fc2ブログ
 
  

ハンブルク散策:ハンブルク市立美術館からスタート

2018年8月22日水曜日@ハンブルク

旅の10日目、ハンブルクHamburgの3日目です。

昨日はあまりにも歩きすぎて疲労困憊。今日は休養の日にしようということで、目覚まし時計をセットせずに就寝することにしました。でも、疲れすぎてお風呂から出るなり寝てしまった配偶者は朝7時には起床。宵っ張りのsaraiはブログを書いて休んだので10時に起床。
それぞれ十分休んだはずですが、正直ぐったりしてます。温かい味噌汁を飲んで喝を入れます。やはり、日本から持参したアマノの味噌汁は美味しい! 味噌汁を朝食代わりにいただき、元気回復。味噌汁は軽くて美味しくて手軽で旅のお供に最適です。

今日は絶対に見逃せないハンブルク市立美術館Hamburger Kunsthalleに行きます。雲一つない快晴の中、ホテルを出て、歩き始めます。

2019111901.jpg



駅前には出ずに、駅を迂回して、ビル街の中、駅の反対側を目指します。

2019111902.jpg



無駄な歩きをしないように、きっちり地図を確認しながら歩きます。やがて、跨線橋で線路を超えていきます。そこからハンブルク中央駅の側面が眺められます。

2019111903.jpg



線路を渡り終え、駅前の大通り、グロッケンギーサーヴァル通りGlockengießerwallに出ます。この通りの先にあるハンブルク市立美術館にぶらぶらと歩いていきます。

2019111904.jpg



巨大な美術館の端に到着。騎馬像がお迎えしてくれます。

2019111905.jpg



美術館の建物の扉には入り口は向こうという案内があります。そちらに進みます。

2019111906.jpg



グレイの建物の先に入り口があるようです。

2019111907.jpg



グレイの建物と茶色の建物の間が入り口と思ったら、さにあらず。どうやら、茶色の建物の先まで行かないといけないようです。

2019111908.jpg



茶色の建物の壁面は美しい装飾が施されています。さすがに美術館ですね。

2019111909.jpg



壁面の中の彫像はドイツの誇る大芸術家、クラナッハです。saraiも大好きな画家です。

2019111910.jpg



美術館はなかなか見事な建物です。この建物も芸術品ですね。

2019111911.jpg



大通りから右に廻り込むと、美術館のファサードがあります。

2019111912.jpg



このファサード前はちょっとした高台になっていて、グロッケンギーサーヴァル通りの向かい側が見通せます。

2019111913.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2019111914.jpg



さて、ファサードに近づいていきます。

2019111915.jpg



ファサード近くから上方を見上げると、とても美しい装飾や彫像に感銘を覚えます。

2019111916.jpg



ファサードを抜けて、美術館の中に向かいます。

2019111917.jpg



エントランスロビーにある窓口でチケットを購入します。

2019111918.jpg



ところで一昨日に駅のツーリストインフォメーションで今日の分のハンブルクカードも購入済です。このハンブルクカードを提示して、割引料金でチケットを購入しましょう。

2019111919.jpg



ハンブルクカード割引で一人10ユーロでチケットが買えました。

2019111920.jpg



荷物もコインロッカーに預けて、身軽になって鑑賞しましょう。が、ロッカーに預けるコインがありません。まずは、お土産を物色。配偶者がいつも重宝しているショッピングバッグを購入します。デザインは配偶者の大好きなマルクの絵です(マルクお得意の動物の絵ですが、配偶者によるとこの動物は青い狐とのこと・・・なるほどね)。こちらのショッピングバッグは大きくて使いやすいのだそうです。12.9ユーロでした。

2019111921.jpg



では、カメラ一つの手軽さで鑑賞スタートです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR