FC2ブログ
 
  

ラッパーズヴィルの丘の上を散策

2010年7月8日木曜日@チューリッヒ/2回目

ラッパーズヴィルRapperswilの丘の上まで登ってきたところです。
ハウプト広場Hauptplatzの石段の上です。

2010092901.jpg



丘の上には、教会とお城があります。
お城は、ラッパーズヴィル家のお城、ラッパーズヴィル城Schloss Rapperswilでその創建は12世紀にさかのぼるようです。お城には陶磁器の博物館や眺めの良いレストランもあるようですが、時間もないので、パス。

2010092902.jpg



お城の右手には小さな教会もあります。

2010092903.jpg



このあたりの景色も綺麗なので、少しぶらぶらしていると、ちょっと下の方に綺麗な花畑があります。そこに降りていくと、なんと墓地です。

2010092904.jpg



墓地の前は花園のようになっています。

2010092905.jpg



墓地の中を少し歩いてみます。

2010092906.jpg



日本のように墓前に切り花を供えるのではなく、お墓の周りにお花を植えるんですね。本当にかわいくて綺麗です。寂しい墓地という雰囲気はありません。同行の姉は、自分のお墓もこのようにして欲しいと、姪っ子に指示したほどです。

2010092907.jpg



続いて、教会です。聖ヨハネ巡礼教会Pfarrkirche St. Johannです。これも13世紀に創建されたそうですが、18世紀末に焼失・再建されたそうです。

2010092908.jpg



この教会の内部にも入ってみます。小さな空間ですが、なかなか立派ですね。

2010092909.jpg



主祭壇に近づきます。祭壇画は十字架のキリストですね。

2010092910.jpg



側面は簡素です。説教壇があります。

2010092911.jpg



内陣の手前の祭壇画は聖ヨハネの洗礼ですね。(この教会の名は聖ヨハネ巡礼教会)

2010092912.jpg



後方の2階にはバラ窓の前にパイプオルガンがあります。

2010092913.jpg



教会の前から見たお城も美しいですね。教会を出て、お城のほうに向かいましょう。

2010092914.jpg




教会を出てお城の前に出ます。アーチの先に散策路が続いています。

2010092915.jpg



お城の横のアーチをくぐって散策路を歩きます。

2010092916.jpg



アーチの先から振り返ると教会前の広場が見えます。
なかなかいい雰囲気!

2010092917.jpg



お城と城壁の間の通路を進んでいきます。

2010092918.jpg



城壁を抜けると、展望が開けてきます。

2010092919.jpg



散策路を5分ほど歩き、丘の上の湖に突き出した展望台、カスティーリョ広場Plaza Del Castilloに行くと、素晴らしい景色が広がっています。
湖岸の修道院の屋根越しにチューリッヒ湖Zürichseeの青い輝きがずーっと広がり、のびています。

2010092920.jpg



ラッパーズヴィルの街では、ちょうどチューリッヒ湖の対岸との間が狭くなっていて、砂州のようなものが対岸まで伸びています。その砂州の上に鉄道の線路と道路がチューリッヒ湖を横断しています。

2010092921.jpg



砂州の根っこのところは港になっています。

2010092922.jpg



砂州の向こうには湖に突き出るような木橋も見えます。木橋がチューリッヒ湖を横断しているのかもしれません。あとで時間があれば、行ってみましょう。

2010092923.jpg



と、チューリッヒ湖を横切って走るSバーンが目に飛び込んできます。
あせって、カメラを向けてパチリ。

2010092924.jpg



しばし、丘の上からのチューリッヒ湖の見晴らしを楽しみます。
近くの湖岸には湖水浴のためのデッキが湖の中に浮かんでいます。そこで日光浴したり、泳いだりしている人たちが見えます。あっ、飛び込み台も見えます。夏の湖の楽しみですね。

2010092925.jpg



展望台から散策道を戻りましょう。美しい並木道です。

2010092926.jpg



少し、散策道を戻ります。オ~、下の方にバラ園Rosengartenも見えます。やっとバラ園を発見です!

2010092927.jpg



バラ園を楽しんでいる人も見えますね。

2010092928.jpg



そろそろ、丘を下って、当初の目的だったバラを見に行きましょう。

ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2010092929.jpg




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR