FC2ブログ
 
  

素晴らしいバルトーク:アルカディア・クァルテット@鶴見サルビアホール 2019.5.29

前半のベートーヴェン2曲もなかなか聴きごたえがありました。特に第10番《ハープ》の第3楽章、第4楽章は力強い演奏で見事でした。第4楽章の分裂症気味とも思える難しい音楽をさばききったのには感心しました。
しかし、圧巻だったのは後半のプログラムのバルトークです。第4番は第3番と並んで、最もバルトークの真骨頂とも思える傑作ですが、なかなか実演で聴く機会に恵まれません。今日は素晴らしい演奏でした。第3楽章までは今一つの感でしたが、第4楽章の多彩なピチカート奏法の見事なこと! この楽章は聴くだけでなく、見ていても楽しくなります。第5楽章はこのカルテットの持つパワフルさが遺憾なく発揮されて、白熱した演奏になります。これぞ、バルトークっていう感じで気持ちよく終わりました。ところで今回の来日では第1ヴァイオリンが産後の体調不良ということで代役でしたが、本来のメンバーだったら、どんなバルトークになったでしょう。CHANDOSからバルトーク全集を出しているくらいですから、さらに素晴らしい演奏が期待できそうですね。今後の再来日を期待しましょう。


今日のプログラムは以下です。

  弦楽四重奏:アルカディア・クァルテット
    セバスティアン・テグゼジューvn レスヴァン・ドゥミトルvn トライアン・ボアラva ツォルト・トロークvc

  ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第2番 ト長調 Op.18-2
  ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第10番 変ホ長調 Op.74《ハープ》

   《休憩》

  バルトーク:弦楽四重奏曲 第4番 Sz.91

   《アンコール》
    ラズヴァン・メテア:バガテル

最後に予習について触れておきます。

最後に予習について、まとめておきます。

1曲目のベートーヴェンの弦楽四重奏曲 第2番を予習したCDは以下です。

 アマデウス弦楽四重奏団 1961年9月 ハノーファー、ベートーヴェンザール
 
期待通りの美しい演奏で満足して聴きました。


2曲目のベートーヴェンの弦楽四重奏曲 第10番は思い違いで予習し損ねました。もっとも熟知している曲ですから問題ありません。


3曲目のバルトークの弦楽四重奏曲 第4番を予習したのは以下の3枚のLPと1枚のCDです。

 ハンガリー四重奏団(1961年) LP
 ジュリアード四重奏団(2回目録音、1963年) LP
 バルトーク四重奏団(1966年) LP
 エマーソン・カルテット(1988年) CD

LPの3枚は思い入れがあって、最近収集したLPですから、どれも素晴らしい演奏です。とりわけ、ジュリアード四重奏団はこの曲を初めて聴き、馴染んだ演奏なので、懐かしく聴きました。バルトーク四重奏団はジュリアード四重奏団以上に迫力のある演奏に驚かされます。CDのエマーソン・カルテットは完璧な演奏で、その美しい演奏に魅了されました。今のところ、これが最高の演奏です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR