FC2ブログ
 
  

今年のヨーロッパ遠征・・・ホテルのアクセス方法をチェック

今年のヨーロッパ遠征の準備中です。今日はオペラ・コンサートの予習は一休み。とは言え、クルレンツィス&ムジカエテルナのモーツァルトのオペラ、ダ・ポンテ3部作のキャストが気になって、チェックします。ルツェルン音楽祭とウィーン・コンツェルトハウスのキャストはチェチーリア・バルトリ以外はすべて同じ。CDで歌っていた歌手が一部、参加していますが、基本的には、新しいキャストに変わっています。CDは2012年~2014年に録音されたので、5年から7年経っているので、それはそうでしょう。キャストの内容は既にアップ済の記事に書き加えました。興味のあるかたは覗いてみてください。

今日はホテルの場所を確認しながら、アクセスのしかたをまとめます。今回、宿泊するホテルは計14のホテルです。結構な作業になります。
イスタンブールのホテルはターキッシュエアラインが無料で1泊分を提供してくれた4つ星ホテル。既に空港シャトルバスの旧市街バスターミナルからの歩き方はチェック済です。

 GRAND YAVUZ SULTANAHMET(グランドヤウスホテル ス​​ルタンアフメット)

ウィーンは前半と後半の2回、宿泊します。最初のホテルはいつものホテルが満室だったので、そのお隣のホテルにしました。ですから、このホテルの場所は熟知しています。空港からはSバーンでレンヴェーク駅まで移動して、徒歩すぐです。

 Austria Trend Hotel Savoyen Vienna (オーストリア トレンド ホテル サヴォイェン ウィーン)

後半はあえて別のホテルにしてみました。ウィーン・ミッテ駅の近くなので、SバーンかCATで移動します。駅から徒歩5分ほどです。

 Mercure Grand Hotel Biedermeier Wien(メルキュール グランド ホテル ビーダーマイアー ウィーン)

ここまでは勝手知ったるウィーンだから簡単です。
次はグラーツ。何と初めての訪問です。駅近くのホテルにしたので、ここも駅からは簡単にアクセスできます。

 Hotel Strasser(ホテル ストラセル)

次はルツェルン。ここは前回と同じホテルにしようとしましたが、満室のため、そのホテルの近くにします。ですから、土地勘はあります。駅前から、頻繁にバスも走っているので、荷物のあるときや疲れたときはバス利用。ロイス川沿いに歩いても駅からは15分くらいです。眺めのよい道なので、ぶらぶら歩くのもありです。

 Star Vacation Homes Lucerne (スター バケーション ホームズ ルツェルン)

次はヴヴェイ。レマン湖畔の町です。小さな町なので、アクセスは簡単。バスも走っているので、荷物のあるときはバスを利用します。

 Hostellerie de L'Hôtel de Ville (オステルリー ドゥ ルホテル ドゥ ヴィル)

次はもうフランス。まずはリヨン。前回は駅前にしましたが、ここも満室。今回はソーヌ川とローヌ川に挟まれた旧市街のホテルにしました。駅からはメトロを2路線乗り継いで移動し、ベルクール駅からは500mほど歩きます。ホテルの北にはリヨンの美食店が建ち並びます。そう、それが目的なんです。

 Best Western Lyon Saint-Antoine(ベストウエスタン リヨン サン-タントワーヌ)

次はカルカソンヌ。あえて、駅前ではなく、城塞都市ラ・シテの城壁の中にあるホテルにしました。中世の雰囲気を味わいたかったからです。しかし、これが難物。バスは1時間に1本くらいしかなく、駅前のタクシーも少ないようです。また、城塞内の石畳の道を重い荷物を引いて歩くのもなんですね。もちろん、城塞内には車は入れません。これは困った。仕方がなく、ホテルにアクセス方法を尋ねるメールを書きました。もし、ちゃんと返事が来れば、それに従いましょう。というところで時間を取られ、今日はここまで。

 B&B La Demeure De La Cite (ラ ドミュール ド ラ シテ)


なかなか、旅の準備も大変です。残りのホテルはフランス各地(一つは国境近くのスペインの町)の6つのホテル。パリ以外は土地勘がない初めての町なので、まだまだ、面倒です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR