fc2ブログ
 
  

バーデンの美味しい夕食、そしてオペレッタ

2010年7月16日金曜日@ウィーン~バーデン/4回目

バーデンBadenのバラ園、ドブルホフパーク / ローザリウムDoblhoffpark / Rosariumは十分に散策しました。

今度こそ、庭園を抜けて街に向かいます。
街に入ると、道沿いにレストランがありますが、街の中心地のほうに向かいます。

2011012401.jpg



街には綺麗な路地があります。地図を見ながら、中心地にぶらぶら歩いていきます。

2011012402.jpg



30分近く歩いて、ようやく、街の中心地、ハウプトプラッツHauptplatzに着きます。ここは以前来たので、見覚えのあるところです。あの印象的な党は三位一体記念塔Dreifaltigkeitssäuleですね。

2011012403.jpg


前回来た時にシュパーゲルがメチャクチャ美味しかった店を探すと、すぐに見つかります。相変わらず賑わっています。オーストリア料理のレストラン、Amterlです。

2011012404.jpg



首尾よく、テラス席に座ることができます。

2011012405.jpg



まずは白ワイン。喉が渇いています。
ところで、お水を注文したら氷を浮かべて持ってきてくれました。ヤッタ!と思ったら、単に冷えた水がなかっただけのようで、ぬるかった・・・。

2011012406.jpg



次に夏のトマトスープとウィーン風スープです。

2011012407.jpg



2011012408.jpg



メインはトマトソースパスタ、ハムのパスタです。

2011012409.jpg



2011012410.jpg



特にスープが美味しかったのですが、量がたっぷりあり、パスタを食べるときにはもう満腹一歩手前。随分、残してしまいました。このお店はいつもスープが美味しいです。

美味しい食事を終えホテルに戻るのですが、かなりオペレッタの時間が迫ってきたのと暑いので、もう歩く気が失せています。
で、また安いタクシーに乗車。配偶者が涼しいねって運転手に言うと、彼が気を利かせてエアコンをさらに強くしてくれ、快適な帰路になります。

この日の散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2011012410a.jpg



ホテルの部屋で短時間ですがぐっすり眠り、英気回復して、正装でオペレッタへ。
今日はバーデン市の夏劇場Sommerarena Badenでヨハン・シュトラウスのオペレッタ「ウィーン気質」です。
このバーデン市の夏劇場は、街近くの公園、クア・パークKurparkの中にあります。再びタクシーに乗って、その夏劇場に到着すると、大勢の人が劇場のまわりで開場を待っています。

2011012411.jpg



もう夕方ですが、まだまだ暑く、みなさん公園で涼みながら待っています。

2011012412.jpg



公園の中にあるこの夏劇場は小さいですが、立派な外観です。
夏しか使わないのはもったいないですね。

2011012413.jpg



入り口の前では夏らしいいでたちのみなさんが暑さを凌ぎながら開場を待っています。

2011012414.jpg



入口の横には、今回の公演を紹介する写真があります。
この夏は「ウィーン気質」のほかにオッフェンバックの「パリの生活」も公演しており、写真のうち、左の6枚は「パリの生活」、右の3枚が「ウィーン気質」です。

2011012415.jpg



開場になり、さっそく席に着きます。2列目の中央というかぶりつきの席です。なおかつ、この劇場はコンパクトなので、ステージも狭く、そしてなによりも客席からステージが近い。オーケストラピットも目の前です。

2011012416.jpg



ところで、この劇場は夏だけの劇場にふさわしい仕掛けがあります。
それは天井が開閉することです。開演時は満開状態です。

2011012417.jpg



2階席の人はなんだか涼しそうです。

2011012418.jpg



ステージの上方の壁には可愛い絵が描かれています。

2011012419.jpg



暑さの中、オペレッタを楽しみましたが、内容は素晴らしいものでした。
詳細についてはここにご紹介済です。

終演後はタクシーを利用せずに、暗い夜道を歩きましたが、何とか迷わずに20分ほどかけてホテルに無事帰着。
シャワーを浴びてさっぱりし、例のよく効くエアコンで十分体を冷やし、さあ、寝ましょう。

帰国も大分、近づいてきました。
最後のラストスパート。
明日はウィーンのお友達と初デートです。るんるん・・・



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR