fc2ブログ
 
  

鈴木雅明の偉業に感銘!ベートーヴェン:交響曲第9番 バッハ・コレギウム・ジャパン@東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル 2019.1.24

素晴らしい演奏にただただ感銘を受けました。よほど、満を持しての公演だったのでしょう。

まずは鈴木雅明の完璧なベートーヴェン解釈に賛辞を送らないといけないでしょう。そして、バッハ・コレギウム・ジャパン(以下、BCJと略します)の名人たちの演奏の素晴らしさに感銘を受けました。弦楽器パート、普通は第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリンと表現しますが、彼らの場合はヴァイオリンの第Ⅰ群、第Ⅱ群と言いたくなります。寺神戸 亮の率いる第Ⅰ群、若松 夏美の率いる第Ⅱ群の美しい演奏は最高です。対向配置の2群のヴァイオリンの競演には耳をそばだてるしかありません。実はかぶりつきの中央の席で聴いていたので、冒頭の混沌を表現する若松 夏美のささやくような響きをしっかりと聴けて、もう、ここで感動しました。木管の素晴らしさも最高でした。フルートの菅きよみ、オーボエの三宮正満を中心とした見事なアンサンブルでした。

第1楽章を聴いただけで、もう、満足しました。それほど美しい演奏です。第2楽章はさらに見事な演奏。この切れのよいシャープな演奏はsaraiの生涯で最高の第2楽章です。第3楽章はその美しさにうっとり。弦楽器パートの美しい演奏と木管パートの美しい演奏が交錯します。オリジナル楽器のシャープでクリアーな響きがこんなにも効果的に作用するとは驚きです。声楽付きの第4楽章を待たずして、すっかり、魅惑されました。
第4楽章はBCJの誇る合唱(今日はかなり増員していますね。ソプラノ9人、アルト8人、テノール7人、バス7人)がさらに花を添えます。というか、オーケストラと合唱が均衡して、素晴らしい響きを作り上げます。特に中盤から終盤にかけてのリッチな響きには圧倒されます。音量も凄まじいのですが、決して、アンサンブルの美しさが損なわれないのが素晴らしいです。対位法的なパートの美しさに感動した後はもう、音楽は高潮して、高い峰々を形成して、上りつめるのみです。フィナーレの合唱で駄目を押して、オーケストラがコーダでしめる、圧倒的な展開でした。

簡単な要約に終わってしまいましたが、言葉では言い表せない音楽でした。一言で言えば、こんなに美しい演奏は聴いたことがないということです。BCJのベートーヴェンの交響曲はこの第9番だけで終わらせるのはあまりにもったいない・・・全9曲に挑戦してもらいたいですね。 → 鈴木雅明様

最後にやはり、これは言わないといけないでしょうね。多分、ザルツブルク音楽祭でクルレンツィス&ムジカ・エテルナのベートーヴェンの交響曲第9番を聴いた人はそんなにいないでしょうから、比較と評価を書いておきます。聴いた席でも響きが変わりますから、単純には比較はできないし、同じオリジナル派の演奏と言ってもコンセプトはかなり違っています。共通点は疾風怒濤を思わせる、古典回帰の演奏で、過度のロマンを排した点です。カリスマ的な指揮者としてはクルレンツィスは抜きんでた存在で絵になっています。ただ、現状時点での音楽の熟成度では、今日の鈴木雅明&BCJに軍配が上がります。音楽の評価尺度が感動の度合いだとしたら、間違いなく、今日の演奏をsaraiは取ります。と言いながら、来月のクルレンツィス&ムジカ・エテルナの初来日を楽しみにしているsaraiです。

今日のプログラムは以下です。

  指揮:鈴木雅明
  ソプラノ: アン=ヘレン・モーエン
  アルト: マリアンネ・ベアーテ・キーラント
  テノール: アラン・クレイトン
  バス: ニール・デイヴィス
  合唱・管弦楽:バッハ・コレギウム・ジャパン
   コンサート・マスター:寺神戸 亮
   ヴァイオリンⅡ 首席:若松夏美
   フルート:菅きよみ
   オーボエ:三宮正満

  ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 op.125《合唱付き》


最後に予習について、まとめておきます。

 ジョン・エリオット・ガーディナー指揮オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティーク,モンテヴェルディ合唱団
   リューバ・オルゴナソヴァ,アンネ・ゾフィー・フォン・オッター,アンソニー・ロルフ・ジョンソン,ジル・カシュマイユ
    1992年10月、セッション録音 ロンドン、オール・セインツ教会

オリジナル演奏は以前、インマゼール指揮アニマ・エテルナも聴きましたが、このガーディナー盤の美しい演奏のほうが好みです。今日聴いた演奏と拮抗する出来です。もちろん、saraiにとって、ベートーヴェンはフルトヴェングラーは絶対の存在ですし、とりわけ、第9番はフルトヴェングラーのどの録音も最高の演奏を聴かせてくれます。しかし、今聴けるのはオリジナル演奏しかないというところでしょうか。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       バッハ・コレギウム・ジャパン,

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR