FC2ブログ
 
  

リューベック散策:トラヴェ川クルーズはトラヴェ運河を行く

2018年8月20日月曜日@リューベック/4回目

トラヴェ川Traveのクルーズ船遊覧を楽しんでいるところです。クルーズ船は中洲にある旧市街に戻り、フープ橋Hubbrücke Lübeckから、中洲の東側を流れるトラヴェ運河Kanal Traveに入りました。

運河沿いのカナル通りKanalstraßeに立ち並ぶファサードの綺麗な建物群が見えてきます。

2019070701.jpg



この建物群の右手には通り過ぎたブルク門Burgtorもまだ見えています。

2019070702.jpg



さらに後ろを振り返ると、ブルク門橋Burgtorbrückeとフープ橋Hubbrücke Lübeckも見えています。

2019070703.jpg



カナル通り沿いには色とりどりの建物が建ち並んでいます。

2019070704.jpg



その建物群と立体駐車場の間から、ヤコビ教会St. Jakobi Kirche zu Lübeckの尖塔が顔を覗かせます。

2019070705.jpg



その立体駐車場の前の桟橋には白い鳥がずらりと並んでいます。我々のお出迎えと言いたいところですが、みな、そっぽを向いていますね。

2019070706.jpg



立体駐車場の前を通り過ぎると、ヤコビ教会の姿がすっきりと見通せるようになります。

2019070707.jpg



ヤコビ教会の姿を見ながら、クルーズ船は走っていきます。

2019070708.jpg



後ろを見ると、ブルク門が建物の陰に隠れようとしています。ブルク門橋もずい分遠くに離れました。

2019070709.jpg



ヤコビ教会の姿が樹木の陰に隠れると、今度はかなり遠くにマリエン教会Marienkircheの2本の尖塔、そして、その横に聖ペトリ教会St. Petri Kircheの尖塔も見えてきます。

2019070710.jpg



後ろを振り返ると、運河が湾曲していて、もはや、ブルク門橋も見えなくなりそうです。それに運河はこのあたりになると、随分、川幅が広くなってきました。

2019070711.jpg



木々の間から、時折、ヤコビ教会の尖塔が顔を覗かせます。

2019070712.jpg



クルークハーフェン橋Klughafenbrückeをくぐり抜けました。

2019070713.jpg



このクルークハーフェン橋は特異な姿をしています。川岸の両端にある大きなクレーンのようなもので橋を持ち上げています。多分、このクレーンが可動式になっていて、橋の高さを変えられるようになっているのでしょう。大きな船が通過するときには橋が高く持ち上げられるような構造です。橋のたもとに停泊している船はイタリア料理のレストランです。

2019070714.jpg



そのクルークハーフェン橋もたちまち離れていきます。クルーズ船は快調に走っていきます。

2019070715.jpg



またまた、レストラン船です。運河沿いでの食事には最高の立地ですね。

2019070716.jpg



中洲の対岸には、緑が多く、新しいモダンな建物が建っています。旧市街とは好対照です。

2019070717.jpg



ヒュクスター橋Hüxtertorbrückeをくぐり抜けました。

2019070718.jpg



ここからは川幅も狭くなり、運河の両側の岸辺は樹木に覆われて、緑あふれる雰囲気です。行く手にはまた橋が見えてきます。

2019070719.jpg



ここまでの航行ルートを地図で確認しておきましょう。

2019070720.jpg



ちょうどホルステン門の中洲の反対側のあたりまでやってきました。トラヴェ運河も中洲の半分ほど来たことになります。中洲の周りを半周したんですね。
まだまだ、トラヴェ川クルーズは続きます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR