FC2ブログ
 
  

ザルツブルグに到着

2010年7月11日日曜日@ウィーン~ザルツブルク/5回目

少し発車が遅れたものの無事、ウィーン西駅Wien WestbahnhofからレールジェットRailJetはザルツブルグSalzburgへの旅を開始。

郊外の工場の多い地域を過ぎると、緑美しいトウモロコシ畑がどこまでも続く丘が広がります。その中に、風力発電の風車を発見。世界中にこの風車が広まっていますね。

2010112801.jpg



このあたりになると、レールジェットは時速200キロで順調に走ります。

2010112802.jpg



リンツ駅に近づくと、SAFARIという名のサーカス小屋が見えます。日本のサーカス小屋とほぼ同じですね。

2010112803.jpg



リンツ駅Linzを通過。時間があれば、この街にも立ち寄りたいものです。ブルックナーがオルガニストをしていた教会に行ってみたいからです。

2010112804.jpg



ザルツブルグに着いたのは約10分遅れの夜9時過ぎ。ウィーンから2時間半ほどでした。もう、日が落ち、薄暗くなっています。
なんと、このザルツブルグの駅も大工事中。迂回通路を通って、駅前のバスターミナルに向かいます。
前回来た時とまったく印象が違います。

バスターミナルまでものすごく遠回りをさせられ、ようやくトロリーバスに乗って、旧市街の真ん中にあるホテルに向かいます。このホテル、ベスト・ウェスタン・ホテル・エレファント(Best Western Hotel Elephant)は700年以上前に建てられた建物です。近くにはモーツァルトの生家Mozarts Geburtshausもあります。
レセプションには人影がありませんが、我々が着いたのを察知したのか、若い男がどこからともなく現れます。
無事、チェックイン完了。よい部屋を用意したとのことです。

期待して部屋に入ると、なるほどなかなかよい部屋です。ジュニアスイート並みといってもいいほどです。
ウィーンに比べると、部屋の価格はかなり安目なので、プライスパフォーマンスがいいですね。
部屋に仕切りこそありませんが、広々と余裕があります。

まずはベッド。

2010112805.jpg



次はソファーセット。

2010112806.jpg



そして、部屋の中央にはダイニングテーブル。

2010112807.jpg



で、これが部屋の全景です。

2010112808.jpg



バスルームも清潔です。

2010112809.jpg



ちなみに今日からの4日間の小旅行のために持ってきたカバンはこれだけ。PCと着替えだけです。もっともミュンヘンでオペラを見るので、スーツカバンに入れた正装も持ってきています。

2010112810.jpg



部屋には大満足で、後はもう遅いので寝るだけといいたいところですが、まだ一つ、寝る前にやることが残っていますね。
そうです、ネット接続し、この旅行記事をホームページにアップすることです。
ですが、部屋にあるホテル情報を見てもネット接続情報がありません。
仕方がないので、レセプションのお兄さんに電話して訊いてみると、ネット接続が必要なら手続きが必要なので、パスポートを持ってレセプションまで下りてきてくれとのことです。(この時代はWIFI接続が当たり前ではありませんでした。)

レセプションに行くと、お兄さんがパスポートを見ながら、PCの画面に何かを打ち込み、手続きしてくれます。
接続情報をプリントアウトしてくれて、「これで3日間、有効だよ」とのことです。もちろん、無料です。
サンキュウ!!

早速、部屋に戻り、ネットに無事接続。

部屋の窓からはホテルの前の路地、ジークムント・ハーフナー・ガッセSigmund-Haffner-Gasseが見えています。この路地はすぐに町一番の賑やかな通り、ゲトライデ通りGetreidegasseにぶつかります。ぶつかったところには旧市庁舎Altes Rathausの建物があります。

2010112811.jpg



町並みの向こうには、メンヒスベルクMönchsbergの丘が黒々と横たわっています。もう、すっかり夜の帳が下りてきました。

2010112812.jpg



モーツァルトを身近に感じながら、ザルツブルグの1日目の夜、安らかな眠りにつきます。
オヤスミナサイ・・・・

明日は早起きして、シャーフベルク登山鉄道Schafbergbahn でサウンド・オブ・ミュージックの世界を楽しみに行きます。
天気は良さそうです!!



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR