fc2ブログ
 
  

フィレンツェ、クーポラからの絶景

2009年5月5日火曜日@フィレンツェ/7回目

フィレンツェFirezeのサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂Cattedrale di Santa Maria del FioreのクーポラCupola di Brunelleschiを上っているところです。途中の内部の天蓋近くまで上り、一休み。ヴァザーリの天蓋フレスコ画『最後の審判』を間近に眺めます。

2009081801.jpg



ここからクーポラの屋上を目指して、さらに上に登ります。ここからは螺旋階段になり、目が回りそうです。遂に上からの光が見えてきます。最後に梯子のような急階段を登り、クーポラの屋上テラスに出ます。
やったね!! フィレンツェの街中がすべて眼下に見えます。それもその筈。このクーポラはフィレンツェで最も高い建物ですからね。クーポラの高さは107mです。八角形の大クーポラの内径は43mです。クーポラを作り上げたのはフィリッポ・ブルネレスキです。ブルネレスキは一応、当時世界最大のクーポラを完成させましたが、これですべてが完成していたわけではありません。クーポラ頭頂部にのせるランターン(明り取りの先端部)は未完で、完成するのはブルネレスキの死後で、27年の時を要し、1461年のことでした。

ともあれ、上り終えたクーポラ頭頂部から、眼下にはジョットの鐘楼Campanile di Giotto、その右に頭だけが見えるサン・ジョヴァンニ洗礼堂Battistero di San Giovanni、

2009081802.jpg



サン・ロレンツォ教会Basilica di San Lorenzo、その向こうにはサンタ・マリア・ノヴェッラ教会Basilica di Santa Maria Novellaとサンタ・マリア・ノヴェッラ駅Stazione Santa Maria Novella、

2009081803.jpg



ヴェッキオ宮殿Palazzo Vecchioとウフィツィ美術館Galleria degli Uffizi、右手のオルサンミケーレ教会Chiesa e Museo di Orsanmichele、アルノ川の先にはピッティ宮殿Palazzo Pitti、

2009081804.jpg



サンタ・クローチェ教会Basilica di Santa Croce di Firenze、その向こうの山の中腹にミケランジェロ広場Piazzale Michelangelo、その上にはサン ミニアート アル モンテ教会Abbazia di San Miniato al Monte、手前の右手にはバルジェロ美術館Museo Nazionale del Bargelloとバディア フィオレンティーナ教会Badia Fiorentina(ダン・ブラウンのラングドン教授シリーズの4作目の小説『インフェルノ』の冒頭の場面で有名)、

2009081805.jpg



左端にサン・マルコ修道院Museo di San Marco、その右手前の小さなドームのアカデミア美術館Galleria dell'Accademia di Firenze、遠くに見えるフィエーゾレFiesoleの丘、


2009081806.jpg



・・・・・すべてが360度の視界で見渡せます。

クーポラ自体は屋根がこんなに急な傾斜で下に下って見えますね。ブルネレスキもよくこんなもの作りましたね。

2009081807.jpg



この眺望も凄い! この旅はまさに眺望シリーズのようです。フィエーゾレの丘から眺めたフィレンツェ、アッシジの街から見渡したウンブリア平原、シエナのドゥオーモ付属美術館屋上テラスから見たシエナの町並みとトスカーナ平原、サン・ジミニャーノでの数々の眺望。でも、ツカレタ・・・

フィレンツェの素晴らしい眺望を満喫した後、螺旋階段を下りて、また、クーポラの天蓋の下に出ます。もう一度、ヴァザーリの天蓋フレスコ画『最後の審判』を間近にじっくりと眺めます。ミケランジェロの最後の審判をずい分、研究したようです。物凄い数の人が描き込まれています。

2009081808.jpg



最後の審判を下すキリストの下には聖母子が描かれています。

2009081809.jpg



次は下から見るサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂の姿も満喫しましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

たかぼんさん、初めまして。saraiです。

嬉しいコメント、ありがとうございます。ブッシュ四重奏団は素晴らしいですよ。とりわけ、第14番は最高です。
もっとも、ブッシュ

09/17 02:04 sarai

とても素晴らしいお話をお聞かせ頂き感謝いたします。
私は今まで、後期の4曲はブダペスト四重奏団できまり!と思っておりました。
ブッシュ四重奏団は別なレコード(死

09/16 13:52 たかぼん

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR