fc2ブログ
 
  

ヴェルター湖:ザルツブルクに舞い戻る

2017年8月4日金曜日@ザルツブルク~ヴェルター湖/16回目

マーラーの跡を訪ねる小旅行でヴェルター湖Wörtherseeを訪ねています。
クラーゲンフルトKlagenfurtのマイアーニックMaierniggにあるマーラーの作曲小屋とヴェルター湖畔のマーラーのヴィラを訪れた後、次はブラームスゆかりの地、ペルチャッハPörtschachを散策。ブラームスっぽいものは何にもなくて、暑くて疲れただけ・・・。saraiとの同行を拒否した配偶者は賢明でした。お茶しながら待っていた配偶者と合流して、ザルツブルクに帰るためにペルチャッハ駅に向かいます。ペルチャッハの町の目抜き通りのハウプトシュトラーセHauptstraßeを10分ほど歩くと、左手にペルチャッハ駅が見えます。

2019011901.jpg



ペルチャッハ駅の前に到着。予定した電車の出発時刻のまだ30分ほど前です。知らない町ですから、余裕の行動です。

2019011902.jpg



ホームでレールジェットの到着を待ちます。

2019011903.jpg



やがて、赤い車体のレールジェットがホームに入ってきます。当初乗る予定だったクラーゲンフルト中央駅からやってきました。

2019011904.jpg



チケットはクラーゲンフルト中央駅からザルツブルク中央駅までの格安のファーストクラスのチケットを購入済です。この帰りのチケットも往きのチケットと同様に一人がたったの19ユーロの超格安チケットです。

2019011904-2.jpg



ブラームスの散歩道を歩き回ったせいで、暑くて、へとへとになって、倒れそうになりながら、帰りのレールジェットに乗り込みます。レールジェットの車窓にはヴェルター湖の湖面がいっぱいに広がります。

2019011905.jpg



ヴェルター湖の上空にはパラグライダーが飛んでいるのも見えます。夏の一大リゾート地ですね。

2019011906.jpg



レールジェットのファーストクラスは快適でようやく疲れを回復。やがて、ヴェルター湖の西端を通り過ぎていきます。

2019011907.jpg



たまたま乗った車両はレストランを併設した車両。レールジェット乗車中に食事もしていきましょう。スタッフの女性に、この席で食事をお願いねと言うと、もちろんよと快諾。ファーストクラスは、食事や飲み物は席まで運んでくれるんです。
まずはグーラッシュのスープです。カイザーゼンメル付きです。これはすぐに運んできてくれます。

2019011908.jpg



しばらくして、メイン。これはターメリックカレーとライス。

2019011909.jpg



これは煮込みハンバーク。野菜サラダ添え。

2019011910.jpg



美味しい食事を頂き、息を吹き返します。食事を楽しんでいるうちにフェルデン/ヴェルターゼー駅Velden/Wörther See Bahnhof、フィラッハ中央駅Villach Hbf、シュピッタル・ミルシュテッターゼー駅Spittal-Millstätter See Bahnhofを通り過ぎ、今、マルニッツ・オーバーフェラッハ駅Mallnitz-Obervellach Bahnhofを過ぎていきます。

2019011911.jpg



マイアーニックのマーラーの作曲小屋で素晴らしい感動を体験し、ペルチャッハで苦しいブラームス修行をしたヴェルター湖遠征をした感慨をかみしめます。食事のシメにカプチーノをいただきます。

2019011912.jpg



レールジェットは昨日訪れたバード・ガシュタインBad Gasteinに停車。ホームの先に温泉を楽しんだフェルゼンテルメFelsenthermeの大きな建物が見えています。

2019011913.jpg



動き出したレールジェットの車窓にはフェルゼンテルメと駅からの歩行者用の横断橋が見えます。わずか1日前のこととは言え、懐かしさがこみ上げます。

2019011914.jpg



駅を離れると、バード・ガシュタインの町が見下ろせます。これまた懐かしい。

2019011915.jpg



町を過ぎると、ガシュタイン渓谷の美しい緑の野原が見えてきます。

2019011916.jpg



するとこのあたりから雲行きが怪しくなります。

2019011917.jpg



凄まじい豪雨。雷鳴まで轟きます。

2019011918.jpg



しばらく走ると、数分でこの豪雨の地帯を通り過ぎます。この地域だけの気象状況だったようです。

2019011919.jpg



レールジェットに乗ること、およそ3時間でザルツブルクに戻ると、既に夜8時頃ですが、ここはただただ暑いだけ。早々にホテルの冷房の効いた部屋に逃げ込みます。
いやはや、思い出に残る小旅行の1日になりました。

明日からはまた、ザルツブルク音楽祭を楽しみます。残るはわずか、あと2日だけになりました。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR