FC2ブログ
 
  

シュテファン・ツヴァイクとの邂逅:ツヴァイクのヴィラの姿が遂に見えた!

2017年8月5日土曜日@ザルツブルク/5回目

ザルツブルク音楽祭の新市街の東にあるカプツィーナーベルクKapuzinerbergの中腹には敬愛するシュテファン・ツヴァイクのヴィラ、パッシンガーシュロス (パッシンガー邸) Paschinger Schlösslがあります。そのヴィラを見るためにカプツィーナーベルクKapuzinerbergにやってきています。カプツィーナーベルクの奥にあるレストラン、フランツィスキーシュロスFranziskischlössl Salzburgで美味しいランチをいただいた後、再び、十字架像のあたりに戻り、ツヴァイクのヴィラの姿を求めます。ヴィラの建物は視認はできますが、樹木の隙間からちらっと見えるだけです。

2019012701.jpg



これ以上はヴィラの姿は見えそうにもないので、半ば、あきらめ気分で、十字架像の前の石段を下りて、カプツィーナーベルクからの帰路につこうとします。しかし、石段の下には、何とヴィラの入り口があるではないですか。表示はカプツィーナーベルク5番地になっています。間違いありません。

2019012702.jpg



入り口からはヴィラ、すなわちパッシンガーシュロスの建物の正面が見えます。

2019012703.jpg



入り口の横に移動すると、木々に遮られて、あまり、建物が見えません。
2019012704.jpg



もう一度、入り口の前に戻ります。ここからは木々があるので、すべて見渡せるわけではありませんが、それでもここがベストポイントです。

2019012705.jpg



やはり、大きな屋敷だったんですね。ナチスの圧力でこの屋敷を去る際のツヴァイクの心境が分かり、心が痛みます。
また、入り口の周りで木々の間からヴィラの姿を眺めますが、あまり、よく見えません。

2019012706.jpg



木々の間から建物の一部はわずかに見えますが、ここまでが限度ですね。個人所有の建物なので、プライバシーがしっかりと守られているようです。

2019012707.jpg



これでザルツブルクでやり残したことはありません。ザルツブルク訪問もこれで最後になるかもしれませんが、心にひっかかっていたことが霧消しました。さあ、カプツィーナーベルクを下りましょう。坂道を下りていくと、ゲートのようなアーチの建物があります。これを抜けると、市街地に出ます。

2019012708.jpg



20分ほど歩き、メンヒスベルクMönchsbergの岩山のトンネルの旧市街Altstadt側の入り口に到着。ここにはトンネルの案内板がありますが、今やトンネルのすべては熟知しています。

2019012709.jpg



夕方の5時前にはホテルに帰着。

またまたホテルで一服して、7時半開演のオペラ《ムチェンスク郡のマクベス夫人》(ショスタコーヴィチ作曲)に出掛けます。会場は祝祭大劇場Großes Festspielhausです。saraiは、張り切ってタキシードを着こみます。配偶者はそろそろお疲れモードで、着物はご勘弁を・・・とのことです。また、トンネルを抜けて、トンネルからの入り口から祝祭大劇場に入場します。もちろん、チケットの提示が必要です。これが今日のチケット。かぶりつきの中央の席です。ルンルン。

2019012710.jpg



ヤンソンス指揮ウィーン・フィルは驚くべきレベルのオペラを聴かせてくれました。このオペラの詳細な記事はここに既にアップ済みです。

これで今回のザルツブルク音楽祭のオペラは終了。残りは明日のアンドリス・ネルソンズ指揮ウィーン・フィルのコンサートだけです。そして、明日の夜は遂に帰国の途につきます。長かったヨーロッパ遠征も終局に至ります。名残惜しいですが、また、次の年のヨーロッパ遠征を楽しみにしましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR