルター湖畔のマーラーのヴィラを訪れた後、次はブラームスゆかりの地、ペルチャッハPörtschachのツーリストインフォメーションを訪れました。ブラームスのハウスはないけれどと言いながら、≪ブラームスの足跡Auf den Spuren von Brahms≫なる13枚の写真カードの小冊子を出してくれました。その資料に基づいて、ブラームスの散歩コースを歩いてみることにします。しかし、ツーリストインフォメーションのお姉さんのきっぱりとした何もないという言い方にすべてを想像した配偶者は、さすがにsaraiとの同行を拒否。街のカフェでブログを書きながら待つそうです。ペルチャッハの町の目抜き通りのハウプトシュトラーセHauptstraßeに出ると、あまり開店しているカフェがありません。イタリア料理店のダ・マリオDa Marioが綺麗なので、そこで配偶者は休んで待つことにします。ここからはsaraiの単独行動。ハウプトシュトラーセを西に少し歩いたところで右に折れて、山のほうに向かいます。すぐに山道、グロリエッテヴェーグGloriettewegに入る標識があります。

2019011701.jpg



だらだらした坂道を上っていきます。

2019011702.jpg



案内板を見ながら、ホーヘ・グロリエッテHohe Glorietteに向かいます。

2019011703.jpg



ここから、急な坂道になります。

2019011704.jpg



フーフー言いながら、山道を上っていきます。

2019011705.jpg



見晴らしもよくなって、ヴェルター湖の湖面も望めます。

2019011706.jpg



この先は階段が続きます。暑くて苦しい修業です。

2019011707.jpg



平坦で広いところに出ます。案内板がちゃんと設置されているので、道に迷うことはありません。

2019011708.jpg



目的地のホーヘ・グロリエッテに着きました。眺めは素晴らしいです。

2019011709.jpg



眺めはいいんですが、ただ、それだけ。目指していたBrahmsliegeというのがどこなのかは明確ではありません。多分、このホーヘ・グロリエッテの一角なのでしょう。ここまで30分ほど歩いてきたので、帰りの時間も考えると、そろそろ、このあたりでお終いにしましょう。配偶者も待っていますからね。最後に美しい眺めを楽しみます。

2019011710.jpg



配偶者の判断は正しかったようです。ここまで歩いて来たのは大間違いでした。山の中の坂道を上がっただけのことです。きっとブラームスの散歩コースの一部なんでしょうけどね。暑くて苦しくて、まるでブラームス修行のようなものでした。ペルチャッハはブラームスが美しいヴェルター湖をここから眺めながら、作曲したんだねって思うだけのところのようです。あとは≪ブラームスの足跡Auf den Spuren von Brahms≫の写真カードを眺めるだけで十分だったようです。

さて、配偶者の待つイタリア料理店に戻りましょう。目抜き通りのハウプトシュトラーセへは坂道を下ってくるだけなので、たった10分ほどしかかかりません。ハウプトシュトラーセの道沿いに、レオンビーチLeonbeachというレストランが見えます。

2019011711.jpg



その通りの向かいには、ブラームスの名前を冠した史跡案内板があります。

2019011712.jpg



ホテル シュロス レオンシュタインHotel Schloss Leonstainです。ブラームスがこのペルチャッハで定宿としたホテルです。

2019011713.jpg



ホテル シュロス レオンシュタインの綺麗なお庭です。

2019011714.jpg



ホテル シュロス レオンシュタインの瀟洒な佇まいを見ながら、配偶者の待つレストランに向かいます。

2019011715.jpg



イタリア料理店は2,3軒隣りでした。配偶者は涼しい顔で待っていました。すっかり、くたびれもうけでした。

歩いたルートを地図で確認しておきましょう。

2019011716.jpg




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR