fc2ブログ
 
  

やっとシエナ到着! カンポ広場とドゥオーモへ

2009年5月4日月曜日@アッシジ~シエナ~サン・ジミニャーノ/3回目

さて、バスに乗り損ねるという大トラブルの後、鉄道でシエナSienaに向かいました。2度目の乗換駅、キウージ-キアンチャーノ・テルメ駅Stazione Ferroviaria di Chiusi - Chianciano Termeでようやくシエナ行きの電車に乗換えて、延々と乗ること1時間半。ようやく、シエナ駅Stazione di Sienaに到着です。
思いがけないトラブルで、予定より2時間30分以上の遅れ。すぐに市内バスに乗ってシエナSienaの旧市街に向かうことにします。まずは駅のキオスクでバスのチケットを購入します。

2009072701.jpg



駅舎を出ると、駅前の広場の向かいの建物の地下がバス乗り場になっています。バス乗り場に行くと、旧市街の中心のグラムシ広場Piazza Gramsciに向かうバスはすぐにやってきます。バスはすごく混んでいますが、何とか詰めてもらって乗り込みます。イヤ~、シエナの街は大きい。15分程で丘の上の旧市街に到着です。
グラムシ広場は大きなバスターミナルになっています。この広場の地下にバス会社の窓口があります。とりあえず、まずはサン・ジミニャーノSan Gimignano行きのバスチケットをあらかじめ購入しておきます。

2009072702.jpg



ついでにそこに荷物預かりがあるので、荷物も預けようとしたら、クローズとのこと。仕方ありませんね。荷物をガラガラひきながら、シエナ観光の目玉、カンポ広場Piazza del Campoに向かいます。アッシジAssisiとは違い、赤茶けたレンガの街並みです。

カンポ広場に到着。何度も旅番組で世界一の美しい広場と紹介されているカンポ広場。しっかり頭の中ではイメージでき、期待が膨らみます。広場をぐるりと取り囲む古い建物を抜けて広場に足を踏み入れると・・・アラ、アララララ・・・こんなもの?扇形をした珍しい広場なのですが、世界一美しいかと言われると、それほどではないでしょうと、少々興醒め。
広場の中央あたりに立って、周囲の建物を眺めます。

2009072703.jpg



広場の周囲の建物は古色蒼然とした感じです。

2009072704.jpg



広場には向かいにマンジャの塔Torre del Mangiaが見えます。そのあたりに広場を横切って歩いていきます。近くに立つとマンジャの塔は大きな塔です。

2009072705.jpg



カンポ広場の特徴は真っ平ではなく、傾斜があることと、貝殻の形の広場が8本の白いラインによって9つのスペースに区切られていることです。今、傾斜の一番低い部分に立ち、白い3本のラインを見ています。

2009072706.jpg



広場の周囲を巡る、ちょっと高い通路に上がります。

2009072707.jpg



まあ、時間も押してることだし、一応、写真だけは撮っておき、さっさと次の目的地ドゥオーモ(シエナ大聖堂)Duomo di Sienaに行きましょう。ところが、このカンポ広場は写真を撮るのがなかなか難しい。ぴたっと広場がおさまるアングルがなかなかありません。どうしても3枚の写真に分れてしまいます。


2009072708.jpg



2009072709.jpg



2009072710.jpg



この3枚を合成してみましょう。どうでしょう。広場の全体像が分かりますね。8本の白いラインが放射線状になって、広場を9つに分割しています。中央の区分の奥のほうにはガイアの泉Fonte Gaiaがありますが、遠くて、よく見えません。あとで広場に戻ってきたときにもう一度、ちゃんと見てみます。

2009072711.jpg



広場の向かい側に行き、マンジャの塔とプッブリコ宮(市庁舎)Palazzo Pubblicoを鑑賞します。

2009072712.jpg



マンジャの塔とプッブリコ宮の上部を撮影。

2009072713.jpg



最後は動画に撮って終了にします。さあ、ドゥオーモはカンポ広場からは歩いて10分足らずです。急いで移動です。石造りの重厚な建物に挟まれた石畳の道、チッタ通りVia di Cittàを進みます。

2009072714.jpg



おっ、ドゥオーモ(シエナ大聖堂)はなかなかファサード(正面の装飾)の美しい壮麗な建物です。こちらはあまり期待していなかっただけに、嬉しくなります。

2009072715.jpg



正面に回りこんで、ファサードをじっくりと鑑賞。

2009072716.jpg



ここまでのシエナの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2009072717.jpg



では、ドゥオーモの中にもはいってみましょう。ファサードの間近に近寄ります。

2009072718.jpg



入り口は左側です。

2009072719.jpg



えっ、教会なのに入口で入場チケットを販売しています。教会って、普通、無料ですよね? まあ、いいでしょう。この後、ドゥオーモ付属美術館Museo dell'Opera Metropolitanaにも入る予定なので、フルチケットを購入します。なかにはいると、まるで宮殿か美術館かという豪華さです。さすがにフィレンツェと覇権を競っていたシエナのドゥオーモだけのことはあります。
これは北側の主祭壇です。

2009072720.jpg



振り返って、南側の入り口のほうを眺めます。素晴らしい身廊です。高い天井のゴシック空間が広がります。黒白ボーダーの大理石の柱の美しさに魅せられます。

2009072721.jpg



とりわけ、床一面の装飾の素晴らしさに驚かされます。

2009072722.jpg



床面のデザインは大理石の象嵌によって構成されています。

2009072723.jpg



ペガサスの模様も美しいです。

2009072724.jpg



中央祭壇のほうに近づいていくと、クロッシングのあたりはゴシック様式建築の高いドームで豪華絢爛って感じです。

2009072725.jpg



ドームの下(クロッシング)まで行って、上を見上げると、天井画はありませんが、立派なドームの天井です。

2009072726.jpg



ドゥオーモの左手には、ピッコロミニ図書館Biblioteca Piccolominiがあります。これは必見です。壁面は美しいフレスコ画でまさに輝いています。

2009072727.jpg



このピッコロミニ図書館はシエナの名門貴族ピッコロミニ家出身のローマ法王ピウス2世によるもので、壁面の10枚のフレスコ画はピウス2世の人生の重要なシーンが描かれています。
明るい窓辺には中央に立つ3美神の像がシルエットになっています。

2009072728.jpg



壁のフレスコ画の下のガラスケースにはピウス2世のコレクションの聖歌譜(15世紀の聖歌集)が並んでいます。聖歌譜が収められているから、ここは図書館(書庫)と呼称されています。

2009072729.jpg



部屋中央の3美神の彫像と壁のフレスコ画はこの美し過ぎる部屋の精華です。

2009072730.jpg



この後は、ドゥオーモ付属美術館の展望塔から、シエナの素晴らしい眺望を楽しみます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR