FC2ブログ
 
  

デュッセルドルフのK20州立美術舘訪問:束の間の公園散策

2018年8月14日火曜日@デュッセルドルフ

旅の2日目、デュッセルドルフDüsseldorfの2日目です。と言っても、まだ、トランジット中で、飛行機からドイツ国鉄DBに乗り換えて、ザルツブルクSalzburgに向かうところで旅の始まりに過ぎません。

昨夜はそこそこ早く寝たので、普通に7時半に起床。街中がしっとりと濡れ、窓には雨粒が残っています。でも、雨はやんでいるようです。
今日のホテルは朝食が無料で付いています。頂いてきましょう。通り沿いの窓辺の席に落ち着きます。

2019050701.jpg



ビュッフェの主役はチーズ、ハム、ソーセージの類ですが、それぞれが種類が多く、どれも美味しいです。

2019050702.jpg



スタッフのお姉さんがコーヒーのサービスをしてくれます。

2019050703.jpg



温かい卵料理も作ってくれるとのことなので、オムレツをお願いします。充実した朝食になります。

2019050704.jpg



朝食をいただいたところで、ホテルをチェックアウトし、荷物を預けて出かけます。今日は、K20州立美術舘K20, Kunstsammlung Nordrhein-Westfalenで美術鑑賞です。このデュッセルドルフでトランジットすることにした最大の目的です。旧市街にある美術館へはUバーンで移動します。まずは中央駅の地下駅に向かいます。駅前でまた、おかしな像とご対面。「カメラを向ける男」です。何度見ても実にインパクトがあります。

2019050705.jpg



駅前から続く大通り、フリードリッヒ・エベルト通りFriedrich-Ebert-Straßeを見通すとそのずっと先に教会の塔が見えます。福音教会Johanneskircheです。

2019050706.jpg



さて、Uバーンで、旧市街へ。昨日と同一ルートなので、ちゃっちゃっと移動。Uバーンの駅、ハインリッヒ・ハイネ・アレー駅Heinrich-Heine-Alleeから地上に出ます。今度は出口を知っていますから、最初から旧市街の繁華街側のボルカー通りBolkerstraßeに出ます。昨晩は居酒屋がずらっと並んでいましたが、早い朝は静かです。繁華街の朝の風景は万国共通ですね。

2019050707.jpg



これが地下街からの出口のエスカレーターです。通りの向かいの右側の建物がデパートのガレリア・カウフホ-フ・ケーニッヒスアレー店Galeria Kaufhof Königsallee Dusseldorfです。

2019050708.jpg



大通り、ハインリッヒ・ハイネ・アレーHeinrich-Heine-Alleeを美術館のほうに向かって歩きます。並木の美しい通りですね。

2019050709.jpg



2~3分歩くとK20州立美術舘が目の前に姿を現します。

2019050710.jpg



美術館は10時オープンなので、まだ20分ほど時間があります。通りの向かいにある公園、ホーフ ガルテン Hofgartenを散歩してきましょう。

2019050711.jpg



公園の入り口にはメンデルスゾーンの彫像があります。メンデルスゾーンはデュッセルドルフで1833年から翌年にかけて音楽監督を務めて、この地での音楽水準の向上に功績がありました。でも、saraiはえっと言う感じです。シューマンではないのですね。

2019050712.jpg



公園に歩を進めると、うっそうとした巨木に囲まれた大きな池があります。

2019050713.jpg



池辺にはアヒルが休んでいます。

2019050714.jpg



池は公園の樹木を分けて、どこまでも続いているようです。

2019050715.jpg



ドイツの劇作家、クリスティアン・ディートリッヒ・グラッベChristian Dietrich Grabbeの記念碑があります。少し奇妙な像ですね。彼はハイネとも親交があったようです。

2019050716.jpg



池の端をぶらぶら歩いていきます。朝の公園はほとんど人気がありません。

2019050717.jpg



池の向こう岸に白鳥の飼育小屋Schwanenhaus Im Hofgartenが見えます。そちらの向かいましょう。

2019050718.jpg



おや、何と公園の中にロベルト・シューマンの頭部だけの彫像があります。

2019050719.jpg



でも変ですね。これって、デスマスク?

2019050720.jpg



広くて静かな公園の散歩を続けます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR