FC2ブログ
 
  

ウィーン西駅でレールジェットに乗車

2010年7月11日日曜日@ウィーン~ザルツブルク/4回目

2年ぶりのレオポルド美術館Leopold Museumはやはり傑作揃いで楽しめました。

美術鑑賞の後は、またまた、食い気。カフェというより、軽食が欲しいところ。外はとても暑いので動き回る気になれず、ホテルに向かう方向ということで、ホテルの最寄駅のカールスプラッツKarlsplatzの日本食レストランで昼食もどき。
MakimonobentouとUdonを注文してみます。Makimonobenntouは、予想通り、巻きずしとごはん(この組み合わせがようわからん!)とエビフライとサラダ。それとデザートのプリン。

2010112701.jpg



味噌汁まで付いてきます。

2010112702.jpg



Udonは、長崎チャンポンの麺をうどんにしたようなもの。炒め野菜たっぷりでなかなか美味です。これも何故か、海老のてんぷらではなく、海老フライが付いてきます。

2010112703.jpg



日本食も世界に受け入れられたようですね。この店には普通の家庭で使うようなエアコンが動いていますが、これではほとんど効果がなく、汗だくで食べます。

お腹を満たし、陽射しを避けて日陰を選びながら歩いてホテルへ。4日間の小旅行用に小分けしたカバンを受け取り、大きなスーツケースはホテルに預けて出発です。4日後には、またこのホテルに戻って宿泊する予定です。そのことをレセプションのおばさんに説明すると、笑顔で喜んでいます。

トラムを乗り継いでウィーン西駅Wien Westbahnhofに発車1時間前には到着。

2010112704.jpg



道の向こうの西駅を見ると、大工事中です。ウィーンの駅はどこも今工事中のところが多いようですね。

2010112705.jpg



工事中の駅の中を迂回しながら進むとプラットホームに出ます。電子掲示板を見ると、乗る予定の電車は少々遅れ気味との表示が出ています。

2010112706.jpg



待合室で待つことしばし。電車が入線したようなのでホームに向かいます。が、入線したのは我々の電車と連結していくインスブルック行きの電車のみで、我々のミュンヘン行きの電車はまだです。

2010112707.jpg



ミュンヘン行きの案内のある掲示板の下で待ちましょう。

2010112708.jpg



停車中のレールジェットはインスブルック行の車両です。この車両の先にミュンヘン行の車両が連結されます。ザルツブルグまでは連結したまま、運行し、ザルツブルグ中央駅で切り離して、それぞれの目的地に向かいます。saraiはザルツブルグ中央駅で降りますから、どちらの車両に乗ってもいいのですが、座席指定した車両がミュンヘン行の車両なんです。まあ、自由席に座れば、どちらに乗っても構わないんですけどね。

2010112709.jpg



多くの乗客が、熱い陽射しを避けて日陰で待っています。やはり、皆さん暑いのは一緒なんですね。

2010112710.jpg



結局、6分遅れで出発。もちろんこれには冷房が入ってますよ。
この列車はオーストリア国鉄自慢の最新鋭車両のレールジェットailJetですものね。

2010112711.jpg



今日は節約して、セカンドクラスです。チケットはミュンヘンまでのチケットです。ザルツブルグは途中下車。何故、ザルツブルグまでなのに、ミュンヘンまでのチケットなのかって言うと、ザルツブルグまでのチケットよりもミュンヘンまでのチケットのほうが料金が安いんです。国際列車割引ですね。ヨーロッパ・スペシャルというドイツ国鉄DBの割引チケットです。ともかく国境を越えるチケットは格安なんです。一人29ユーロ+座席指定2.5ユールです。途中下車しても、2日以内ならばストップオーバーでミュンヘンまで乗れます。今回は実際、ミュンヘンまで行くんですが、それは3日後なので、残念ながら、このチケットは使えません。

2010112712.jpg



RailJetはひたすらザルツブルグへ向かっていきます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR