FC2ブログ
 
  

ザルツブルク音楽祭完了、そして、帰国

2017年8月6日日曜日@ザルツブルク/2回目

祝祭大劇場Großes Festspielhausで今回のザルツブルク音楽祭の最後のコンサートを聴くところです。アンドリス・ネルソンズ指揮ウィーン・フィルのコンサートです。前半はプロコフィエフのピアノ協奏曲第2番です。ピアノはトリフォノフです。かぶりつきの席に着いているので、目の前には巨大なスタインウェイのピアノが鎮座しています。

2019012901.jpg



指揮台はそのピアノの向こう、saraiの席の真正面ですね。さて、最後のコンサートを楽しみましょう。

2019012902.jpg



トリフォノフのピアノはとても切れがよく、迫力のある演奏を聴かせてくれました。休憩にはいり、ホール内の聴衆はほとんどいなくなります。

2019012903.jpg



我々も祝祭大劇場の前の通り、ホーフシュタルガッセHofstallgasseに出ます。夏の祝祭らしい華やいだ雰囲気です。

2019012904.jpg



ここから眺めるホーエンザルツブルク城Festung Hohensalzburgの最後の風景です。

2019012905.jpg



後半のプログラム、ショスタコーヴィチの交響曲第7番です。素晴らしい弦楽合奏に聴き惚れました。このコンサートの詳細な記事はここに既にアップ済みです。

コンサートが終わると、小雨模様。構いませんよ。ホテルまではトンネルを通っていけば、ほとんど濡れることはありませんからね。
さて、ここで昨日から悩んでいた問題があります。コンサートに出掛けた正装から、帰国に向けた長時間の移動のための服装への着替えはどうするかという問題です。特別なおしゃれをしているわけでもないので、そのままでもよいのですが、出来たら気楽な服装になりたいものです。着替えの場所はホテル、駅、空港などいろいろ考えられます。既にホテルはチェックアウトしていますが、まずはホテルのレセプションで相談してみます。と、貸せる部屋はないけど、ビッグなトイレなら使ってもよいよと言って、わざわざ鍵を開けてくれます。ビッグなトイレを借りて、旅姿に着替えます。これで懸案は解決です。ホテルのすぐ前にあるバス停からザルツブルク中央駅Salzburg Hbfに向かうことにします。が、日曜のためか道が大渋滞。祝祭大劇場の地下の大駐車場から出てくる自動車も、それに加わります。バスはその渋滞に巻き込まれているのか、一向にやってきません。小雨模様なので、嫌ですね。

2019012906.jpg



時間的には余裕があるので、慌てることはありませんが、そうでなければかなりイライラしたことでしょう。この大通りにはバス用の車線があるのですが、そのポイントに入る手前から大渋滞のようです。しかし、やがて、バスがやってきて、なんとか駅に到着です。今日も電車はファーストクラスなので、ザルツブルク駅のファーストクラス用ラウンジが使えるか訊いてみます。残念ながら、使用対象外でした。ドイツ国鉄の格安チケット、バイエルンチケットのファーストチケットですからね。これがそのチケット。二人で56ユーロですから、安いような、高いような・・・。

2019012907.jpg



できたら、ファーストクラス用ラウンジで着替えようかとも思っていたのですが、既にホテルで着替えたので、その必要もないので、まあ、いいでしょう。予定よりも早い電車に乗って、ザルツブルク中央駅からミュンヘン空港に移動します。バイエルンチケットなので、レールジェットには乗れません。普通のローカル電車は日曜のせいか混んでします。ファーストクラスの座席を余裕で確保して、遅めのランチをいただきます。なかなか美味しいフランスパンのサンドイッチとコーヒーです。

2019012908.jpg



電車には途中の駅から、どんどん乗客が乗り込んできます。朝は晴れていたので、サイクリングやレジャーに出掛けていた人が、降り出した雨で慌てて引き揚げてきたようです。駅に停まるたびにレジャー帰りの人が乗り込んできて車内は大混雑。念のためにファーストクラスのチケットを買っておいたのが大正解。saraiたちは大きなカバンを持っていますが、余裕で座席を広々と占領して、他の乗客に迷惑をかけることなく移動できます。が、たまたまセカンドクラスと隣合わせにあるファーストクラスの席のため、間違えてファーストクラスの席に乗ってくる人がいます。足が悪く大きな荷物を持ったおばさんも間違えて乗ってきます。しばらくして間違いに気づき、セカンドクラスの方に移動します。が、既にセカンドクラスの席はいっぱいで座れず、立っています。楽して座っている我々は、なんだか申し訳ない気持ちでいっぱいですが、仕方ないですね。と、やはりファーストクラスの席に座っていた上品なおばさまが、スックと立ち上がり、セカンドクラスの方に行きます。そして、2人席にスーツケースを持ち込んで座っていた若い女性に、カバンを通路に出しておばさんを座らせるよう指導します。しばらく言い合っていましたが、結局足の悪いおばさんを座らせることになります。上品なファーストクラスのおばさまは、静かに自分の席に戻っていきます。素晴らしい対応に脱帽です。今後、我々にこのような対応ができるか疑問ですが、できれば見習いたいものです。
ミュンヘン・オスト駅München Ostから乗り換えるSバーン(S8)の電車はファーストクラスがついていませんが、幸運にも並び席がゲットできて、ずっと座ったままで移動できます。ミュンヘン空港では、航空会社がエールフランス航空なので、手続きがセルフサービスです。しかし、幸いにも空いています。

2019012909.jpg



荷物タグはセルフサービスで印刷させられますが、特に問題なし。

2019012910.jpg



早めに荷物のドロップオフ完了。荷物の重量は23.2Kgです。こんなものですね。

2019012911.jpg



が、この後、搭乗口が遠くて、延々と歩かされます。配偶者は搭乗前にトイレには行きたいとのこと。トイレに行った配偶者を待ちますが、いつまでも戻ってきません。だんだん、搭乗時間が迫ってきます。ようやく戻ってきた配偶者によると、トイレを探しても、トイレが見つからなかったそうです。で、結局、その階にはないらしく、下の階へという表示があり、もう時間もないので、階段を駆け下りてトイレの前に行くと、お掃除中の看板があったそうです。入ってもいい?と聞くと、無情にもダメ!と言われて、他に行けとのこと。ようやく見つけたトイレだったのにね・・・。またバタバタ走り回って、ようやく用をたせた時には、相当の時間が経っていたそうです。で、ようやく、saraiのもとに戻ってきました。saraiは焦って、急げ!と配偶者に声をかけます。こんなにトイレって少なかったっけと配偶者は言っていますが、saraiは一人でトイレに行かせたことを後悔します。急いで搭乗口に行くと、同様に慌てて駆け付けてきた日本人女性がいます。搭乗口とは反対の方向に行ってしまったということで、かなり慌てていました。空港って広くて、本当に大変ですよね。
その彼女は、ナイジェリアに1か月ほど仕事で行っていたとのこと。ご苦労様です。
空港は夕日に照らされています。天気も回復したようです。日本は台風が襲来しているようですが、まあ、どこかには着陸できるでしょう。ミュンヘン空港からパリのシャルル・ド・ゴール空港へは順調に移動。

ところで、このパリのシャルル・ド・ゴール空港CDGで重要な課題があります。旅の初めで盗難にあったPCの代わりにイタリアのヴェローナでPCを買い求めました。高価なPCなので、販売店で気をきかせてくれて、免税品の処理をしてくれました。それはいいのですが、海外であまり高価な買い物はこのところしていないので、空港での免税手続きの最近の状況があまり分かっていないんです。EUの場合、最終出発地での手続きですね。ミュンヘンからパリ経由で羽田に飛ぶので、きっとパリのCDGでの手続きです。でも、パリの乗り継ぎの時間はわずか1時間。免税手続きよりも、ちゃんとトランジットできることのほうが優先です。ですが、何とか免税もしたいものです。乗り継ぎは搭乗口2Fに着いて、搭乗口2Eからの出発になります。税関の場所を調べると、到着の2Fにも出発の2Eにもあります。本来は出発の2Eで手続きするんでしょうが、きっと混み合いそうです。できれば到着の2Fで手続きしたいと思っていました。で、パリのCDGには定刻に到着。急いで搭乗口2Fで税関を探します。当然、トランジットする2Eに向かう途中にあると思い込んでいましたが、途中に大きな注意書きを見つけます。各国語で表示されていて日本語の表記もあります。免税手続きは出発ロビーは混み合うので、ここで済ませておいてくださいとのことです。場所は出口と書いてあります。ん? 出口って? で、今度は英語の表示を読みます。出口というのは、Baggage-Exitのことのようです。そちらに向かいます。荷物の受け取りの場所で空港スタッフに場所を訊くと、いったん、外に出ろとのことです。変ですが、まあ、言われるとおりにします。外でうろうろ探すと、確かに税関のオフィスがあります。それも閑散としていて、誰もいません。本当は搭乗エリア外で携行している免税品の免税手続きはできないはずですが、そんなことを考えている時間はありません。さっそく、免税書類、パスポート、搭乗券を窓口に差し出すと、税関職員がしばらく書類をながめた後、あっさりとスタンプを押してくれました。やったね。現地で使用中のPCですから、免税になるかどうかは若干心配ではあったんです。最近は免税手続きは結構、扱いが緩いんですね。しかし、ここから再度、出発ロビーに抜けていくのが大変です。出発ロビーへのルートが分かりづらく、少し探しますが、出発ロビーの入り口付近でどこかの航空会社スタッフの方が、近道を通してくれます。一般人は歩けないルートです。感謝です。最後はスムーズに手荷物検査、出国手続きもできて、無事に搭乗口にたどり着きます。もちろん、羽田行きのエールフランス航空機は既に搭乗中です。

定刻にエールフランス機は羽田に向けて離陸。もう、真夜中の12時です。パリの上空にぐんぐん上昇していきます。
翼よ、あれがパリの灯だ・・・という気分です。

2019012912.jpg



このヨーロッパ遠征で最後のsaraiの配偶者への心遣いは、特別注文の機内食。結構、大枚をはたきました。一緒にヨーロッパ遠征をしてくれて、何かと支えになってくれた配偶者への感謝の気持ちです。まあ、saraiも最後に美味しいフレンチを食べたかったのですけどね・・・。

2019012913.jpg



これがそのフレンチです。もちろん、美味しかったです。配偶者はごちそうさま!と喜んでいます。贅沢をした甲斐がありました。

2019012914.jpg



さすがにパリからの11時間を超えるフライトは厳しいです。それに冷房のきき過ぎた機内は厳冬のよう。日本が近くになり、朝食が供されます。これは一般食です、もちろん。

2019012915.jpg



台風襲来が恐ろしかったのですが、羽田空港に着陸のときは雨もそんなに降っておらず、スムーズなランディング。拍手が起きます。フランス人ですね。ところが駐機場に移動しているときに周りが真っ白になるような豪雨。危なかったです。

2019012916.jpg



羽田空港に着いたのは夕方の6時半ですが、ヨーロッパ遠征から帰着の際に恒例となっている和食をいただきます。今回は蕎麦屋です。江戸前の天ぷら蕎麦がなんとも美味しいです。大きな海老が2匹もはいっている豪華版。空港から自宅に向かう電車は運よく座れますが、強烈な眠気が襲ってきます。それでも自宅に帰ると、まず、エアコンのスイッチを入れて、体を冷やし、久しぶりにバスタブに浸かります。ヨーロッパの夏のホテルは料金が高くて、ほとんどはシャワーのみの部屋だったんです。それにしても日本の夏は暑くて湿気が多いです。帰国日にはザルツブルクは既に涼しくなっていました。もう、ヨーロッパの夏は終わったかもしれません。久しぶりに自宅のデスクトップパソコンの前に座り、Eメールをチェックしたりしているうちに夜も遅くなります。もう、頭はふらふら。配偶者はとっくに寝ました。saraiも今日は早く寝ましょう、って・・・もう夜中の2時半か! 

これで2017年夏のヨーロッパ遠征の詳細編は完了です。ご読了いただき、ありがとうございました。次は早速、昨年、2018年夏のヨーロッパ遠征の詳細編を開始します。引き続き、ご愛読ください。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR