fc2ブログ
 
  

ハイティンクのブルックナー:交響曲第8番の名盤を聴く(その2)・・・行き着く先は“美”を超えて

アムステルダムのコンセルトヘボウで、ハイティンク指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団でブルックナーの交響曲第8番を聴くのも、いよいよ今週末の金曜日と日曜日に迫りました。ヨーロッパの長旅の準備もありますが、やはり、このコンサートは我が音楽人生の頂点になるのではないかという予感がしています。しっかりとできるだけの準備はして、コンサートに備えましょう。

前回の記事でハイティンクのブルックナーの交響曲第8番のCDを特集しました。それはここに書きました。その記事で取り上げたCDの一覧は以下です。

1.1969.9.1-3.  コンセルトヘボウ管(全集)      ハース版
2.1981.5.25-26. コンセルトヘボウ管(デジタル録音)  ハース版
3.1989.08.22.  ECユース管              ハース版、非正規盤
4.1995.1.    ウィーン・フィル           ハース版
5.2002.12.03.  シュターツカペレ・ドレスデン(ライブ)ハース版
6.2005.2.18,20. コンセルトヘボウ管(ライブ)     ハース版
7.2007.08.24.  コンセルトヘボウ管(proms、ライブ)  ノヴァーク版、非正規盤

既には正規盤5枚(1、2、4~6)は聴きました。

2.の1981年のコンセルトヘボウ管でハイティンクのブルックナーは完成の域に達し、4.の1995年のウィーン・フィル、5.の2002年のシュターツカペレ・ドレスデンと、どの演奏も同様のスタイルで高いレベルの演奏です。6.の2005年のコンセルトヘボウ管は、もう一つの印象でした。これらから一つ選ぶなら、僅差ですが、5.の2002年のシュターツカペレ・ドレスデンでしょう。

その後、再度、2.の1981年のコンセルトヘボウ管と5.の2002年のシュターツカペレ・ドレスデンを聴き直してみましたが、ますます、その演奏に惹かれます。

そして、最後に、7.の2007年のpromsでコンセルトヘボウ管と演奏したライブの非正規盤を聴いてみました。唯一、ノヴァーク版の演奏で最近のハイティンクの演奏スタイルを知るために、どうしても聴きたかったCDです。ただ、あまりの音質の悪さ(BBCの放送を録音したもののようです)に今まで聴くことをしり込みしていましたが、もう、今日が最後の機会です。
第1楽章、第2楽章は音質の悪さに我慢して聴いていました。それが一変したのは、第3楽章です。音質の悪さは変わりありませんが、何という演奏でしょう。表現は難しいのですが、実にしみじみとした滋味にあふれる演奏です。チェリビダッケによる究極の“美”がこれまでの理想の演奏でしたが、その“美”を超える最高の演奏に感じます。ハイティンク78歳にして、到達した境地です。ブルックナーの最終稿にハース版で付け加えられたものをすべて取り除いたノヴァーク版を採用したことも寄与しているかもしれません。陶酔するような演奏ではなく、言わば、人生の秋か冬を感じ、癒しを受けるような演奏です。勢いのある第4楽章になっても、基本的なスタイルはしみじみ感です。こういう演奏は万人に受け入れられる演奏ではないかもしれませんが、saraiにとっては、最高の演奏です。

この演奏から6年近く経った今、一体、ハイティンクはどんなブルックナーを聴かせてくれるでしょう。先日のみなとみらいホールでの究極の第9番を上回る演奏を期待して、心もそぞろです。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       ハイティンク,

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR