fc2ブログ
 
  

フィエーゾレの丘を散策し、いざ、フィレンツェで買い物

2009年5月2日土曜日@フィレンツェ/3回目

フィエーゾレFiesoleの丘からの素晴らしい眺めを楽しみながら、しばしの静かな時を過ごし、再び、坂道を上って、サン・フランチェスコ修道院Convento San Francescoに向かいます。

2009062901.jpg



大きな修道院ではありませんが、僧房を伴う不思議に安らぎのある修道院です。修道院の前には小さな緑の広場があります。

2009062902.jpg



修道院にはいると、中庭への扉も開かれています。ふらっと入ってみると、とても小さな庭ですが、中央に井戸があり、草花が咲き、美しく、心落ち着く場所です。

2009062903.jpg



中庭の周りにはちょっとしたイタリア式回廊があり、印象的なフレスコ画が飾られています。

2009062904.jpg



この中庭でしばしの時を過ごします。

2009062905.jpg



今度は裏道を通って、ドゥオーモCattedrale di San Romoloの方に戻ります。

2009062906.jpg



草原には可愛い白い花がひっそりと咲いています。

2009062907.jpg



このフィエーゾレの丘は、ローマ人が来る前にエトルリア人が街を築いたそうです。その遺跡や、ローマ人の作った劇場跡などがある遺跡保護地区にもなっています。裏道からは遠くに遺跡らしきものが見えます。

2009062908.jpg



石を積み上げた石塀が続く道があります。古い歴史を感じさせる地区です。

2009062909.jpg



ドゥオーモ近くに戻ると遺跡地区への入口があります。入ってみましょう。遺跡の中心はローマ劇場跡Teatro Romanoです。

2009062910.jpg



ローマ劇場のまわりには美しい公園が広がっています。広大な遺跡保護地区です。

2009062911.jpg



とりあえず、saraiはこのローマ劇場を下りていき、下からバンザイ! 綺麗な自然の中ではしゃいでます。

2009062912.jpg



配偶者はローマ劇場の観客席の上方でゆっくりと休んでいます。

2009062913.jpg



遺跡の中には春を待っていたように小さなかわいい草花が咲き乱れています。

2009062914.jpg



saraiはローマ劇場の奥まで進んで、そこから振り返ると、ローマ劇場の観客席の全貌が見渡せます。

2009062915.jpg



遺跡の周りは素敵な散歩道になっています。

2009062916.jpg



汗ばむような陽気の中、小鳥の鳴き声や教会の打ち鳴らす鐘の音を聞きながらそぞろ歩きます。

2009062917.jpg



古代遺跡は綺麗に整備されて、気持ちのよい空間が広がります。

2009062918.jpg



遺跡の奥のほうはそのまま緑の丘に続いていきます。ローマのフォロロマーノとは比較もできませんが、人も少なく、静かな自然に囲まれて、古代ローマ時代を偲ぶことができます。

2009062919.jpg



再び、ローマ劇場の上に戻ってきました。十分に古代遺跡を鑑賞しました。

2009062920.jpg



ところで、このローマ遺跡のなかにフィエーゾレ博物館Musei di Fiesoleがあり、過去の遺物が展示されており、一応、見てまわりますが、一番奥まで行くと、何故か、そこでは、ドイツの文豪へルマン・ヘッセの描いた水彩画の展示会をやっています。珍しいところで、珍しいものを鑑賞してしまいました。

ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2009062921.jpg



さあ、街に戻りましょう。また、ドゥオーモ前の広場でバスに乗り、フィレンツェ中央駅Stazione Centrale前のバス停まで30分ほどです。
いったんホテル(駅の近く)に戻ります。今日は朝早くからの行動でしたから、まだ、午後1時過ぎです。黄色い外観が綺麗なホテル・アルバーニです。

2009062922.jpg



部屋に戻って、お目当てのシーフードが美味しいと評判のアルノ川河畔のレストランに夕食の予約を入れます。ヨーロッパのレストランは事前のテーブル予約が基本です。名前と人数と時間を伝えるだけなので、ちょっとした英語で十分通じます。フィエーゾレでは、ずい分、歩き回りまったので、ホテルの部屋で少し一息ついて、また元気よくフィレンツェの町の散策に出かけます。まだ、午後早い時間です。

フィレンツェには、グッチとフェラガモの本店があります。やはり無視は出来ませんよね。ブランドショップ通りに向かう途中で、カフェの有名店でパスタを頂いて、いざ出陣。ウフフ・・・買いました!

2009062923.jpg



買い物をすませ、さて夕食までの時間をどう過ごそうかと考えていると、saraiは少し具合が悪くなります。歩いているとお腹がシクシク痛みます。極端に歩みがのろくなります。困ったね。ウロウロしていても仕方がないので、配偶者の提案でいったんホテルに帰ることにします。といっても歩いて帰るわけにはいきません。近くにバス停があるので、バスを待つことしばし。バスはたいてい駅行きなので、こんなときは駅近くのホテルは便利。ホテルに戻り、少し横になります。痛みはひどくはないのですが、旅はまだ始まったばかり。大事をとって、レストランの予約をキャンセルして、ホテルで休息することにします。配偶者はいたって元気。で、ルームサービスで夕食を済ませることにします。ルームサービスのある立派なホテルでよかった!

明日からは、アッシジへの旅に出るので、早く寝ることにします。お休みなさい。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

最後までレビューありがとうございます。最後は時間の都合がつかず視聴できず、非常に残念でした。

アンコールも含め好評のレビューを見てますます残念ですが、お陰様でど

04/02 12:33 

michelangeloさん

saraiです。大変、ご無沙汰しています。
このたびは過分なご評価いただき、恐縮しています。

よいコンサート、オペラを聴くと、興奮して、記事を書き過

03/31 01:42 sarai

sarai様

こんばんは。

3月に8回も《トリスタンとイゾルデ》公演が開催される東京は音楽都市です。再び御感想を拝読し、改めて感じるのはsarai様のクラシック音楽オペラ公

03/29 21:28 michelangelo

《あ》さん、saraiです。

結局、最後まで、ご一緒にブッフビンダーのベートーヴェンのソナタ全曲をお付き合い願ったようですね。
こうしてみると、やはり、ベートーヴェン

03/22 04:27 sarai

昨日は祝日でゆっくりオンライン視聴できました。

全盛期から技術的衰えはあると思いましたが、彼のベートーヴェンは何故こう素晴らしいのか…高齢のピアニストとは思えな

03/21 08:03 

《あ》さん、再度のコメント、ありがとうございます。

ブッフビンダーの音色、特に中音域から高音域にかけての音色は会場でもでも一際、印象的です。さすがに爪が当たる音

03/21 00:27 sarai

ブッフビンダーの音色は本当に美しいですね。このライブストリーミングは爪が鍵盤に当たる音まで捉えていて驚きました。会場ではどうでしょうか?

実は初めて聴いたのはブ

03/19 08:00 
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR