FC2ブログ
 
  

大震災の影響はまだまだ・・・大塚国際美術館の続き:環境展示

大震災の状況も少しずつ改善されてきているようですが、まだまだ予断を許さない状況ですね。
横浜のsaraiの団地も今日見て歩くと、建物の外壁のタイルが剥落しているところもあり、今回の大震災の凄まじさを改めて認識することになりました。

また、次の旅(ヨーロッパ)については、オーストリア航空やルフトハンザ航空が日本便を運行中止しているらしいという情報がありますが、たまたま、saraiは久しぶりにJALの便を予約しているので大丈夫そうです。何が幸いするか、分かりませんね。

さて、大塚国際美術館の続きです。

大塚国際美術館もB3Fにあるシスティーナ礼拝堂、フェルメール作品群、エル・グレコと見てきましたが、お次は環境展示です。

環境展示というのは最初にご紹介したシスティーナ礼拝堂のように建物そのものを立体的に再現し、環境空間を展示するものです。
この大塚国際美術館には、システィーナ礼拝堂以外にもこの環境展示されているものがあります。
今回はこの環境展示の代表的なものをいくつかご紹介しましょう。

まずはポンペイ遺跡の秘儀荘(Villa dei Misteri)にある「秘儀の間」があります。これはポンペイ遺跡のなかでも最も有名なものです。この「秘儀の間」には、ディオニュソスの秘儀の壁画が描かれています。ディオニュソスの秘儀が何ぞやというのはsaraiの得意分野ではないので、説明はご勘弁ください。背景の赤い色は「ポンペイの赤」として知られているものです。


RBJa0sG99G0d69.jpg



なお、イタリアには何度も行ったsaraiですが、これまでも今後も多分、ポンペイに行く機会はなさそうです。そういう意味で、この美術館でこの「秘儀の間」の復元展示を見ることができたのはとても意義の高いものでした。

次は北イタリアのパドゥヴァのスクロヴェーニ礼拝堂です。天井の星空が大変美しく、壁面に描かれたジョットのフレスコ画もジョットらしい素朴さに心を打たれます。


_BgTlBRSMI3411.jpg



逆の方から見るとこんな感じです。


YU_W7HItoq3d14.jpg



実は前回、この美術館を訪れた際に一番感銘を受けたのは、このスクロヴェーニ礼拝堂でした。
その結果、わざわざオリジナルのスクロヴェーニ礼拝堂を見るために北イタリアのパドゥヴァまで旅に出かけました。
スクロヴェーニ礼拝堂を見るためには事前の予約が必要でそれも大変でしたし、現地でもいったん空調の効いた待合室で体温を下げた後で短時間だけスクロヴェーニ礼拝堂を見ることができただけでした。まあ、それだけでもオリジナルを見られたので満足ではありました。
ただ正直なところ、文化財保存のため、照明も暗く、期待したほどの鑑賞はできませんでした。
今回、再度、この環境展示を見て、むしろ、この大塚国際美術館のほうが明るく、美しいということを再確認しました。
芸術鑑賞という観点では、大塚国際美術館のほうが上です。ただ、そうは言ってもやはりオリジナルが見たくなるのが人情ですよね。

次はカッパドキアの「聖テオドール聖堂」です。このカッパドキアにも基本的には行くつもりはないので、この大塚国際美術館で見られるのは大変嬉しいことです。


Jc3UQrJlge86a5.jpg



B3Fには、まだラヴェンナのモザイクとかアッシジの壁画とかもありますが、それらは現地で素晴らしい実物を見て、大変感銘を受けたので、ここではほとんど横目でパスしました。

次はB2Fに上がり、ルネッサンス~バロックの展示を見ます。それは次回以降で。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : 絵画・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR