fc2ブログ
 
  

来年5月のウィーンの旅・・・ウィーン・フィルとベルリン・フィルでマーラーを @ウィーン楽友協会

おっと、危なかった! 危うく大事なチケットを買い損なうところでした。

以下は以前の記事で書きましたね。

‐--------------------------------------------------

来年はヨーロッパ遠征も30周年になるのを機にヨーロッパ遠征は一応の打ち止めとしたいと考えています。
で、最後はヨーロッパ遠征の起点となったウィーンでぱーっと祝宴を開こうと思っています。家族や親しい友人たちと一緒にお祝いの会です。saraiと配偶者のお誕生会も兼ねます。
音楽を聴くためにヨーロッパ遠征を続けてきたsaraiですから、音楽なしのパーティーはありえません。ウィーンで音楽と言えば、やはり、ウィーン・フィル。まさか、ウィーン・フィルをまるまる借り上げることは無理ですが、ウィーン・フィルのメンバー4人に来てもらって、弦楽四重奏曲を弾いてもらうことで計画を進めています。

‐--------------------------------------------------

ということで、ウィーンに行くからには音楽三昧しないとね。ウィーンも最後ですから・・・。そのウィーンに5月はベルリン・フィルがやってきて、楽友協会でウィーン・フィルと土日の二日間でちょっとしたマーラー・ツィクルスを繰り広げてくれます。計4回のコンサートです。そのチケットの売り出しが今日だったのですが、すっかり忘れていました。念の為に楽友協会のサイトでリマインダーのメールを送ってもらう設定にしていたのですが、現在、PCのメールソフトが不調で、Eメールに目を通すのが遅れていまい、気が付いたときにはとっくに売り出し開始済。慌てて、楽友協会のチケットサイトを覗くと、ほとんどいい席は売り切れ。何とかまあまあの席をゲットし、ほっとしました。

コンサートの内容は以下です。

ダニエル・バレンボイム指揮ウィーン・フィル
 1回目 マーラー:亡き子を偲ぶ歌、交響曲第5番
 2回目 マーラー:交響曲第7番

キリル・ペトレンコ指揮ベルリン・フィル
 1回目 マーラー:リュッケルト歌曲集、交響曲第4番
 2回目 マーラー:交響曲6番

ついでにその前日のウィーン放送交響楽団のマーラーも聴いちゃいます。

 マリン・オールソップ指揮ウィーン放送交響楽団
  ツェムリンスキー:合唱と管弦楽のための詩篇第13番
  エーリッヒ・ツァイスル:ヘブライのレクイエム 詩篇92番
  マーラー:交響曲第1番

ということで、3日でマーラーの交響曲を5曲も聴けるんです。4月末には、ウィーン・コンツェルトハウスでラトル指揮ロンドン交響楽団のマーラーの交響曲第4番も聴けるかもしれません。来年はベートーヴェン・イヤーですが、ウィーンはまるでマーラー・イヤーみたいです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

はじめまして。私も同じ時期にウィーン滞在の計画をしており、楽友協会でのベルリンフィルのチケットを購入しました。が、新型コロナの件で、そもそも旅行に出られるのかどうか、高齢の母と一緒ですので非常に心配しています。
4月下旬までは様子を見るつもりですが、キャンセルも覚悟しておかなければという気持ちです。

No title

kicoさん、初めまして。saraiです。

心配ですね。私はそのまま、沈静化するのを待っています。シュターツオーパーのチケットも購入しました。何としても行こうとは思っています。

ウィーンでご一緒できればいいですね。

No title

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。
人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR