fc2ブログ
 
  

サン・ジミニャーノの美味しいトスカーナ料理

2009年5月4日月曜日@アッシジ~シエナ~サン・ジミニャーノ/5回目

シエナSienaからバスに揺られ、20分遅れほどで、ようやく、サン・ジミニャーノSan Gimignanoに到着。
この街は古くからの塔が林立することで有名な街で、バスが街に近づくと異様な風景が広がります。バス停のあるポルタ・サン・ジョバンニPorta San Giovanniからは今夜泊まるホテルまでは歩いて10分足らずです。泊まるホテルはチステルナ広場Piazza della Cisternaの名前を冠した由緒あるホテルです(ホテル ラ チステルナHotel La Cisterna)。近づくと、ツタの絡んでいる建物なのですぐ分かります。

2009073101.jpg



チェックインするともう8時。それでも部屋にはいると、まだ窓の外は明るくてまわりのトスカーナ平原Pianure Toscaneが見渡せます。事前にトスカーナ平原が眺められる部屋をリクエストしていました。今回の旅は徹底的に眺めにこだわってみました。

2009073102.jpg



窓から身をのりだして、風景を眺めます。右手のほうから、順に眺めていきます。うーん、素晴らしい絶景です。

2009073103.jpg



2009073104.jpg



2009073105.jpg



お部屋自体はかわいい感じの部屋です。

2009073106.jpg



何故か、ドアをはいったフロアからベッドの置いてあるフロアが一段高くなっています。

2009073107.jpg



浴室にはバスタブも完備。いいですね。

2009073108.jpg



木組みの天井もいい雰囲気です。

2009073109.jpg



ともあれ、今夜、予定していたレストランに急ぎましょう。レストランの場所をホテルのレセプションで教えてもらい、出発。サン・ジミニャーノの夕方の小路を楽しみながら、町はずれの道、ロミテ通りVia delle Romiteを歩きます。

2009073110.jpg



そこそこの時間でロミテ通り沿いにあるレストランに到着。今夜のレストランはトスカーナ郷土料理で有名なリストランテ・ベッポーネRistrante Da Bepponeです(2020年現在、同じトスカーナ料理ですが、別の名前のレストラン、Il Ceppo Toscanoに変わっています。)。

2009073111.jpg



このお店ではサン・ジミニャーノ特産の白ワイン(ヴェルナッチャ・ディ・サン・ジミニャーノ)もお目当てです。デカンタで白のハウスワインをお願いしましたが、期待通り、微発泡性の口当たりのよいワインです。

2009073112.jpg



仄暗い店内はとてもよい雰囲気です。

2009073113.jpg



チーズとコショウのピーチ(トスカーナ名物の手打ち太麺パスタ)、

2009073114.jpg



トスカーナ風の野菜煮込み、

2009073115.jpg



トスカーナ風牛フィレのグリル、

2009073116.jpg



ピザ・マルゲリータ、

2009073117.jpg



と料理は運ばれてきました。どれも美味しかったけど、もう食べられない・飲めない状態で退散。ドルチェも食べたかったのにね。いやはやね・・・。混み合っていた店内も帰る頃にはすっかりと静かになっています。

2009073118.jpg



お店を出ると、さすがに外はもうまっくら。気持ちのよい春の夜を楽しみつつ、ホテルに戻ります。
ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2009073119.jpg



ホテルで早く今日の記事をアップし、明日早起きして、朝日のトスカーナ平原を楽しもうと思いますが、ネットがつながりません。というより、電話が外線にどうしてもつながりません。これはもうきっと、ホテルの交換機がおかしいですね。レセプションに電話するとチェックしてみますとのこと。しばらくすると、あっさりとつながります。ちゃんとやってね。

というところで慌しい1日も終わります。既に配偶者はぐーぐーと寝入っています。それでは、saraiも寝ることにしましょう。
明日はサン・ジミニャーノの素晴らしい朝を期待しましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

最後までレビューありがとうございます。最後は時間の都合がつかず視聴できず、非常に残念でした。

アンコールも含め好評のレビューを見てますます残念ですが、お陰様でど

04/02 12:33 

michelangeloさん

saraiです。大変、ご無沙汰しています。
このたびは過分なご評価いただき、恐縮しています。

よいコンサート、オペラを聴くと、興奮して、記事を書き過

03/31 01:42 sarai

sarai様

こんばんは。

3月に8回も《トリスタンとイゾルデ》公演が開催される東京は音楽都市です。再び御感想を拝読し、改めて感じるのはsarai様のクラシック音楽オペラ公

03/29 21:28 michelangelo

《あ》さん、saraiです。

結局、最後まで、ご一緒にブッフビンダーのベートーヴェンのソナタ全曲をお付き合い願ったようですね。
こうしてみると、やはり、ベートーヴェン

03/22 04:27 sarai

昨日は祝日でゆっくりオンライン視聴できました。

全盛期から技術的衰えはあると思いましたが、彼のベートーヴェンは何故こう素晴らしいのか…高齢のピアニストとは思えな

03/21 08:03 

《あ》さん、再度のコメント、ありがとうございます。

ブッフビンダーの音色、特に中音域から高音域にかけての音色は会場でもでも一際、印象的です。さすがに爪が当たる音

03/21 00:27 sarai

ブッフビンダーの音色は本当に美しいですね。このライブストリーミングは爪が鍵盤に当たる音まで捉えていて驚きました。会場ではどうでしょうか?

実は初めて聴いたのはブ

03/19 08:00 
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR