fc2ブログ
 
  

フルトヴェングラーのお墓参りの後はハイデルベルクの町歩き

2018年8月27日月曜日@ハイデルベルク/4回目

ハイデルベルクHeidelbrgはフルトヴェングラーが眠る町。フルトヴェングラーが眠る墓地ベルクフリートホフBergfriedhofで感銘のひとときを過ごしました。

その後、バスセンター、ビスマルクプラッツBismarkplatzに戻りました。ここから、ハイデルベルクの町歩きをします。
その前にバス停のすぐ近くにある大きなショッピングモールが気になったので、ちょっと寄り道。入って、びっくり。大きなアジア食材売り場があります。もちろん、その中に日本の食材も豊富にあります。これは麺コーナー。讃岐うどんから冷麦まで並んでいます。

2020030201.jpg



カップ麺も袋麺も豊富にありますが、エスニックが多いかな。

2020030202.jpg



おおっ、我が出前一丁がずらりと品揃え。

2020030203.jpg



和風陶器まで揃っています。

2020030204.jpg



冷凍食品を覗くと、枝豆があります。

2020030205.jpg



日本酒まであるのにびっくり。久保田がありますね。それも千壽という頃合のお酒です。一体、誰が買うんでしょうね。

2020030206.jpg



ハイデルベルクに日本人コロニーでもあるんでしょうか。驚きつつ、ショッピングモール、ガレリア・カウフホーフGaleria Kaufhof Heidelbergを出ます。
さて、ビスマルクプラッツは旧市街の入り口なので、ここから旧市街へ伸びるメインストリート、ハウプト通りHauptstraßeを歩いていきましょう。人通りも多く、お店も並んでいます。

2020030207.jpg



町の地図の看板もあります。ハウプト通りはネッカー川と並行して、聖霊教会Heiliggeistkircheのあるマルクト広場Marktplatzまで続いています。

2020030208.jpg



通り沿いのベンチも変わっています。銅像が座っています。

2020030209.jpg



綺麗なアーケードもありますね。

2020030210.jpg



ハウプト通りを進んでいきます。

2020030211.jpg



おや、この通りにもハイデルベルク大学のキャンパスがあります。さすがに大学の町ですね。

2020030212.jpg



キャンパスはこの建物のようです。キャンパスの前はアナトミエガルテンAnatomiegartenという公園になっていて、銅像も立っています。

2020030213.jpg



ハウプト通りには、洋服屋や靴屋、雑貨屋、食べ物屋さんが並んでいます。

2020030214.jpg



街角に花屋さんがあり、配偶者が覗き込みます。

2020030215.jpg



日本と同じような花しかなさそうです。

2020030216.jpg



パン屋が多く、驚くほどのパンが並べられ充実しています。そんなにパンを食べるのね。

2020030217.jpg



アイスクリーム屋も多いです。

2020030218.jpg



シュメルツプンクトSchmelzpunkt Heidelbergという大きなアイスクリームとチョコレートのお店です。

2020030219.jpg



中国料理・韓国料理・ケバブ・イタリアン・ビール屋などが多いのですが、すし屋はありません。このお店は憩い?IKOIという名前の寿司レストランということですが、メニューを見る限り、違うような気がします。

2020030220.jpg



それに、ケーキ屋さんが見当たりません。お昼代わりに、どっしりとしたドイツケーキを食べたいと探しているのです。ハウプト通りをさらに進みましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR