FC2ブログ
 
  

シェーンブルン宮殿からベルヴェデーレ宮殿へ

2010年7月10日土曜日@ウィーン/2回目

ウィーンWienのシェーンブルン宮殿Schloß Schönbrunnの庭園の丘の上のグロリエッテSchönbrunn Glorietteに来たところです。

丁度、丘の上にはプチトラン(ここでもそう言うかは知りませんが、南仏ではそういう名前でした。)が到着しています。
いつからこんな乗り物が庭園内を走るようになったのでしょうか。saraiは知りませんでした。これに乗って上がってくれば楽ちんだったでしょうね。同行者は乗ればよかったと少々不満気味です。申し訳ない!!でも、このプチトランは庭園横の木立の中を走るので、眺望はよくないはずです。歩いて上ったからこそ、ゆっくり景色を楽しめたのですよ。

2010101901.jpg



プチトランで丘を下りるのは今更なので、歩いて下ります。プチトランとお別れです。

2010101902.jpg



下りは、陽射しを避けて林の中を抜けますが、かわいいリス君たちと遭遇し、ほのぼの・・・。歩いたからこその出会いですね。

2010101903.jpg



すぐにグロリエッテの丘を下りて、庭園に出てきます。

2010101904.jpg



ちょうど、大噴水の前です。

2010101905.jpg



庭園は太陽の光が照り付けていて、樹木の間の道ですら、とても暑そうです。

2010101906.jpg



庭園の林の陰を選んで歩きますが、やはり暑いことには変わりがありません。気分だけは変わりますけどね。

2010101907.jpg



庭園の中には綺麗な花々が咲いています。少しは暑さを忘れさせてくれます。

2010101908.jpg



ようやく、宮殿の建物まで戻ってきました。

2010101909.jpg



あれれ、既にプチトランが先に着いています。そりゃ、そうですね。

2010101910.jpg



宮殿の出口にはちょうどぴったりの茶店?があるので、冷たい飲み物で喉を潤し、ようやく少し暑さを凌ぎます。

2010101911.jpg



さあ、次はベルヴェデーレ宮殿Schloss Belvedereに向かいましょう。トラム・地下鉄・トラムと乗り継いで、30分ほどで到着。
この宮殿の建物も立派ですね。

2010101912.jpg



到着して、まずsaraiがするべき恒例行事は・・・スフィンクスのお胸「タッチ!」。
saraiは、久しぶりにお胸に「タッチ!」出来、上機嫌です。

2010101913.jpg



と、これを見ていた少年が、ちょっと恥じらいながら「タッチ!」・・・配偶者曰く、「困ったものです!」。

さて、チケットオフィスで上宮Oberes Belvedereの入場チケットを購入します。

2010101914.jpg



ここには、上宮と下宮Unteres Belvedereがありますが、上宮にあるオーストリアギャラリーÖsterreichische Galerie Belvedereでの絵画鑑賞が目的ですから、上宮のみのチケットを購入です。ウィーンカードで割引があります。

2010101915.jpg



まずは久しぶりにクリムトの『接吻』とご対面です。クリムトは姉からのリクエストでもありました。
やはり、今日も光り輝いています。傑作ですね。

2010101916.jpg



と、配偶者が「この絵もすごいね!」と小さな絵を指さします。クリムトの「水蛇Ⅰ」という絵。『接吻』と似た作風の素晴らしい絵です。今回の新たな発見です。

2010101917.jpg



ここではシーレの「家族」も見逃せない傑作です。なんと暖かい情感の漂う絵なんでしょう!!

2010101918.jpg



さて、ウィーン世紀末美術を堪能したところで宮殿を出ます。
この上宮からは、下宮までの広大な庭園とさらにその向うにウィーンの街が見渡せます。

2010101919.jpg



ズームアップすると、ここからも聖シュテファン大聖堂Domkirche St. Stephanが見えます。
やはり、ウィーンのランドマークですね。

2010101920.jpg



これから、インペリアルホテルでの贅沢なランチに向かいます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



この記事へのコメント

1, 田岡組 紀和さん 2010/10/24 09:07
ご無沙汰しています。

人格高邁なsaraiさんも、フツーのおっさんのようで安心しました。
昨年の秋プラハへの列車に乗るため、ウイーン南駅へ行く途中でトラムを下車し、ベルヴェデーレ宮殿に立ち寄り、実に小生も!スフィンクスのお胸「タッチ!」をしたことでした。
同行者に「いやらしいんだから!」と言われながら、写真を撮ったことを思い出します。
また、出かけたくなりますね。

(旅行中はネットも見ないので、気の抜けた時期のコメントになりました。悪しからず。)

2, saraiさん 2010/10/24 23:16
お久しぶりですね。

あれは大人から子供まで、男性はみんな万国共通で好きですよ。
女性もあれくらいは許してくれるようです。
何せ、スフィンクスですかからね。

ウィーンはあれも含めて、何度も行きたくなる街です。
また、来年の計画を練っているところです。

また、当ブログにお立ち寄りください。
関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

天野さん

saraiです。初めまして。コメントありがとうございます。ブログを書く励みになります。当日は快晴で素晴らしい日でしたが、夏の陽光がまぶしいほどで暑さに悩ま

09/27 14:15 sarai

充実した心豊かなご様子に励まされます.
情報、有り難うございました.
いつか、ふらっと訪ねてみたいです.

09/27 09:23 天野哲也

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR