FC2ブログ
 
  

交通トラブルもなんのそのでバイエルン国立歌劇場でオペラ

2010年7月14日水曜日@ザルツブルク~ミュンヘン/6回目

ノイエ・ピナコテークNeue Pinakothekでそれなりに満足し、早めにホテルに戻り夜のオペラに備えたいところです。

がその前に、娘へのお土産のプラダがあるかもと中心街へ行きます。が、プラダのお店を発見できません。お店の入れ替わりも激しいようですね。
ところで、昔、バウムクーヘンを買ったお菓子屋さんの「クロイツカムCafé Kreutzkamm」はそのままの場所にあります。そのときは、ミュンヘンの「クロイツカム」が本店だと思っていたのですが、実はドレスデンが本店だそうで、それならとドレスデンにある「クロイツカム」本店にも行ってしまいました。今回は店を見ただけで素通りです。

2010122801.jpg



では、ホテルに戻りましょう。トラムを待っているとなかなか来ません。待つ人もどんどん増えて、かなりの数になった頃にバスが来ます。ここにはバスが走っていない筈です。バスの行き先の表示は乗る予定のトラムと同じなのですが、冒険はできませんね。待っていた人はどんどん乗っていきます。躊躇していると、乗り込もうとしていたおばさんが「これでいいのよ。乗りなさい。」とのありがたいアドバイス。何かのトラブルで、トラムがバスに変更になったのでしょうか。よくは分かりませんが、親切なおばさんに感謝!です。
途中で、しっかりと夜食の中華風お弁当をゲットして、ホテルに到着します。

2010122802.jpg



しばし休養をして、出かけます

オペラの公演があるのはバイエルン国立歌劇場Bayerische Staatsoper。ここを訪れるのは4回目です。
トラムに乗っていくつもりでトラム乗り場に向かいますが、トラムがかなり遅れているような表示が出ています。先ほどのバス事件と何か関係があるのかもしれませんね。仕方なく、地下鉄で迂回することにします。それでも十分に早めに到着。
バイエルン国立歌劇場の正面はいつ見ても立派です。

2010122803.jpg



このオペラハウスは久しぶりですが、内部の装飾はやはり豪華です。
予約の折には色々トラブルがあり(チケットが郵送されてきませんでした)、苦労しましたが、結果的に2列目中央のプラチナ席をゲットできています。オーケストラピットも目の前です。

2010122804.jpg



後ろを振り返るとオペラハウスの客席全体が見渡せます。豪華でしょう。

2010122805.jpg



上を見上げるとこのオペラハウス名物の上下にアップダウンする巨大なシャンデリア。

2010122806.jpg



もうすぐ、幕が開きます。いつもこの時間はわくわくして、気持ちが高揚します。

2010122807.jpg



オーケストラのメンバーも次々に入ってきて、いよいよです。

2010122808.jpg



今夜のオペラはモーツァルトの「フィガロの結婚」。素晴らしい出来にsaraiは大満足。大好きなソプラノのフリットリも出ていたし・・・。
この日のオペラの詳細はここに紹介済です。

オペラが終わった後、帰りもなかなかトラムが来ません。しびれをきらせて、またもや地下鉄で迂回して帰ることにします。トラムを待つ間中稲妻が光っていましたが、到着したホテルの前では大粒の雨に降られ、慌ててホテルに駆け込みます。まったく久しぶりの雨です。

もう遅くなりました。オヤスミナサイ・・・

明日はウィーンに戻ります。


<
↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



この記事へのコメント

1, ハルくんさん 2010/12/29 00:51
こんにちは。

バイエルン歌劇場は懐かしいです。4年前にワーグナーの「神々の黄昏」を観ましたが素晴らしかったです。
その前日に、現地の仕事先の人たちに「明日は歌劇場に行くんだ」と話したら、誰一人行ったことの有る人は居ませんでした。地元に住んでいて何とももったいないことですね。

2, saraiさん 2010/07/16 10:06
ハルくんさん、こんにちは。

このオペラハウスでワーグナーといえば、ルードヴィッヒ2世以来のつながりですからね。saraiも「トリスタンとイゾルデ」を見ましたが素晴らしかった。ただ、演出が先鋭的なのが・・・

来年もまた行くつもりでチケット入手の画策をしているところです。
関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR