fc2ブログ
 
  

バイロイト散策:目抜き通りのマクシミリアン通り

2018年8月23日木曜日@ハンブルク~バイロイト/4回目

北ドイツのハンブルクHamburgを出て、長時間の鉄道旅でバイロイトBayreuthに着いたところです。すぐに出るバスは乗り損ねたので別経路の10分後のバスを待ちます。駅前のバーンホフ通りBahnhofstraßeの先にはバイロイト祝祭劇場Bayreuther Festspielhausの重厚な姿が見えています。

2020011401.jpg



予定通りにバスが到着。バスのドライバーからチケットを買い求めて、乗車します。

2020011402.jpg



しっかりシミュレーションができていて、バイロイトの旧市街近くのホテルに無事到着。ホテルはH4 ホテル レジデンツシュロス バイロイトH4 Hotel Residenzschloss Bayreuth。この春に改装したばかりの4つ星ホテルです。ホテルは夏季料金で馬鹿高いことを除けば、実に快適なホテルです。そうそう、旅している途中で、ホテルと祝祭劇場の往復の足が気になって、当初予約していたホテルを解約し、このホテルに変更したんです。このホテルは祝祭劇場との無料送迎シャトルサービスがあるんです。祝祭劇場に出かける前にお祝いのシャンパンも飲ませてくれるんだとか・・・。でも、超高い。このホテルはシーズンオフは激安の筈です。この時期ですから仕方ありませんが、我々の旅としては破格の高さです。しっかりホテルのレセプションのお姉さんの説明を聞きながら、チェックインです。ここまでは、マイカーなの?タクシーなの?と訊かれ、バスと答えるとニッコリ笑われます。我々の3日間宿泊する部屋は最上階の立派な部屋です。
快適なクイーンサイズのベッド。

2020011403.jpg



ポットやコーヒーメーカーも完備。

2020011404.jpg



使いやすそうなデスク。横にはしっかりとコンセントも装備されています。

2020011405.jpg



設備は改装したてで真新しくて、気持ちがいいです。

2020011406.jpg



リクエスト通り、バスタブ付きの部屋です。

2020011407.jpg



バイロイト音楽祭は快適なホテルで過ごせそうです。でも、この部屋は後から楽しむことにして、早速、初めてのバイロイトの町に繰り出すことにします。部屋に滞在した時間はわずか5分ほどです。部屋を出て、1階のロビーあたりに行くと、お洒落なバーカウンターが目に付きます。

2020011408.jpg



ロビーにはバイロイトに欠かせない人が腰掛けています。リヒャルト・ワーグナーです。ちょっと目礼します。

2020011409.jpg



レセプションで、シティマップをもらおうと思うと、日本人のご夫妻が何やら話し込んでいます。

2020011410.jpg



ちょっと待って、首尾よくシティマップをいただきます。その地図を片手にホテルの前に出ます。

2020011411.jpg



旧市街はすぐそこなので、ぶらぶら歩いていくことにします。ホテルの前の大通り、エアランガー通りErlanger Straßeを歩いていけば、旧市街はすぐのようです。

2020011412.jpg



歩いて5分ほどで旧市街の入り口にさしかかります。

2020011413.jpg



ここでエアランガー通りを渡って、旧市街に入ります。ヤーン通りJahnstraßeです。お店が通りの両側に並んでいます。

2020011414.jpg



目抜き通りのマクシミリアン通りMaximilianstraßeに出ます。通りの先に福音教会Spitalkircheが見えています。

2020011415.jpg



通りにある紳士服専門店のショーウィンドウにはタキシードが飾られて、ワーグナーの写真もあります。ワーグナーの聖地、バイロイトらしい雰囲気です。

2020011416.jpg



マクシミリアン通りを進むと賑やかな一画にさしかかります。

2020011417.jpg



配偶者は目ざとく、花屋さんを横目でちらり。

2020011418.jpg



賑やかなマクシミリアン通りを進んでいきます。

2020011419.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2020011420.jpg



目指すはバイロイト辺境伯歌劇場Markgräfliches Opernhausです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR