FC2ブログ
 
  

バイロイトを発って、ハイデルベルクへ出発

2018年8月26日日曜日@バイロイト~ハイデルベルク

旅の14日目、バイロイトBayreuthの4日目です。

2日間のバイロイト音楽祭Bayreuther Festspieleでの素晴らしいワーグナー体験で今回のヨーロッパ遠征も山を越えました。あとはゆっくりとヨーロッパの文化を味わいます。今日はバイロイトを発って、ハイデルベルクHeidelbrgに向かいます。バイロイトから鉄道で、ニュルンベルクNürnbergとシュトゥットガルトStuttgartで列車を乗り継いで、4時間ほどでハイデルベルクHeidelbergに到着予定です。

9時に起きると、真っ青な青空です。とっても寒いですが、だんだん温かくなるでしょう。ちゃっちゃっと用意をして出発です。チェックアウトしてタクシーをお願いします。10分ちょっと待ってと言われ、ホテル前のベンチで待ちます。

2020020101.jpg



3日間、お世話になった高級ホテルの上には青空が広がっています。

2020020102.jpg



ホテルの前の通りの向かいにはバイロイトの市街墓地Stadtfriedhofの緑が見えています。すぐそこに見えている塔のある建物のお隣がフランツ・リストのお墓ですが、このときは知りませんでした。ちゃっと見てくるんでした。今更ながら残念です。

2020020103.jpg



ホテルから散歩に出かけてくる人もいますが、皆さん寒そうです。そろそろ催促したくなる頃に、ようやくタクシーが来て、駅まで運んでもらいます。バスを利用しなかったのは、今日は日曜ダイヤでバスが極端に少なく、適当な時間のバスがなかったからです。駅に着いた時は、まだ余裕の時間なので焦ることはありません。朝食を調達しましょう。パン屋さんに行きますが、そろそろサンドイッチにも飽きてきました。そうそうこの駅にはマクドナルドが隣接してたことを、思い出しました。昨日はショッピングモールでバイロイトにはマックは似合わないと思ったばかりですが、今日はバイロイトを離れるので、バイロイトを出た電車の中で食べるには、たまには、ハンバーガーも良いでしょう。隣にあるマックの店舗に移動。

2020020104.jpg



さて、何にするか、大きく表示されているメニューを吟味します。

2020020105.jpg



似ていて非なるもので、ここのハンバーガーは、バーガーではなくマフィンです。バイロイトはそうなのね。ホットサンドもあります。なかなか美味しそうです。それらをスタッフのお姉さんに確認しながら注文します。

2020020106.jpg



マックの朝食をゲットして、ホームに出ます。結構、混雑しています。

2020020107.jpg



まだ、電車の時間まで10分ほど、あります。駅の構内を見渡します。反対方向のバンベルク行きは空いていますね。

2020020108.jpg



配偶者がふと遠くを見て、祝祭劇場Bayreuther Festspielhausが丘の上に見えていることに気付きます。

2020020109.jpg



慌てて、saraiも眺めます。確かに祝祭劇場です。

2020020110.jpg



祝祭劇場の姿にじっと目をこらします。素晴らしい音楽を楽しませてもらいました。さようなら。

2020020111.jpg



電車が入ってきます。2両編成で、ファーストクラスはその一部で10席ほどで予約席なし。ほとんど満席になります。座れないとどうするのかしらね。今日は日曜日のせいか、グループも多く、セカンドクラスも混み合っています。
これがネットで購入済のバイロイトから、ニュルンベルク、シュトゥットガルト経由でハイデルベルクまでのファーストクラスの格安チケット(Sparpreise)です。二人で83ユーロ、日本円で1万円ほどです。

2020020112.jpg



電車がバイロイトの駅を離れると、早速、マックの朝食です。

2020020113.jpg



車窓には田舎の田園風景が広がります。

2020020114.jpg



森やトンネルを抜けていきます。

2020020115.jpg



晴れ渡る夏空の下、電車は順調に走っていきます。

2020020116.jpg



ニュルンベルクNürnbergに定刻に到着です。

2020020117.jpg



ニュルンベルクからはシュトゥットガルトStuttgart行きのIC(インターシティ)に乗り換えます。指定席なので、慌てずに乗り換えです。指定席の12号車の前に到着。

2020020118.jpg



このICの先頭の機関車です。

2020020119.jpg



ニュルンベルクからシュトゥットガルトまでは2時間ちょっとの鉄道の旅です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR