fc2ブログ
 
  

忍野の休日:ポーラ美術館で途中下車

もう春も近いですね。軽くドライヴ旅に出かけましょう。行き先は富士山近くの忍野。今日から5日間、ゆっくりします。

お昼前には自宅を出発。東名を走って、御殿場ICで降ります。食材を調達するために、昨年も行った二の岡ハムに寄ろうと思いますが、今日は火曜日で定休日。それならと、御殿場で有名な鶏卵屋さんのさくら玉子に向かいます。隣接する鶏舎でとれたての卵、温泉卵、フルーツトマト、水菜の漬物などをゲット。

次はsaraiのお気に入りの美術館、箱根のポーラ美術館に寄っていきましょう。最短経路を走ると、山道の途中が通行禁止。慌てて、別のルートを走って、大幅に時間ロスして、ポーラ美術館に到着。途中で悪かった天候もポーラ美術館では晴れています。時間も遅くなったので、まずは、ポーラ美術館のお洒落なレストランで贅沢な昼食をいただきます。

配偶者は巣籠丼定食。カリカリに焼いたねぎの食感が美味しいです。

2019030501.jpg



saraiはちらし丼定食。意外にざるそばがしこしこした麺で美味しいです。

2019030502.jpg



大きな窓からはまだ冬っぽい景色が見えます。ポーラ美術館の裏にある散策道のある林です。

2019030503.jpg



小高い山も落葉した木々ばかりです。

2019030504.jpg



さて、美術館の中の展示物を拝見します。前回の訪問でポーラ美術館の主要なコレクションはご紹介しました。

気ままに箱根:ポーラ美術館は写真が撮れる!
気ままに箱根:ポーラ美術館の名作展・・・2回目
気ままに箱根:ポーラ美術館の名作展・・・3回目
気ままに箱根:ポーラ美術館の名作展・・・4回目
気ままに箱根:ポーラ美術館の名作展・・・5回目
気ままに箱根:ポーラ美術館の名作展・・・6回目


今日は前回、展示されていなかった作品をご紹介しましょう。

ところで、前回もご紹介したようにポーラ美術館ではほとんどの作品は写真撮影が可になっています。

2019030505.jpg



しかし、前回同様、ピカソの全作品やいくつかの作品は依然として撮影不可です。残念ですね。撮影可の作品をチョイスして、ご紹介します。

クロード・モネの《貨物列車》です。1872年の作品です。

2019030506.jpg



フィンセント・ファン・ゴッホの《ヴィゲラ運河にかかるグレーズ橋》です。1888年の作品です。アルル時代の最初の時期に描かれました。何となく、《アルルの跳ね橋》に雰囲気が似ていますね。それもその筈、この作品は《アルルの跳ね橋》の習作なんだそうです。ちなみにポーラ美術館には、ゴッホの作品が3つもあります。前回ご紹介済の《アザミの花》と未紹介の《草むら》です。ゴッホが3作とはなんとも豪華です。

2019030507.jpg



ポール・ゴーガンの《小屋の前の犬、タヒチ》です。1892年の作品です。

2019030508.jpg



アンリ・ウジェーヌ・ル・シダネルの《3本のバラ》です。1925年の作品です。この画家のことは知りませんが、象徴主義に影響を受けた画家だそうです。何となく、この絵の雰囲気が気に入ったので、ご紹介します。

2019030509.jpg



アンリ・マティスの《中国の花瓶》です。1922年の作品です。ポーラ美術館にはマティスの名品が揃っていますね。

2019030510.jpg



最後にご紹介するのは、ポール・セザンヌが1879-1882年に描いた《プロヴァンスの風景》です。実はこの作品は前回もご紹介したのですが、今日の作品鑑賞の中で一番、心に響いた作品なので、再び、取り上げました。前回の作品紹介では以下のように書きました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
パリを離れて、故郷のプロヴァンスでセザンヌは隠棲した制作活動を続けます。この作品は緑の樹木や空が筆の大胆なタッチで描かれています。こういうセザンヌの画風がゴッホに影響を与えたに違いありませんね。しかし、こういう筆のタッチよりもセザンヌの素晴らしさは安定した構図とゆるぎない色彩感覚にあるようにも思われます。セザンヌは既に彼の作風の完成の域に近づいているようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日、感じたのは、セザンヌはモノ、あるいは存在の本質を絵の中で描きあげているということです。己が生きている世界をほぼ、完璧に捉えることに成功しているように感じます。絵を通じて、自己の存在や周りの世界を理解した画家、それがセザンヌであることを垣間見たような思いです。

2019030511.jpg



この作品を含めて、ポーラ美術館のベスト3の作品は次の2作と思います。saraiの私見です。

アンリ・マティスが1943年に描いた《リュート》です。

2019030512.jpg



ラウル・デュフィが1937年に描いた《パリ》です。

2019030513.jpg



今日もポーラ美術館の作品群に満足して、外に出ようとすると美術館のスタッフのかたが傘を差しだします。美術館の中で充実した時間を過ごしているうちに、あんなに晴れていた空が曇って、雨が降り出したようです。林の散策道を歩くことは断念して、お借りした傘をさして、車に向かいます。空も暗くなってきました。忍野のリゾート宿に急ぎましょう。

途中、小田原の蒲鉾の鈴廣の御殿場店に寄って、夕食の食材を調達し、山中湖畔まで走ります。湖畔にあったセブン・イレブンで翌日の朝食をゲット。そのコンビニを出ると、夕闇の迫った山中湖の絶景が見えます。

2019030514.jpg



無事に忍野のリゾート宿に到着。途中で調達してきた食材で夕食。明日はお天気が悪そうですから、ゆったりと過ごしましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR