FC2ブログ
 
  

ザルツブルク音楽祭:魅惑のリサ・バティアシュヴィリ、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を弾く

2018年8月17日金曜日@ザルツブルク/6回目

ザルツブルク音楽祭の夜のコンサートの前に、お昼はザルツブルク散策です。メンヒスベルクMönchsbergの丘の上の散策の後、ザルツァッハ川Salzachの河畔のカフェで美味しいランチをいただきました。カフェを出て、ザルツァッハ川沿いの散策道、カイプロムナーデKaipromenadeをぶらぶらしながら、旧市街のほうに戻ります。歩行者用の道とサイクリングロードが並行して続いています。

2019061101.jpg



自転車の走るサイクリングロードから離れて、川縁に寄って、歩きます。前方には旧市街の教会やホーエンザルツブルク城estungHohensalzburgの美しい眺めが見えます。対岸には、福音教会Evangelische Pfarrgemeinde Salzburg Christuskircheの塔が見えます。

2019061102.jpg



対岸のカプツィーナーベルクKapuzinerbergの丘が近づいてきます。カプツィーナー修道院Kapuzinerklosterの建物の左手に、木々の間から、シュテファン・ツヴァイクの旧宅のパッシンガー城Paschinger Schlösslがちらっと顔を覗かせています。

2019061103.jpg



旧市街に戻り、スーパーに寄っていきます。飲み物や食材をゲット。そして、メンヒスベルクの岩山のトンネルを抜けて、ホテルへ。部屋に着くと、ベッドに倒れ込むようにお昼寝です。
目が覚めると、もう急いで出かけないといけない時間です。コンサートに直行します。今日のコンサートでは祝祭大劇場で美貌のヴァイオリニスト、リサ・バティアシュヴィリがバレンボイム指揮ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団と共演します。彼女の実演は初めて聴きますから、楽しみです。
開演前にふと、会場内のショップを覗くと、何とリサ・バティアシュヴィリが休憩時間にサイン会を開くという小さな紙があります。スタッフの女の子にどこでサイン会をやるのかと尋ねると、ここよって答えます。じゃあ、CDを購入して、サイン会に参加しましょう。

今日のチケットはザルツブルクに向かうレールジェットの車内で購入したものです。残り僅かのチケットをゲットしました。

2019061113a.jpg



ホール内の席に着き、開演を待ちます。いつもと違って、少し後方の席です。残り物のチケットですからね。

2019061104.jpg



リサ・バティアシュヴィリの弾くチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲は期待通り、実にセクシーな演奏で魅惑的でした。アンコール曲が終了するとともに、一目散にCDショップにダッシュ。サイン会に一番乗りです。

2019061105.jpg



拍子抜けになるほど、誰もサイン会の行列のライバルはいません。何と誰もサイン会に並びません。ドーシテ?? 実は海外ではあまり、日本のようにサイン会の風習がないんです。既にペンとミネラルウォーターが置いてあり、サイン会の準備は完了しています。

2019061106.jpg



saraiは早速、先ほど買い求めたCDのケースを開いて、サインをいただく準備を完了。

2019061107.jpg



saraiはそわそわしながら、リサ・バティアシュヴィリの到着を待ちます。

2019061108.jpg



しばらくすると、何人か、サイン会に集まってきます。

2019061109.jpg



CDショップのお姉さんも忙しそうにCDを販売中。

2019061110.jpg



結構、サイン会の行列も賑わってきます。それでも総勢20人はいませんね。

2019061111.jpg



しばらくすると、リサ・バティアシュヴィリがマネージャーと一緒に現れます。舞台で来ていたお洒落な黒いドレス姿です。

2019061112.jpg



saraiの真ん前にリサの美しい顔があります。

2019061113.jpg



サイン会でリサとお話していると、配偶者が横で携帯で写真を撮ってくれています。

2019061114.jpg



サインをしているリサに、今日の演奏は素晴らしかったねと言うと、ありがとうと応えてくれます。その笑顔のチャーミングなこと。

2019061115.jpg



サインを書き終えてくれたので、今度は日本に来てねってお願いすると、十分な時間があればねっていう、お応えです。
待ってるからねと言葉を残しながら、その場を離れます。
(そして、今年2019年の11月、彼女はセガン率いるフィラデルフィア管弦楽団とともに来日公演。久しぶりの来日です。もちろん、チケット購入済!)

休憩後はドビュッシーの交響詩《海》とスクリャビーンの「法悦の詩」。特にスクリャービンは何度も押し寄せるエクスタシーの波を強烈に演奏。派手な演奏でした。
このコンサートの詳細な記事はここに既にアップ済みです。

今日はリサの魅力に尽きました。とても満足です。日本に帰って、サイン入りCDをたっぷり聴きましょう。最高のお土産ができました。

2019061116.jpg



上機嫌で、ホテルに戻り、夕食もどきを食べて、おやすみなさい。saraiは深夜まで執筆に励みます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

天野さん

saraiです。初めまして。コメントありがとうございます。ブログを書く励みになります。当日は快晴で素晴らしい日でしたが、夏の陽光がまぶしいほどで暑さに悩ま

09/27 14:15 sarai

充実した心豊かなご様子に励まされます.
情報、有り難うございました.
いつか、ふらっと訪ねてみたいです.

09/27 09:23 天野哲也

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR