fc2ブログ
 
  

サン・ジミニャーノの朝、チステルナ広場とドゥオーモ広場

2009年5月5日火曜日@サン・ジミニャーノ

今日は旅の5日目。サン・ジミニャーノSan Gimignanoの2日目です。

昨日はアッシジAssisiからの移動で長距離バスに乗り損ねるという大変なトラブルに見舞われましたが、今朝はまたまたぐっすり眠り、気持ちよくお目覚めです。サン・ジミニャーノで迎える初めての朝です。ホテルの部屋から見えるの空は少々雲はあるものの、美しい青空です。窓を開けて、朝の空気を入れ、小鳥の声を聞きながら、しばしベッドの上でまどろみます。それはそれは美しいトスカーナの緑の丘が広がる風景に穏やかな気分になります。

2009080301.jpg



今日は昼過ぎにはフィレンツェFirenzeに戻ろうというだけで特に予定はなし。ちょっとのんびり朝寝です。
それでも、8時過ぎには食堂へ。さほどに代わり映えのしないパン、ハム、チーズ等のメニューです。

2009080302.jpg



ヨーロッパは、どこも朝は火を使わないということらしいです。日本の、ご飯の炊ける匂いとお味噌汁の匂いで目が覚めるというのは、なんとも贅沢な気がします。日本のお母さんに感謝!です。それでも何か美味しそうなものを探すsaraiです。

2009080303.jpg



さすがイタリアは果物が充実しています。

2009080304.jpg



食堂は空いていて、ゆったりと朝食を摂れます。

2009080305.jpg



食堂の窓にはトスカーナの美しい風景が広がっています。

2009080306.jpg



窓からは“塔”も見えています。

2009080307.jpg



部屋に戻ってもまだ、窓からの眺めを楽しみます。サン・ジミニャーノの小さな町は緑に囲まれています。

2009080308.jpg



部屋を出る前に最後にトスカーナ平原の眺めに目をやります。

2009080309.jpg



荷物をまとめて、チェックアウトし、荷物をホテルに預けて、街歩きに出かけます。

サン・ジミニャーノは、塔の街と言われています。それぞれの家が塔の高さで競い合い、どんどん高い塔を造り、最盛時は70塔以上もあったそうで、今でもそのうち14塔ほど残っています。その塔の中に中世の雰囲気を漂わせる路が走っていますが、街全体が城壁に囲まれた小さな街で、昨日のアッシジよりもさらにコンパクトなものです。ゼッフィレッリが監督した映画「ブラザーサン・シスタームーン」は本来、アッシジが舞台の映画ですが、より中世の雰囲気が残っているということで、このサン・ジミニャーノでロケしたそうです。確かに落ち着いた雰囲気の街です。

ホテルがあるのは街の中心のチステルナ広場Piazza della Cisternaですが、隣のドゥオーモ広場Piazza del Duomoとつながっています。チステルナ広場の中央には古い石造りの井戸があり、そのあたりからはドゥオーモDuomo di San Gimignanoや塔のいくつかも見え、とてもいい雰囲気です。

2009080310.jpg



井戸の柱の隙間から、広場の前に建つ塔を覗いてみます。

2009080311.jpg



方向を変えて、覗き込むと、saraiの泊まった(蔦のからまった)ホテル ラ チステルナHotel la Cisternaも見えます。これは誰でも俄かカメラマンになれそうですね。

2009080312.jpg



広場では、どの方向を見ても必ず塔が見えます。

2009080313.jpg



この広場からはドゥオーモ広場Piazza del Duomoがつながっています。ドゥオーモ広場に抜けると、どっしりしていますが素朴な佇まいのドゥオーモDuomo di San Gimignanoが存在感を持って現れます。

2009080314.jpg



もちろん、この広場の周りにも塔が林立しています。

2009080315.jpg



ドゥオーモの左手には、市庁舎Plazzo Comunaleであるポポロ宮殿Palazzo Del Popoloと付属するトーレ・グロッサTorre Grossaがあります。このトーレ・グロッサは現存する塔の中で一番大きく54mの高さがあります。

2009080316.jpg



このあたりの位置関係を地図で確認しておきましょう。

2009080317.jpg



トーレ・グロッサに上るのは後回しにして、先に街の高台の城砦跡に登って、眺望を楽しむことにします。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR