FC2ブログ
 
  

デュッセルドルフK20州立美術舘:マティスの美、そして、ピカソ、ブラックの後半生

2018年8月14日火曜日@デュッセルドルフ/10回目

デュッセルドルフDüsseldorfのK20州立美術舘K20, Kunstsammlung Nordrhein-Westfalenで20世紀の名画を鑑賞中です。


ハンス・アルプ(フランス名:ジャン・アルプ)の《アンフォラ》です。1931年、アルプ45歳頃に描かれた作品です。アルプと言えば、滑らかカーブを持つ彫刻を思い浮かべますが、その彫刻をそのまま平面上の絵画として移し替えたような作品もあるのですね。絵画とは言え、まさにアルプそのものの作品です。アンフォラとは、陶器の器の一種で、古代の地中海世界で広まり、ブドウ、オリーブ・オイル、ワイン、植物油、オリーブ、穀物、魚、その他の必需品を運搬・保存するための壺として用いられたものです。アルプの作品から、アンフォラのイメージを想起するのは難しいでしょう。wikipediaで実際の画像を参照してください。→ここ

2019051701.jpg



この美術館は建物も美しく、通り掛かった階段室のデザインの美しさに魅了されます。窓からは向かいの公園の緑が鮮やかです。

2019051702.jpg



アンリ・マティスの《赤い室内、青いテーブルの上の静物》です。1947年、マティス78歳頃に描かれた作品です。老大家マティスの筆はますます鮮やかですね。極度に簡略化された画面は実に装飾的で、マティスの赤が見事です。具象画でありながら、対象のモティーフはすべて再構成されています。いやはや、素晴らし過ぎる作品です。この作品の向こうに傑作《ルーマニアのブラウス》が見えてきます。

2019051703.jpg



パブロ・ピカソの《オープン・ウィンドウ》です。1919年、ピカソ38歳頃に描かれた作品です。総合的キュビズムの時代の終わり頃の作品ですね。お洒落な作品ですが、エネルギー感が乏しく感じます。

2019051704.jpg



パブロ・ピカソの《ひじかけ椅子に座る女》です。1941年、ピカソ60歳頃に描かれた作品です。分類は難しいですが、シュールレアリスム風かつキュビズム的な作品ですね。この時代はカメラマンで画家のドラ・マールと愛人関係にありました。この作品のモデルも彼女でしょう。見た目では分かりませんが(笑い)。

2019051705.jpg



パブロ・ピカソの《大きなプロフィール(ジャクリーン)》です。1963年、ピカソ82歳頃に描かれた作品です。モデルは妻のジャクリーヌ・ロックですね。作風はキュビズム風のシュールレアリスムでしょうか。

2019051706.jpg



ジョルジュ・ブラックの《アトリエⅡ》です。1949年、ブラック67歳頃に描かれた作品です。キュビズムを離れて久しいブラックが描いていたのは、こういう作品だったんですね。なかなかの力作ではありませんか。キュビズムのようなレッテルさえあれば、また、一時代を画したかもしれませんが・・・。

2019051707.jpg



ジョルジュ・ブラックの《フルーツ皿、瓶とマンドリンのある静物画》です。1930年、ブラック48歳頃に描かれた作品です。キュビズムともとっくに決別していたブラックですが、やはり、総合的キュビズムの残滓とも思える作風の作品ですね。しかし、ブラックには分析的キュビズムが似合っていたとsaraiはつくづく実感するのです。

2019051708.jpg



K20州立美術館の20世紀美術コレクションでマティスはやはり新鮮な美があります。20世紀も多士済々。次は誰が登場するんだろう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR