fc2ブログ
 
  

サン・ジミニャーノの美味しいトスカーナ料理

2009年5月4日月曜日@アッシジ~シエナ~サン・ジミニャーノ/5回目

シエナSienaからバスに揺られ、20分遅れほどで、ようやく、サン・ジミニャーノSan Gimignanoに到着。
この街は古くからの塔が林立することで有名な街で、バスが街に近づくと異様な風景が広がります。バス停のあるポルタ・サン・ジョバンニPorta San Giovanniからは今夜泊まるホテルまでは歩いて10分足らずです。泊まるホテルはチステルナ広場Piazza della Cisternaの名前を冠した由緒あるホテルです(ホテル ラ チステルナHotel La Cisterna)。近づくと、ツタの絡んでいる建物なのですぐ分かります。

2009073101.jpg



チェックインするともう8時。それでも部屋にはいると、まだ窓の外は明るくてまわりのトスカーナ平原Pianure Toscaneが見渡せます。事前にトスカーナ平原が眺められる部屋をリクエストしていました。今回の旅は徹底的に眺めにこだわってみました。

2009073102.jpg



窓から身をのりだして、風景を眺めます。右手のほうから、順に眺めていきます。うーん、素晴らしい絶景です。

2009073103.jpg



2009073104.jpg



2009073105.jpg



お部屋自体はかわいい感じの部屋です。

2009073106.jpg



何故か、ドアをはいったフロアからベッドの置いてあるフロアが一段高くなっています。

2009073107.jpg



浴室にはバスタブも完備。いいですね。

2009073108.jpg



木組みの天井もいい雰囲気です。

2009073109.jpg



ともあれ、今夜、予定していたレストランに急ぎましょう。レストランの場所をホテルのレセプションで教えてもらい、出発。サン・ジミニャーノの夕方の小路を楽しみながら、町はずれの道、ロミテ通りVia delle Romiteを歩きます。

2009073110.jpg



そこそこの時間でロミテ通り沿いにあるレストランに到着。今夜のレストランはトスカーナ郷土料理で有名なリストランテ・ベッポーネRistrante Da Bepponeです(2020年現在、同じトスカーナ料理ですが、別の名前のレストラン、Il Ceppo Toscanoに変わっています。)。

2009073111.jpg



このお店ではサン・ジミニャーノ特産の白ワイン(ヴェルナッチャ・ディ・サン・ジミニャーノ)もお目当てです。デカンタで白のハウスワインをお願いしましたが、期待通り、微発泡性の口当たりのよいワインです。

2009073112.jpg



仄暗い店内はとてもよい雰囲気です。

2009073113.jpg



チーズとコショウのピーチ(トスカーナ名物の手打ち太麺パスタ)、

2009073114.jpg



トスカーナ風の野菜煮込み、

2009073115.jpg



トスカーナ風牛フィレのグリル、

2009073116.jpg



ピザ・マルゲリータ、

2009073117.jpg



と料理は運ばれてきました。どれも美味しかったけど、もう食べられない・飲めない状態で退散。ドルチェも食べたかったのにね。いやはやね・・・。混み合っていた店内も帰る頃にはすっかりと静かになっています。

2009073118.jpg



お店を出ると、さすがに外はもうまっくら。気持ちのよい春の夜を楽しみつつ、ホテルに戻ります。
ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2009073119.jpg



ホテルで早く今日の記事をアップし、明日早起きして、朝日のトスカーナ平原を楽しもうと思いますが、ネットがつながりません。というより、電話が外線にどうしてもつながりません。これはもうきっと、ホテルの交換機がおかしいですね。レセプションに電話するとチェックしてみますとのこと。しばらくすると、あっさりとつながります。ちゃんとやってね。

というところで慌しい1日も終わります。既に配偶者はぐーぐーと寝入っています。それでは、saraiも寝ることにしましょう。
明日はサン・ジミニャーノの素晴らしい朝を期待しましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR