fc2ブログ
 
  

ライン川の渡し船

2010年7月7日水曜日@チューリッヒ~バーゼル/4回目

さて、去りがたい絵、《風の花嫁》にサヨナラして、次はどうしましょう。
バーゼルBaselの街を少し歩くことにしましょう。
バーゼル市立美術館Kunstmuseum Baselからトラムの走る大きな通り、ザンクト・アルバン・グラーベンSt. Alban-Grabenを少し行くと、橋が見えてきます。
バーゼルといえば、ライン川Rheinの上流の街です。
ここまで来たら、ライン川を見ておきたいものです。
で、橋のほうに向かいます。ヴェットシュタイン橋Wettsteinbrückeです。

2010091201.jpg



橋の上からは大きな川が見えます。もちろん、ライン川。

2010091202.jpg



よく考えてみると、saraiもライン川を見るのは初めて。
このあたりはずいぶん上流の筈ですが、さすがにライン川は大きい!
それに美しい流れです。

2010091203.jpg



左側の川岸の上には、バーゼル大聖堂Basler Münsterの姿が見えています。

2010091204.jpg



橋の上からうっとりとライン川の流れを見ていると、すぐ近くに妙なものを発見。
どうやら、渡し船のようです。

2010091205.jpg



橋のすぐ近くに渡し船も妙なものですが、昔からの伝統を観光用にでも使っているのかな。
しばらく、橋の上から、みんなで感心しながら、渡し船の動きを見ています。ゆっくりした速度で移動しています。

2010091206.jpg



どうやら、この渡し船は川面の上空の高いところに張ったロープにつながれていて、川を横断しているロープを引っ張ることで結構流れの早いライン川を安全・確実に往来させているようです。
そういえば、ヨーロッパのどこか(ドナウ川か、エルベ川?)でも同じようなものを見た覚えがあります。
ヨーロッパでは、伝統的な形式の渡し船なんでしょうか。
この渡し船は対岸の船着き場(公園のようになっている)から、こちら側にあるバーゼル大聖堂の下の船着き場を往復しています。
これが対岸にある船着き場です。渡し船が出発したところです。

2010091207.jpg



渡し船はバーゼル大聖堂に近づいていきます。

2010091208.jpg



バーゼル大聖堂の下にある船着き場に近づいていく渡し船の姿をみんな、目を凝らして見入っています。

2010091209.jpg



実は次はこのバーゼル大聖堂に向かおうと思っていました。
で、橋を手前に戻って、大聖堂に向かおうかなあと迷っていると、突如、配偶者が『渡し船に乗ろう!』と提案。
みんな、何となく、渡し船に乗りたい気持ちはありましたが、かなり遠回りになりそうなので、言い出しかねていたんです。
が、配偶者のこの一言に触発されて、速足で橋を渡り、渡し船の船着き場に急行。
対岸に出ると、バーゼル大聖堂が正面に見えます。

2010091210.jpg



ちょうど、渡し船が船着き場に戻ってくるタイミングにあわせて、最後は少し駆け足。
何とか間に合って、渡し船に乗り込みます。

2010091211.jpg



ということで、偶然に発見したライン川の渡し船で川を横断することに。渡し船の上からは真正面にバーゼル大聖堂が聳え立っています。

2010091212.jpg



sarai達4人のほかは、先に乗っていた現地の若い女性が一人。バーゼル大聖堂の姿がだんだん大きくなってきます。

2010091213.jpg



もちろん、船客以外に渡し守も乗っています。
何と渡し守は若い女の子。びっくりです。
でも、この渡し船は上空のワイヤーロープで引っ張るだけですから、漕ぎ手とかエンジンの操作とかは不要ですね。

滔々としたライン川の流れを小さな渡し船で横断するのはとても気持ちがいいです。
夏だからでしょうが、ライン川では、泳いでいる人もいて、びっくりです。

2010091214.jpg



渡し船は橋の上から見ていたときの感じよりも、もっと速く川を渡っていきます。船着き場がどんどん離れていきます。

2010091215.jpg



どんどん対岸のバーゼル大聖堂が近づいてきます。

2010091216.jpg



これがライン川の上空に張ったロープにワイヤーが繋がれて、渡し船が引っ張られている様子です。

2010091217.jpg



5分ほどでバーゼル大聖堂の下の船着き場に着きます。
若い女の子の渡し守にお願いして、saraiと並んで記念撮影してもらいます。

2010091218.jpg



料金は一人150円ほどだったでしょうか。
面白い体験をしました。

バーゼル市立美術館からここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2010091219.jpg



この後は大聖堂の尖塔に上り、眺望を楽しみます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR