FC2ブログ
 
  

チューリッヒ湖畔を薔薇の街ラッパーズヴィルへ

2010年7月8日木曜日@チューリッヒ

旅も4日目に入り、順調です。

で、今日も快晴。今日はチューリッヒZürichの観光です。明日はウィーンWienに移動しますからね。
まず、朝は薔薇の街ラッパーズヴィルRapperswilへ行き、お昼にはチューリッヒの街に戻り、街歩きを楽しみます。

さて、お気に入りの朝食をたっぷり頂きます。気持ちのよいテラス席にします。

2010092701.jpg



定番のチーズやベーコンも美味しいです。

2010092702.jpg



朝食を終えて、元気にお出かけです。
もうすっかり慣れた駅までの通りをさっさと歩いていきます。トラムが駅に向かっているところです。

2010092703.jpg



シュタデルハーフェン駅Zürich Stadelhofenに到着。

2010092704.jpg



まずは、チューリッヒ湖Zürichseeの湖畔のラッパーズヴィルに出かけるためのチケットの購入です。saraiは昨夜遅くまでネットで購入方法を調べたので、自販機でチャレンジします。が、どうも思うようにいきません。難渋していると、後ろに待っている人がいるので、彼女(現地の方)にチケット購入方法を尋ねると、向こうに駅員の窓口があることを教えてくれます。こちらの駅は改札もなく、通りから直接ホームなので、つい駅員がいることを忘れていました。言われてその方向を見ると、立派な駅舎があります。その中にスイス国鉄SBBの立派なチケット販売オフィスがあります。

2010092705.jpg



その窓口で今日の目的地のラッパーズヴィルへの往復チケットを購入します。

2010092706.jpg




もちろん、ネットで調べたチケットと同じ、チューリッヒ一帯どこでも行ける1日券です。
早速、プラットホームでラッパーズヴィル行きのSバーンの電車を待ちます。

2010092707.jpg



10分ほど待つと、Sバーンの電車が到着。

2010092708.jpg



早速、乗り込んで、出発。2階建て電車の2階席に陣取ります。すこぶる展望は良し。

2010092709.jpg



ラッパーズヴィルへは湖岸沿いの線路を行くSバーンと山沿いを行くSバーンの2系統がありますが、今朝の電車S7は湖岸沿いでチューリッヒ湖の景色が楽しめます。市街地を抜けると、チューリッヒ湖が見えてきます。

2010092710.jpg



やがて、ぐっと湖岸に近づきます。湖岸にはワイン畑が続きます。

2010092711.jpg



美しい湖岸に沿って走っていきます。小さな教会も見えます。
行く手のほうに湖の遊覧船が見えて来ます。これから向かうラッパーズヴィルはSバーンでなく、この遊覧船でも行けるので、心惹かれるものもありますが、如何せん、船は遅過ぎて、スケジュールに組み込めません。

2010092712.jpg



湖岸に近づいたり、離れたりしながら走ります。

2010092713.jpg



20分ほど、湖岸に沿って走ってきました。チューリッヒ湖は細長い湖なので、すぐ向こうには対岸が見えていますが、すごく長い大きな湖です。


2010092714.jpg



30分ほど走ると、行く手に町の姿が見えてきます。あれがラッパーズヴィルでしょうか。

2010092715.jpg



ズームアップしてみると、やはり、大きな町のようです。ラッパーズヴィルでしょう。

2010092716.jpg



やがて、ラッパーズヴィルのひとつ前の駅、ケンプラーテンKempratenに停車します。ラッパーズヴィルまではあと4分です。

2010092717.jpg



チューリッヒ湖畔沿いに電車はひた走り、40分でラッパーズヴィルに到着。

2010092718.jpg



ラッパーズヴィルはバラの街として知られており、今日もそれが目的です。ただ、情報が少なく、駅に到着したのはいいのですが、そこからどうすればいいのか分かりません。まだ、朝早く、ツーリストインフォメーションもクローズしています。とりあえず、そのあたりに立っていた地図案内板を見て、丘の上に見えているお城のほうに向かうことにします。

2010092719.jpg



きれいな散歩道、フィッシュマルクト通りFischmarktstrasseが続きます。ただ、バラ園らしきものは見当たらず。周りの建物の窓辺は綺麗な花で飾られています。

2010092720.jpg



石畳の静かな道を歩いていきます。

2010092721.jpg



フィッシュマルクト通り沿いの建物の壁にはフレスコ画が描かれています。スイスらしい風景です。

2010092722.jpg



すぐに街の中心のハウプト広場Hauptplatzに突き当たります。

2010092723.jpg



ハウプト広場にはいると、突き当りの丘の上にお城Schloss Rapperswilが見えてきます。

2010092724.jpg



この広場の一角には、市庁舎Rathaus Rapperswilもあります。

2010092725.jpg



ハウプト広場は美しい建物に囲まれた広場になっています。

2010092726.jpg



この広場の突き当たりには美しい石段が丘の上に続いています。

2010092727.jpg



この石段を上って、丘に向かいましょう。

2010092728.jpg



美しいお城を目指して、石段を登っていきます。

2010092729.jpg



石段を登りきって、背後のハウプト広場を見下ろすと、よい眺めで石段を登った疲れがふーっと安らぎます。

2010092730.jpg



目の前には、お城の塔が聳え立っています。

2010092731.jpg



お城へ続く通路がアーチを抜けて続いています。

2010092732.jpg



さあ、丘の上の散策しましょう。

ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2010092733.jpg




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR