fc2ブログ
 
  

アッシジ到着、美しい街です!

2009年5月3日日曜日@アッシジ/2回目

さて、ペルージャPerugiaの駅を通過すると、いよいよアッシジAssisiです。行く手に山が見えてきます。スバシオ山Monte Subasioでしょうか。

2009070301.jpg



スバシオ山(丘です)の中腹にアッシジの街が見えてきます。ひときわ大きく立派なのはサン・フランチェスコ聖堂Basilica di San Francesco d'Assisiでしょう。ひなびた田舎町を想像していた配偶者はびっくりしています。
アッシジ駅Assisi Stazioneに到着。アッシジ駅はスバシオ山の麓から離れたウンブリアUmbriaの平原にあるので、駅構内のキオスクでチケットを購入し、バスで街まで向かいます。これがアッシジ駅です。

2009070302.jpg



駅前のバス停では既にみんなバス待ち。

2009070303.jpg



駅前の広場は寂しい感じですね。

2009070304.jpg



30分に1本のバスは超満員です。10分ほどでアッシジの町に着きます。まずはホテルに向かい荷物を置いてきましょう。ホテルは、サン・フランチェスコ聖堂のすぐ横です。バス停のウニタ・ディタリーア(イタリア統一)広場Piazza Unità d'Italiaでバスを下りて、アッシジの城壁の中にはいり、5分ほどフラテ・エリア通りVia Frate Eliaの上り坂を上ると予約していたホテル・スバシオHotel Subasioです。ホテルの先には間近にサンフランチェスコ聖堂が見えています。このホテルはロケーションが良いのと、ウンブリア平原Pianure umbreを見渡せる眺望が良いらしいので選択しました。早速、チェックインして、眺望を確認したいところですが、まだ、着いたのが午前中で部屋が用意できていないとのこと。ベッラ・ヴィスタ(よい眺め)の部屋だよねって、再確認して、荷物を預け、街に出かけます。
まずはホテルを出て、眼下に広がるウンブリア平原の眺めを確認。素晴らしい眺めですね。この眺めがホテルの部屋からも楽しめることを期待しましょう。

2009070305.jpg



次にまずはホテルのお隣のサン・フランチェスコ聖堂に向かいます。

2009070306.jpg



聖堂が間近に迫ります。

2009070307.jpg



後ろを振り返ってみます。サン・フランチェスコ聖堂の前の広場(下部聖堂前)は黒白の石畳の筋状の模様が印象的です。広場の先には今出て来たホテル・スバシオの建物が見えています。サン・フランチェスコ聖堂に最も近いホテルです。

2009070308.jpg



アッシジは予想以上に立派な街であることは分かりましたが、日曜日のミサがあるからだけとは思えない人出。永平寺以上?かも(変な比較ですが、配偶者は福井県出身なので・・・)。サン・フランチェスコ聖堂はミサの最中なので、街の反対側のはずれにあるサンタ・キアラ聖堂Basilica di Santa Chiaraを目指してブラブラ街を散策します。

2009070309.jpg



石造りの建物に挟まれた通りは美しい雰囲気に包まれています。石のアーチの門をくぐったりします。

2009070310.jpg



この道(サン・フランチェスコ通りVia San Francesco)はずっと続きます。

2009070311.jpg



さすがにアッシジの街の通りはどこも絵になる風景です。

2009070312.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2009070313.jpg



もうすぐ、街の中心のコムーネ広場Piazza del Comuneに着きます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

最後までレビューありがとうございます。最後は時間の都合がつかず視聴できず、非常に残念でした。

アンコールも含め好評のレビューを見てますます残念ですが、お陰様でど

04/02 12:33 

michelangeloさん

saraiです。大変、ご無沙汰しています。
このたびは過分なご評価いただき、恐縮しています。

よいコンサート、オペラを聴くと、興奮して、記事を書き過

03/31 01:42 sarai

sarai様

こんばんは。

3月に8回も《トリスタンとイゾルデ》公演が開催される東京は音楽都市です。再び御感想を拝読し、改めて感じるのはsarai様のクラシック音楽オペラ公

03/29 21:28 michelangelo

《あ》さん、saraiです。

結局、最後まで、ご一緒にブッフビンダーのベートーヴェンのソナタ全曲をお付き合い願ったようですね。
こうしてみると、やはり、ベートーヴェン

03/22 04:27 sarai

昨日は祝日でゆっくりオンライン視聴できました。

全盛期から技術的衰えはあると思いましたが、彼のベートーヴェンは何故こう素晴らしいのか…高齢のピアニストとは思えな

03/21 08:03 

《あ》さん、再度のコメント、ありがとうございます。

ブッフビンダーの音色、特に中音域から高音域にかけての音色は会場でもでも一際、印象的です。さすがに爪が当たる音

03/21 00:27 sarai

ブッフビンダーの音色は本当に美しいですね。このライブストリーミングは爪が鍵盤に当たる音まで捉えていて驚きました。会場ではどうでしょうか?

実は初めて聴いたのはブ

03/19 08:00 
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR