FC2ブログ
 
  

ザルツブルクへの鉄道旅、スタート

2018年8月14日火曜日@デュッセルドルフ~ザルツブルク/15回目

デュッセルドルフDüsseldorfから、ミュンヘンMünchenを経由してのザルツブルクSalzburgへの7時間ほどの鉄道による長旅が始まりました。
まずはトランジットの無料チケットでミュンヘンまで、ICEのセカンドクラスで5時間の移動です。ドイツの大平原の景色を車窓から楽しみましょう。

デュッセルドルフ中央駅Düsseldorf Hbfを出るとすぐに車掌さんが検札にまわってきます。ドイツ国鉄DBは厳格ですからね。

2019052401.jpg



トランジットの無料チケットを差し出すと、何の問題もなく、検札はパス。ANAやJALはともかく、ルフトハンザ航空も同様のチケットがあるので、車掌さんも慣れているんでしょう。

落ち着いたところで、駅の構内でゲットしたスターバックスのコーヒーをいただきながら、ランチです。飲み慣れたスタバのコーヒーの味です。

2019052402.jpg



郊外の町を通り過ぎていきます。

2019052403.jpg



やがて、ケルン中央駅Köln Hauptbahnhofです。駅前には、ケルン大聖堂Kölner Domがあります。写真に収めるためにカメラの準備をします。ライン川Rheinを渡ったら、すぐに大聖堂が見えてくるはずです。あれっ、ライン川を渡りません。停車した駅はケルン・メッセ駅Köln Messe/Deutzです。結局、ライン川を渡らずにそのままケルンを通過します。肝心のケルン大聖堂は見えず! 残念です。このルートではケルン中央駅には停まらないんですね。
やがて、右手にライン川が見えてきます。もう、ケルンはずっと後方ですから、大聖堂は見えっこありません。

2019052404.jpg



ライン川の河畔には樹木が生い茂っています。

2019052405.jpg



少しだけ、ライン川沿いに走ります。

2019052406.jpg



すぐにライン川を離れて、平原を走り出します。

2019052407.jpg



車内に目を遣ると、荷物置き場の上段にsaraiのスーツケースが見えています。かなり、高いところに持ち上げたと自画自賛。

2019052408.jpg



ICEは小高い山に差し掛かります。なだらかな丘陵が遠くまで続いています。ドイツではあまり見かけない風景です。

2019052409.jpg



やがて、小さな川が流れる渓谷を渡ります。並行して走っている高速道路はアウトバーン 3 Bundesautobahn 3のようです。オランダからドイツ国内を通って、オーストリアまでを貫く国際道路の一部です。ドイツで第2の長さをほこるアウトバーンです。

2019052410.jpg



この渓谷を渡り終えると、また、大平原の中を走ります。

2019052411.jpg



空は雲で覆われています。雨は降っていませんが、あまり天気はよくないですね。

2019052412.jpg



フランクフルトFrankfurtが近づいてくると、青空が顔を見せます。横を走るのはアウトバーン 3です。大動脈らしく、トラックが行き交っています。周りには森が広がっています。

2019052413.jpg



ほぼ定刻にフランクフルト空港駅Frankfurt(M) Flughafen Fernbfに到着。

2019052414.jpg



このフランクフルト空港駅では、さすがに多くの人が乗り込んできて大騒ぎ。ようやく整理がついて、フランクフルト中央駅Frankfurt Hauptbahnhofに向かいます。私たちの席と通路を挟んだ四人掛けの席は、フランクフルトからミュンヘン間の予約が二人分入っています。いったん他の席に落ち着いたカップルが、そこに移動してきます。相席覚悟で4人掛けを選んだようです。仲良くおしゃべりを楽しんでいます。この後、大トラブルになることは彼らもこの時点では知る由もありません。

ICEはマイン川Mainの鉄橋に差し掛かります。

2019052415.jpg



鉄橋を渡っていくと、フランクフルトの高層ビル群が見えてきます。世に言うマインハッタンの景色です。

2019052416.jpg



マイン川を渡り終えると、ゆっくりとフランクフルト中央駅の構内に侵入していきます。

2019052417.jpg



立体交差を抜けて、中央駅の構内に下りていきます。

2019052418.jpg



フランクフルト中央駅に到着です。ホームの向かいには2階建てのSバーンの電車が停車しています。

2019052419.jpg



ここでしばらく停車します。ほかのホームには電車がいなくなります。

2019052420.jpg



フランクフルト中央駅に到着後、それなりに降りる人と乗る人でまた大騒ぎ。ようやく騒動も終了し、そろそろ出発かと思ったとき、通路を挟んだ席にフランクフルト空港駅で移動してきたカップルの女性が、これはシュトゥットガルトには行かないわと慌てだします。相棒の男性は慌ててサポートしだします。あれ、彼らはカップルではなく、旅友なだけなの? 大きな荷物を降ろして、女性に渡し、自分の荷物もまとめます。相席の男性が車両のドアを開けようとしますが、時は既に遅し。無情にもICEは出発してしまいます。もう、何んともしがたいですね。一体、彼らはどうするんでしょう。このまま、ヴュルツブルクまで乗っていって、そこからシュトゥットガルト行きの電車に乗るのかな。対岸の火事を見る感じです。旅にはこういうトラブルが付きものです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR