FC2ブログ
 
  

ベルンでスイス料理のランチ

2010年7月6日火曜日@チューリッヒ~ベルン/8回目

クレーの「パルナッソス山へ」に大満足したところで、再び世界遺産の町ベルンBernの旧市街の観光モード。

まずは、ベルン料理を食べさせるレストラン・ハーモニーRestaurant Harmonieで昼食です。時計塔Zytgloggeのすぐ近くにあるお店です。

2010090201.jpg



テラス席を選んで、食事します。が、saraiの席は通りを隔てる垣根沿いの席。これが後で面白い展開の元になるんです。

2010090202.jpg



スイスと言えば、やはり、チーズフォンデュを食べないといけないでしょう。すぐに電熱コンロが運ばれてきます。

2010090203.jpg



同時にチーズフォンデュ用のフランスパンもテーブルに載せられます。

2010090204.jpg



すぐに溶けたチーズの入ったフォンデュ鍋もコンロの上に置かれます。さすがに手際がいいですね。

2010090205.jpg



さらにチーズフォンデュ以外に注文した皿が運ばれてきます。

2010090206.jpg



チーズの溶けたトースト(ラクレットみたいなものですね)の上にベーコン、野菜、目玉焼きがのったスイス料理です。

2010090207.jpg



新鮮なグリーンサラダです。

2010090208.jpg



ジャガイモサラダです。

2010090209.jpg



早速、チーズフォンデュをいただきます。美味しいね。

2010090210.jpg



チーズフォンデュはワインの味が強く塩味が濃い。寒いところの味付けなのでしょうね。が、食べていると馴染んでますます美味しくなります。みんな、どんどん、食べます。

2010090211.jpg



ほとんど、チーズフォンデュを食べ尽くします。

2010090212.jpg



と、saraiの向かいに座っていた姉や姪っ子がなんだかにやにや笑っています。
どうも通りを歩く地元の犬が決まって、saraiのそばに寄って、垣根から鼻を突っ込み、saraiのカバンを舐めているようです。
これが何度も繰り返されたとのこと。
もちろん、すべて同じ犬。
ベルンの犬に好かれてしまいました。saraiというより、saraiのカバンが・・・
ちなみにカバンには食料品は入っていませんよ。
これがその垣根です。

2010090213.jpg



さぁ、お腹も満腹になったところで、ベルンの街巡りを続けましょう。といっても、そろそろチューリッヒに戻る時間も迫ってきます。
姪っ子のお勧めのコンフィスリー・チレンConfiserie Tschirrenというチョコレート屋さんをのぞき、帰ることにしましょう。
ところが、レストランからチョコレート屋さんに向かいますが、地図とにらめっこしても、どうもチョコレート屋さんの場所が分かりません。
ふらふら歩いていると、大きな教会の前に出ます。
思いがけず、ぶち当たったのは、これもベルンのシンボルであるベルン大聖堂Berner Münsterです。

2010090214.jpg



巨大な尖塔です。スイス1の100メートルの高さを誇るそうです。
ファサード正面の下部には、最後の審判のレリーフがあります。

2010090215.jpg



通りすがりとはいえ、いいものを見せてもらいました。
大聖堂前には、ミュンスター広場Münsterplatzがあり、もちろん、この広場の一角にも、しっかりと噴水があります。

2010090216.jpg



既にご紹介済の《モーゼの噴水》です。
神から与えられた十戒の教えを掲げています。

2010090217.jpg



ベルン大聖堂はともかくとして、まだ、肝心の目的のチョコレート屋さんは分かりません。
で、この大聖堂前の広場にいたおじさん2人に訊いてみました。
すると、「通りが違うよ。そこを抜けて行って、大きな通りに出たら、左の方だよ」って、教えてくれました。サンキュウ!!

教えられたように行ってみると、なーんだ・・・結局、旧市街の目抜き通り、クラムガッセKramgasseに出ます。さっき歩いていた噴水や時計塔のある通りです。
しばらく歩くと、アーケードの中にありました、ありました。コンフィスリー・チレンConfiserie Tschirrenと表示されています。

2010090218.jpg



ヨーロッパによくあるチョコレート屋さんですが、小奇麗でかわいい店舗です。
いろんな種類のチョコレートがずらりと並んでいます。これを選んで、詰め合わせを作ってもらえるようです。

2010090219.jpg



チョコレートの横には美味しそうなケーキも並んでいます。

2010090220.jpg



詰め合わせると、可愛いチョコレートのパッケージになります。

2010090221.jpg



しかし、夏の暑さのなか、チョコレートは持ち運ぶと溶けてしまいそう。
でも、せっかくだからと少しだけ選んで購入。後でみんなで味見することにします。

ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2010090222.jpg



すっかり、ベルンを楽しみました。そろそろ、チューリッヒへ戻りましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR