FC2ブログ
 
  

シュテファン・ツヴァイクとの邂逅:見晴らし台、カプツィーナー修道院、ツヴァイクのヴィラ

2017年8月5日土曜日@ザルツブルク/2回目

ザルツブルク音楽祭の午前のコンサートの後、念願だったシュテファン・ツヴァイクのザルツブルクのヴィラ、パッシンガーシュロス (パッシンガー邸) Paschinger Schlösslを見るためにカプツィーナーベルクKapuzinerbergにやってきました。カプツィーナーベルクに上る急坂を登っていくと、途中からはザルツブルクの市街地が見渡せるようになります。ここで一息・・・。

2019012301.jpg



ここまで、こんなに急な坂道を登ってきました。ふーっ、疲れた!

2019012302.jpg



キリストの十字架像の飾ってある東屋Kalvarienbergkapellen am Kapuzinerbergに向かって、石段が続いています。

2019012303.jpg



十字架像を過ぎて、さらに坂道を登っていくと、カプツィーナーベルク北の見晴らし台Aussicht Kapuzinerberg Nordに出ます。素晴らしい眺めです。中央にはザルツァッハ川が流れています。

2019012304.jpg



見晴らし台では木陰に立って、みなさん、眺めを楽しんでいます。

2019012305.jpg



坂道の上からはキリストの十字架像の飾ってある東屋が裏の方から見えています。

2019012306.jpg



また、坂道の上には、カプツィーナー修道院Kapuzinerklosterがあります。

2019012307.jpg



折角ですから、修道院付属の教会の中も覗いてみましょう。内部は簡素なバロック様式のカトリック教会です。

2019012308.jpg



内部の小空間にはパイプオルガンもちゃんと設置されています。

2019012309.jpg



それほど見るべきものもないので、すぐに外に出ます。修道院の横の草原にシュテファン・ツヴァイクの奇妙な銅像があります。思えば、2年前にこの銅像に対峙したのが、最初のツヴァイクとの出会いでした。そのときはほとんど名前くらいしか知らない遠い存在の作家でしかありませんでした。今ではsaraiは単なるファンを超えて、心の友という感じなんです。

2019012310.jpg



古い石塀にはここの道の名前が表示されています。シュテファン・ツヴァイク通りStefan Zweig Wegです。もちろん、ナチスの影響で退去を余儀なくされるまで、ツヴァイクの旧居がここにあったからでしょう。

2019012311.jpg



建物の石壁にも、シュテファン・ツヴァイク通りStefan Zweig Wegという通りの名前が書かれています。

2019012312.jpg



このカプツィーナー修道院の前あたりがツヴァイクのヴィラ、パッシンガーシュロスです。木々で覆われていますが、隙間からヴィラが何とか見えました。写真にはほとんで写っていませんね。(ご安心ください。後でちゃんと見えますからね。)

2019012313.jpg



このツヴァイクのヴィラ、パッシンガーシュロスは今は個人所有で公開されていません。

すぐ近くにモーツァルト広場があり、モーツァルトの像が立っています。ここには以前、モーツァルトがオペラ《魔笛》の一部を作曲した《魔笛の小屋》が、ウィーンから移築されていたそうです。現在は同じザルツブルグのモーツァルテウム大ホールの裏手の「バスチオン(砦)庭園」に移設されています。もうそれは何度も見ましたね。

2019012314.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2019012315.jpg




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR