FC2ブログ
 
  

ベルンのパウル・クレー・センターに到着

2010年7月6日火曜日@チューリッヒ~ベルン/3回目

パウル・クレー・センターZentrum Paul Kleeに向けて、バスが出発。

ベルンBernの旧市街の狭い石畳の道の上をバスは走っていきます。トラムの線路の上を走ります。

2010082301.jpg



石畳の道には噴水が点在し、トラムも走ってきます。それらを避けながら、バスは走っていきます。

2010082302.jpg



アーレ川Aareにかかる橋を渡り、旧市街を過ぎると住宅街の中の坂道をぐんぐん登っていきます。

2010082303.jpg



やがて、バスの車窓から右のほうにパウル・クレー・センターらしき建物が見えてきます。

2010082304.jpg



駅から15分ほどでパウル・クレー・センターのバス停に到着。バスの終点なので、降りそこなう恐れはありません。
この高台の地からは美しい野原が広がっています。この野原の中の散歩道のようなところを歩いて、パウル・クレー・センターに向かいます。

2010082305.jpg



レンゾ・ピアノRenzo Piano(関空を設計した建築家)の設計した近代的な建物は、美しい丘の中に映えています。

2010082306.jpg



草原のような気持のよい小道を進みます。

2010082307.jpg



と、何か妙な花壇があります。
説明を読むと、ピカソと書いてあります。

2010082308.jpg



なんと、ピカソのサインを花壇で表現してあります。

2010082309.jpg



何で、パウル・クレー・センターでピカソなのか、訝りますが、まあ、画家仲間だからかなとか思いつつ、不思議・・・。

ともかく、saraiと配偶者は連れ立って、パウル・クレー・センターに歩み寄ります。

2010082310.jpg



パウル・クレー・センターは大きな波がうねるようなデザインの建物です。

2010082311.jpg



その現代的なデザインの建物が建っているのは丘の上の野原の真っ只中です。

2010082312.jpg



大波のような建物が3つ並んでいます。

2010082313.jpg



パウル・クレー・センターの前には、クレーの絵画からデザインした巨大なオブジェがあります。
クレーらしくて、とてもオシャレですね。

2010082314.jpg



大波のような建物と建物の間に入口に見えないけど、ここが入口なのかしらというところがあります。

2010082315.jpg



恐る恐る近づくと、やはり、ここが入口です。これもオシャレ。

2010082316.jpg



この入口をはいると、広々としたすっきりとした雰囲気の美術館のロビー空間が広がっています。

2010082317.jpg



ロビー空間の上部には大きなガラスがはめ込まれ、明るい光が空間を満たしています。

2010082318.jpg



入館チケットはクレジットカードは使わずにあえて現金で買い、バスやトラムのチケットを買うためのコインを作ります。
朝からずっと、コインで苦労してきたので、対策を考えたんです。それにしても、こちらの人の、財布はコインだらけなんでしょうか?
これが購入したチケットです。一人25スイスフラン。

2010082319.jpg



展示エリアのゲートで荷物をチェックされ、ハンドバッグの持ち込みもダメとのことで、全員が荷物を預けさせられます!(地下のロッカーに預けますが、ここでもコインが必要! 後で戻ってきますけどね。)
さあ、クレーの絵を見に行きましょう。

遂にクレーの超名作とご対面の筈だったんですが・・・。意外な展開に驚くことになります。

ベルン中央駅からパウル・クレー・センターまでのバスのルートを地図で確認しておきましょう。

2010082320.jpg




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR