FC2ブログ
 
  

今年のヨーロッパ遠征・・・予習開始、クルレンツィス&ムジカエテルナののモーツァルトのオペラ《フィガロの結婚》

今年のヨーロッパ遠征の準備中です。事前に予約すべきものはすべて完了。
手術後の体調も徐々に戻りつつあります。猛暑のため、自宅でエアコンをつけっぱなしで、自重しているので、あと3週間で何とか旅に出られるような体力に回復する予定です。

予習ですが、配偶者は忙しいので、間に合わないかもしれないので、旅先で聴くから準備してと言われています。それでは、重要な曲目から予習を始めましょう。
まずは、クルレンツィス&ムジカエテルナのモーツァルトのオペラ、ダ・ポンテ3部作を聴いていきましょう。もちろん、クルレンツィス&ムジカエテルナのCDを聴きます。

今日はオペラ《フィガロの結婚》。

キャストは以下です。

 アンドレイ・ボンダレンコ(バス・バリトン:アルマヴィーヴァ伯爵)
 ジモーネ・ケルメス(ソプラノ:伯爵夫人ロジーナ)
 クリスティアン・ヴァン・ホルン(バス・バリトン:フィガロ)
 ファニー・アントネルー(ソプラノ:スザンナ)
 マリー=エレン・ネジ(メゾ・ソプラノ:ケルビーノ)
 マリア・フォシュストローム(メゾ・ソプラノ:マルチェリーナ)
 ニコライ・ロスクトキン(バス:バルトロ)
 クリスティアン・アダム(テノール:ドン・バジーリオ)
 ムジカ・エテルナ(ピリオド楽器オーケストラと合唱団)
 テオドール・クルレンツィス(指揮)

 録音時期:2012年9月24日~10月4日
 録音場所:ペルミ国立チャイコフスキー・オペラ&バレエ劇場
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

オペラですから、本来は映像付きがよいのですが、《フィガロの結婚》だと、CDで聴いていても、映像が頭に浮かびます。saraiのお気に入りの3大オペラの一つですからね。実演でも10回以上は聴いています。
で、肝心の演奏ですが、予想通り、序曲からきびきびしたテンポで展開していきます。素晴らしいのは、音楽が活き活きしていて、CDでありながら、実演を聴いている感覚に陥ることです。それにオーケストラの演奏だけでなく、アリアの歌わせ方がとても見事です。ケルビーノの2つのアリア、フィガロの《もう飛ぶまいぞ、この蝶々》、伯爵夫人ロジーナの第3幕のアリア、スザンナのアリアと伯爵夫人とのデュエットなど、とりわけ、有名アリアが素晴らしいです。ずっと聴き惚れていましたが、やはり、フィナーレでアルマヴィーヴァ伯爵が『Contessa,perdono!』と伯爵夫人に許しを乞う歌唱では、強い感銘を受けて、うるっとします。この後、伯爵夫人が『Più docile io sono, e dico di sì.』と優しく許しを与えると、もう、たまりません。saraiの感情が崩壊します。その後のトゥッティも素晴らしいです。もう天国の世界です。そして、トゥッティがそのまま、テンポアップして、勢いよく、素晴らしいオペラを締めます。この実演を聴いたら、オペラ終了後、しばらく、立てなくなりそうです。ルツェルン音楽祭の本番はコンサート形式ですが、そんなことは関係ありません。究極のオペラが聴けそうです。長年、ヨーロッパ遠征してきて、音楽を聴いてきた集大成になるでしょう。

ルツェルン音楽祭でのキャストは以下です。(日本語のみの表示はCDと同一キャスト)

 アンドレイ・ボンダレンコ(バス・バリトン:アルマヴィーヴァ伯爵)
 Ekaterina Scherbachenkoエカテリーナ・シチェルバチェンコ La Contessa di Almaviv
 Alex Espositoアレックス・エスポジト Figaro
 Olga Kulchynskaオルガ・クルチンスカ Susanna
 Paula Murrihyポーラ・マリヒー Cherubino
 Daria Telyatnikovaダリア・チェリャトニコヴァ Marcellina
 Evgeny Stavinskyエウゲニ・スタビスキー Bartolo
 クリスティアン・アダム(テノール:ドン・バジーリオ)
 Danis Khuzin Don Curzio
 Fanie Antonelouファニー・アントネルー Barbarina (CDではスザンナを歌っていた)
 Garry Agadzhanyanガリー・アガザニアン Antonio

気になる歌手は伯爵夫人を歌うエカテリーナ・シチェルバチェンコ。ボリショイ劇場でタチアーナを歌っていた人で透明な声の響きとのこと。期待できます。あと、スザンナを歌うオルガ・クルチンスカは今売り出し中のバリバリの若手とのこと。これも期待できますね。

ところで、音楽の予習スタイルはノートPCが中心です。CDの音楽データをいったん、Synologyのネットワーク接続ストレージ (NAS) 2台の総容量30TBのRAID構成のHDDに格納し、そのデータをノートPCにWIFIで飛ばします。ノートPCではKORGの音楽ソフトAudioGate4でデータ処理し、オーディオシステムに接続したUSBオーディオのDS-DAC-10Rに送り込み、ハイレゾの品質で音楽を再生します。オーディオシステムはプリアンプがQUAD33、パワーアンプがQUAD606、スピーカーはTANNOYのEdinburghです。アンプは本来、真空管アンプのQUAD22とQUADⅡですが、電源が故障していて、今は修理待機中です。なかなか時間が取れなくて、修理できていません。
オペラの場合はノートPCで再生しながら、ネットの対訳のページを見ながら、聴きます。このシステムで今のところ、気持ちよく、オペラを予習しています。映像は必ずしも必要ありません。必要なのは初見のオペラくらいですね。

続けて、ダ・ポンテ3部作を聴いていきます。

予習を続けながらも、旅の準備作業も続けています。まずは各地のホテルの空港や駅からのアクセスをGOOGLEマップを使用して、まとめています。ウィーンの最初のホテル()と最後のホテル()は空港からの電車移動も含めて、完了。次はグラーツとスイスのホテルにとりかかります。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

       クルレンツィス,

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR