fc2ブログ
 
  

サン・ジミニャーノでお買い物、そして、お別れ

2009年5月5日火曜日@サン・ジミニャーノ/5回目

サン・ジミニャーノSan Gimignanoの散策で目をつけていたワイン屋さん(la fiaschetteria di boboli)に直行です。サン・ジミニャーノ名物の白ワインであるヴェルナッチャVernaccia di San Gimignanoは昨夜のディナーでも既に体験済で美味しいワインです。ワイン屋さんでは、試飲もさせてくれるので、saraiは迷わず、ヴェルナッチャの試飲を希望。この周辺はキャンティワインの産地なので、それも魅力ですが、キャンティは赤ワイン。白ワイン好きのsaraiはヴェルナッチャに惹かれて、この街に泊まることにしたくらいです。

2009081201.jpg



じっくりと試飲した結果、配偶者の意見も合わせて、2本購入。また、こんな重たいものをどうするんだよ!(自分へ)

2009081202.jpg



帰国後に飲んだ白ワイン、ヴェルナッチャのボトルから剥がしたラベルです。美味しかった!!

2009081203.jpg



この店はチーズやハムなども扱っています。

2009081204.jpg



パルミジャーノ・レッジャーノ(パルマ産の美味しいチーズ)みたいなチーズはあるかって、店のお姉さんに訊くと、即座にチーズの大きな塊を取り出し、少し、試食用にスライスしてくれます。食べてみて、2人とも納得の味です。パルミジャーノ・レッジャーノをさらにクリーミーにしたような味でとても美味しい。別のチーズも試食させてくれますが、やはり、最初のチーズが最高。カットして真空パックしてもらいます。値段を訊くととても安いのに驚き、思わず、最初の3パックにさらに5パック追加。お店のお姉さんも「えっ」と訊き返すほど、呆れています。結局、ほとんど、チーズの塊ひとつを全部買い込んでしまうことになります。
ますます、この街が気に入ります。この店では生ハムも置いてあり、別のお客さんがスライスしてもらっています。ずい分、生ハムもそそられるものもありますが、買い物していると切りがありませんね。
そうそう、このお店での買い物の前に、通りすがりのかばん屋さん(Cuoieria Fiorentina S.R.L.)にふらっとはいり、実はsaraiの皮のショルダーバックも購入済。結構、物価が安いんです。この皮のカバンは今でも毎日便利に使っています。

2009081205.jpg



街歩きは実に楽しいのですが、そろそろ、フィレンツェFirenzeに戻る頃合です。

ホテルにとってかえし、預けてあった荷物を受け取ります。

2009081206.jpg



配偶者は買い物したものをロビーの椅子でせっせと整理します。

2009081207.jpg



荷物の整理も終わり、ホテルを出て、バス停のあるポルタ・サン・ジョヴァンニPorta San Giovanniのほうに向かいます。
まず、チステルナ広場Piazza della Cisternaのタバッキでフィレンツェまでのバスチケットを購入しようとしたら、何と品切れ! 仕方がないので、途中でタバッキを見つけて購入しましょう。
こんなときに限って、タバッキが見つかりません。もう、ポルタ・サン・ジョバンニが近くに見えてきます。あー、やっと、タバッキがあった。それっとばかりに店に入ると、先客が並んでいます。いらいらしながら待って、ようやくチケットをゲット。

2009081208.jpg



不思議にチケットを入手したら、また、気持ちが落ち着いて(何のこっちゃ・・・)、またまた、近くにあったチョコレート屋さんに立ち寄って、買い物モード・・・

2009081209.jpg



美味しそうなものが多くて、色々と目移りします。

2009081210.jpg



本当はお昼前のバスに乗るつもりでしたが、あまりの街の居心地の良さに時を忘れ、もう次のバスは午後1時です。まだ、乗車まで少し時間があります。そういえば、まだ、お昼ご飯をいただいていません。どこかでせめてお茶でもしようとバス停の近くを見回すと、すぐそばにセルフ式ですが、小奇麗なカフェレストランがあります。ラ・タベルナ・デル・グランドゥカートLa Taverna del Granducatoというレストランです。中にはいると、お客も居なくてガランとしていますが、ショーケースには美味しそうなケーキがあります。

2009081211.jpg



つかの間のお茶をお店の前のテラス席で楽しみます。やはり、こんなところでも、本場のパンナコッタ、ティラミスは美味しい!!

2009081212.jpg



saraiはこの街では大変寛げます。

2009081213.jpg



結局、かなりの間、このテラス席に腰を落ち着けます。

2009081214.jpg



テラス席からは、街の城門ポルタ・サン・ジョヴァンニのあたりが見えています。

2009081215.jpg




お腹も落ちついたところで、再び、バス停、モンテマッジョ広場Piazzale Montemaggioへ。再度、バスの時間を確認します。

2009081216.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2009081217.jpg



バスは少し遅れてやってきます。バス乗車時に運転手さんにフィレンツェに直通かと訊くと、途中の街ポッジボンジPoggibonsiで乗り換えだとのこと。ちょっと不安ではありますが、ともかく乗り込みましょう。バスが少し走ると、ふいに後方にサン・ジミニャーノの街が遠くに小さく見えます。ほんの一瞬のことです。

2009081218.jpg



数秒後にはまったく見えなくなります。

2009081219.jpg



たった1日にもならない滞在でしたが、サン・ジミニャーノの町は深く心に刻み込まれました。が、もうバスからはまったく見えません。また、いつか来ることがあるのか・・・もしまた、来ることがあれば、この街の姿が見えた瞬間にきっと懐かしい思いにかられることは間違いありません。そんな素晴らしい街に出会えて、大変幸福でした。

バスは山道を一路、ポッジボンジに向かいます。

2009081220.jpg



色々なことがあった小旅行を終えて、フィレンツェに戻ろうとしています。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR