fc2ブログ
 
  

トリュフ尽くしのディナー、その前に清貧なポルツィウンコラ

2009年5月3日日曜日@アッシジ/7回目

ホテルでしばしの休憩後、夕食のために山を下りてアッシジ駅Assisi Stazione付近のレストランに行きます。お目当ては、ご当地自慢の黒トリュフです。

お店の近くには聖フランチェスコが45歳の生涯を閉じたとても小さなポルツィウンコラLa Porziuncolaの礼拝堂を内部に収めたサンタ・マリア・デリ・アンジェリ聖堂Basilica di Santa Maria degli Angeliがあるので、少し早くホテルを出て、バスに乗り、見学することにします。朝、アッシジ駅からのバスが着いたバス停、ウニタ・ディタリーア(イタリア統一)広場Piazza Unità d'Italiaの前に出ます。広場には大きな城門があります。

2009071501.jpg



すぐにやってきたバスに乗り込みます。朝乗ったバスの逆向きですが、朝と違って、ゆったりと座れます。もう、観光客は引き上げたようですね。ところが、バスは駅に近づくと鉄道踏み切り前の交差点で渋滞に巻き込まれます。一体、こんなところでなんで渋滞するんだろう? 答えは交差点にあるマックのドライブスルー! 駐車場待ちの車の待ち行列ができていて、その影響で渋滞が起こったようです。まったく、何でイタリアでマックなんだろう! 渋滞のなか、そこそこの時間でバスは駅を過ぎて、サンタ・マリア・デッリ・アンジェリ聖堂のバス停に着きます。アッシジ駅の次のバス停がサンタ・マリア・デッリ・アンジェリ聖堂のバス停です。まずはバス停の時刻表で帰りのバスの最終便の時間を確認します。アッシジ駅まで歩いて、そこから乗るのがよさそうです。9時過ぎのバスがあります。

2009071502.jpg



サンタ・マリア・デッリ・アンジェリ聖堂は大きく立派な教会です。

2009071503.jpg



正面から見るとファサードも立派です。

2009071504.jpg



かわいい礼拝堂のポルツィウンコラはサンタ・マリア・デッリ・アンジェリ聖堂の中に違和感なく収まっています。聖フランチェスコの最後の棲家は聖人にふさわしい清貧の家です。没後に造られたサン・フランチェスコ聖堂が聖フランチェスコの意図に反するような大きさで立派過ぎると思えます。

2009071505.jpg



一通り、本当に棘のないバラ園など、この教会を見て回った後、いよいよお目当てのトラットリア・サントゥッチTrattoria Santucciに行きます。
ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2009071506.jpg



トラットリアにはお昼のうちにホテルから電話で予約を入れておきましたが、まだ、夜の開店直後でテーブルはがらがらです。

2009071507.jpg



出されたメニューはイタリア語のみで分かりづらいのですが、今日の狙いはトリュフ尽くしなので、そんなに困りません。そうそう、このあたりの中部イタリアはトリュフが名物なんです。実は2人ともトリュフは多分、初体験。どんな味・香りか、全然想像がつきません。

黒トリュフのペーストのブルスケッタ、

2009071508.jpg



黒トリュフのタリアテッレ、

2009071509.jpg



トリュフとチーズのラヴィオリ、

2009071510.jpg



トリュフ風味のソースの炭火焼牛フィレ肉、

2009071511.jpg



ティラミス、黒トリュフのジェラート

2009071512.jpg



とトリュフ尽くしの料理を食べまくり、トリュフの何たるかが少し垣間見えます。配偶者によると、香りはポルチーニ茸に近く、味はとても深く、ふわっと広がる甘みだとのことです。saraiは結構甘い風味なんだねってことで、????(よく分かりません)。でも、とても美味しかった。特に牛フィレ肉の炭火焼は絶品中の絶品。saraiの調子の悪い胃も何するものぞって感じで、ブオーノ!! しかも価格は財布に優しくリーズナブル。もちろん、土地の白ワインも美味しいしね。

この後、ライトアップされたアッシジの街を楽しみながらホテルに帰還します。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR