fc2ブログ
 
  

真空管アンプの復活・・・お帰りなさい! QUAD22/QUADII

saraiの愛機、真空管式ヴィンテージアンプのQUAD22/QUADIIが故障して、数年、その素晴らしい音とご無沙汰していました。昨夜、急にどうにかしないといけないと思い立って、ネット上の情報をあさり、修復計画を練りました。そして、今日、修復開始。故障状況を再確認します。音はまったく鳴りません。アンプの稼働状況を見ると、パワーアンプQUADIIの2台のうち、1台はすべての真空管が点灯していますが、もう1台は真空管がすべて消灯しています。したがって、パワーアンプQUADIIの1台が故障していると当たりをつけます。念の為、コントロールアンプQUAD22からのパワーアンプQUADIIの2台への配線を入れ替えますが、状況は変わりません。これでコントロールアンプQUAD22の故障ではないと確信できます。
次はパワーアンプQUADIIの2台の真空管を総入れ替えしてみます。パワーアンプQUADIIには、GEC社製KT66が2本、MULLARD社製EF86が2本、MULLARD社製GZ32が1本、計5本の真空管が搭載されています。いずれも1960年代の英国製の高価な真空管です。もし、真空管が故障していれば、オークションサイトEBAYで代替用の真空管を調達することになります。特にGEC社製KT66は高価であり、また、本物を見つけるのは大変です。しかしながら、真空管を入れ替えても状況は変わらないので、どうやら、真空管の問題ではなさそうです。少し安堵します。
これが問題のパワーアンプQUADIIです。

2020021201.jpg



ということは、整流管のGZ32のヒーターも点火していないので、電源からの電流がまったく通じていないことになります。断線とか接点不良でしょうか。電源トランスの不良ということも考えられます。その場合は厄介です。代替部品の見当もつきません。とりあえず、内部の配線を確認しましょう。回路図と照合しながら、内部の配線を確認します。すると、整流管GZ32のソケットの口の一つの金具がぐらついています。これが原因かと思い、テスターをあてて、導通をチェックします。しかし、これは問題なしでした。再び、配線のチェックを行います。そして、発見!! 交流電源からの電線をトランスにつなぐ配線のはんだ付けが外れています。ここをしっかりとはんだ付けし直します。

2020021202.jpg



これがはんだ付けし直した箇所の拡大写真。saraiにしては、まあまあのはんだ付けです(笑い)。

2020021203.jpg



さあ、テストしましょう。電源スイッチを入れてみます。おっ、真空管が赤く点灯します。しかし、何故か、整流管GZ32だけが点灯しません。ソケットへの差し込みミスでした。差し込み直して、再び、電源スイッチを入れると、すべての真空管が点灯します。

さあ、次は音出しです。PCとUSBオーディオのKORGのDS-DAC-10Rをつなぎ、USBオーディオとコントロールアンプQUAD22をつなぎます。バルトークのヴァイオリン協奏曲を聴いてみます。素晴らしい音がスピーカーから響いてきます。修復成功です。数年ぶりに聴く真空管アンプの音です。この澄み切った高音の伸びは真空管アンプだけが鳴らせる音です。では、テストがてら、明日のコンサートに向けた予習をしましょう。ベートーヴェンの最高傑作とも思われる弦楽四重奏曲第14番 Op.131をリンゼーズの演奏で聴きます。素晴らしい音、素晴らしい音楽でした。しばらく忘れかけていた音に再会しました。ただ、課題もあります。今回修復したパワーアンプQUADIIは快調に鳴りますが、もう1台のパワーアンプQUADIIは時折、かなりの雑音が鳴ります。こちらの修復も必要なようです。

ヴィンテージアンプは音も素晴らしいですが、メンテナンスも必要です。まあ、それも楽しみの一つですけどね。

最後に我が家のオーディオ装置の構成を書いておきましょう。

音楽プレーヤー:ノートPC Lenovo YOGA 900S(ファンレス、SSDで無音仕様)
        プレーヤーソフト、AUDIOGATE4
        USBオーディオ、KORG DS-DAC-10R
CDプレーヤー:QUAD67CD(ほとんど聴いていません) 予備 Wadia23
レコードプレーヤー:Pioneer PL-50LII
カートリッジ:Ortofon MC30Super
昇圧トランス:Ortofon T20MK2
コントロールアンプ:QUAD22 サブ QUAD33
パワーアンプ:QUADIIx2 サブ QUAD606(予備 QUAD405)
スピーカー:タンノイ社、Edinburgh


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







関連記事

テーマ : オーディオ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

たかぼんさん、初めまして。saraiです。

嬉しいコメント、ありがとうございます。ブッシュ四重奏団は素晴らしいですよ。とりわけ、第14番は最高です。
もっとも、ブッシュ

09/17 02:04 sarai

とても素晴らしいお話をお聞かせ頂き感謝いたします。
私は今まで、後期の4曲はブダペスト四重奏団できまり!と思っておりました。
ブッシュ四重奏団は別なレコード(死

09/16 13:52 たかぼん

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR