FC2ブログ
 
  

シュテファン・ツヴァイクとの邂逅:カプツィーナーベルクのお城のレストラン、フランツィスキーシュロス

2017年8月5日土曜日@ザルツブルク/3回目

ザルツブルク音楽祭の新市街の東にあるカプツィーナーベルクKapuzinerbergの中腹には敬愛するシュテファン・ツヴァイクのヴィラ、パッシンガーシュロス (パッシンガー邸) Paschinger Schlösslがあります。そのヴィラを見るためにカプツィーナーベルクKapuzinerbergにやってきました。木々の間から、何とか、ヴィラの姿を垣間見ることができました。ひと満足したところで、カプツィーナーベルクの奥にあるレストラン、フランツィスキーシュロスFranziskischlössl Salzburgに向かいます。お昼のひと時だけ不定期に営業しているレストランですが、夏の音楽祭の期間中はきっと営業していることを信じて、行ってみましょう。カプツィーナーベルクの林の中の道を歩いていきます。

2019012501.jpg



林の中の道は急坂ではないのですが、ダラダラと長い坂道でへとへとになります。木々に覆われた気持ちのよい散歩道なのが救いです。30分近く歩くと、やがて、白い壁のお城が見えてきます。フランツィスキーシュロスです。

2019012502.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2019012503.jpg



お城の前の広場は見晴らし台になっています。ここからの眺めを楽しむのは後回しにして、レストランに向かいます。

2019012504.jpg



お城の前には、オープンの立て看板があります。どうやら、レストランは営業中のようです。よかった・・・ほっとします。

2019012505.jpg



これがお城のレストランのオープンの立て看板です。今日は午後5時までの営業ですね。

2019012506.jpg



いったん、お城の建物に入り、そこから中庭にあるレストランに抜けます。中庭に下りる石段の前が入り口になっています。ひとつがいの鶏の置物がお出迎えです。

2019012507.jpg



中庭のオープン席は日除けのパラソルで暑さが凌げそうです。ほとんどの席はお客さんで埋まっています。隠れた人気店なんです。

2019012508.jpg



我々もパラソルの下の日陰のテーブル席をゲット。ようやく、疲れた足を休ませることができます。

2019012509.jpg



大きな木の下には、木陰になっているテーブル席もあります。気持ちよさそうですね。隣の芝生は青いの例えを思い出して、苦笑してしまいます。

2019012510.jpg



まずは氷入りのオレンジジュースを飲んで、一息ついてから、ランチをいただくことにします。

2019012511.jpg



さてと、冷たいジュースで喉を潤しながら、ランチのオーダーを検討します。周りのテーブルを眺めると、意外にドリンクだけの人たちが多いですね。彼らも暑さをいったん凌ぐためにドリンクをいただいている状態なのでしょう。

2019012512.jpg



ランチのオーダーを済ませると、まずはミネラルウォーターが運ばれてきます。今日は熟考した結果、ワインは自重することにしました。帰りも歩くし、夜のオペラに備えないとね。

2019012513.jpg



これが配偶者のランチ。チロル風のパン料理でメインはサーモンです。

2019012514.jpg



これはsaraiのランチ。これもチロル風の牛肉のソテーの上に目玉焼きをトッピングしたものです。

2019012515.jpg



生野菜のサラダは別添えです。

2019012516.jpg



苦労の後には美味しものがご褒美として待っていました。とっても美味しいレストランで、こんな坂道の上にあるにも関わらず、今日もお客でいっぱいなのはうなづけるところです。もっとも、さすがにこのレストランは町の中心から外れているためか、日本人客に出会ったことはありません。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR