fc2ブログ
 
  

ウィーン、まずはオペレッタ「微笑みの国」

2009年5月6日水曜日@ウィーン/3回目

有名料理店のグリーヒェンバイスルGriechenbeislでのウィーン料理の美味しいランチも終えました。ここから、ぶらぶらとウィーンWienの中心街のほうに向かいます。
ローテントゥルム通りRotenturmstraßeを歩き、街のシンボル、聖シュテファン大聖堂Stephansdomにやってきます。いつもはケルントナー通りを歩いてくるので、この方向から来るのは初めてです。大聖堂の横には、フィアカー(観光馬車)がずらり。これを横目にみながら、目抜き通りのケルントナー通りKärntner Straßeにはいります。
げっ!!なんと、全面的に道路の舗装工事中。石畳が痛みやすく、歩きづらいので、舗装中のようです。しばらく来ないうちにウィーンもどんどん変わります。
シュターツオーパWiener Staatsoper(ウィーン国立歌劇場)の近くまで来たところで、予約済のオペラチケットの発行をしてもらうために、ウィーン劇場連盟のチケットオフィスKassenhalle der Bundestheaterへ立ち寄ります。無事、チケット発行も終わり、ついでにシュターツオーパ横にあるアルカディアArcadia Opera Shop(音楽用品店)に入ります。ウィーンに行くと、いつも覗いている店で、シュターツオーパのポスターを買ったりしています。今日も明日の公演(アンナ・ネトレプコの《椿姫》)のポスターを買おうと思って寄ってみたんですが、明日にならないと品物がないとのことで出直しです。
ということでカールスプラッツ駅Karlsplatzから地下鉄U2に乗って、ホテルに戻ります。初めてのホテルなので、恥ずかしながら、ちょっと、道を間違ったりしましたが・・・(恥)。

ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2009090201.jpg



ホテルに戻って、まだ、今夜のオペレッタまで少し時間があるので、ネットの接続をします。その間、配偶者は部屋の写真を撮っています。一応、アパート形式のデザインホテルで、スイートの部屋でなかなかオシャレです。
まずはベッドルーム。ドアがついていて、リビング&キッチンとは分れています。

2009090202.jpg



リビングの一角にはキッチンがあります。

2009090203.jpg



そして、リビング。saraiがデスクでネットしています。

2009090204.jpg



バスルームです。ちゃんとバスタブがあります。

2009090205.jpg



saraiのネット接続のほうは、最初、LANコンセントがあったので、ラッキーと思いましたが、結局はつながらず。それではと、無線LANもあるようなので、チャレンジ。すると、すぐに接続成功! もちろん、無料です。これまでの電話モデム経由に比べると、無茶苦茶アクセス速度が速くて便利。そういう時代になったんですね。
HPを見たり、メールしたりしていると、配偶者から、もう時間だよという鋭い指摘。そうです。オペレッタの開演まで、もう1時間もありません。そこで、急いで支度して、ホテルを飛び出ます。
外は少し雨がぽつぽつですが、傘をさすほどのことはなし。急ぎ、トラムの停留所を目指します。あと少しというところで乗るはずの5番のトラムがやってくるのが見えます。これはいかんと一つ先の停留所、ランゲガッセLange Gasseに向けてダッシュ。丁度、停留所に着いたところで、トラムも同時に到着。何とか間に合います。
トラムはほんの10分足らずで目的の停留所、シュピタールガッセSpitalgasseに到着。そこからは今日のオペレッタの会場のフォルクスオーパVolksoper Wienまでに歩いて5分ちょっと。このフォルクスオーパに行くのは今度で2度目ですが、近くに行くと、懐かしい姿が見えてきます。

2009090206.jpg



結局、開演20分前くらいには到着できました。劇場スタッフに案内されて、席に着き、プログラムも購入。

2009090207.jpg



チケットは先ほど、劇場連盟のチケットオフィスで受け取ったものです。

2009090208.jpg



このフォルクスオーパはオペレッタの世界的なメッカで、今夜もレハールのオペレッタ「微笑みの国」を鑑賞します。この題名の意味は中国のことです。悲しいときも常に微笑を絶やさない国だというヨーロッパ人のイメージのようですね。題名のとおり、ウィーンから始まった話が中国に移っていき、悲恋ではありますが、ハッピーエンド的に終わります。
世界最高のオペラハウスのシュターツオーパに比べると、こちらは庶民のオペラハウス。気楽に楽しむところです。ただ、今朝の早起きが祟って、2人とも眠くて堪らなかったのですが、オペレッタ自体は実に楽しい演出でした。
ところで、このフォルクスオーパの中の様子を少し、紹介しましょう。
まずは、ステージ、ピット、観客席です。

2009090209.jpg



観客席は平土間とまわりの横手と後方の2階から上の席からなっています。

2009090210.jpg



その後方です。シュターツオーパには、ここにロイヤルボックスがありますが、ここは庶民向け。そんなものはありません。

2009090211.jpg



オーケストラピットです。丁度、誰もいませんね。

2009090212.jpg



今日のオペレッタ《微笑みの国》のキャストを確認しておきましょう。

 指揮:エリザベート・アトル  演出:ベヴァリー・ブランケンシップ
 ウィーンフォルクスオーパー管弦楽団

 リーザ(リヒテンフェルス伯爵令嬢):ウルスラ・プフィツナー
 グスタフ伯爵:ダニエル・シュムッツハルト
 スー・チョン王子:ミヒャエル・エンデ
 ミー:ルネ・シュッテングルーバー

リーザ役のソプラノのウルスラ・プフィツナーは大柄で声もよく出ていました。ミー役のルネ・シュッテングルーバーはもうけ役ですが、なかなかの好演。十分に楽しめました。予習したのは2001年のメルビッシュ音楽祭の公演です。やはり、レハールの美しいメロディーが最高ですね。

終演後、外に出るともちろん真っ暗。また、トラムに乗って、無事、ホテルに帰着。でも、眠くて眠くて、風呂にもはいらずバタンキュウです。とはいえ、ミュンヘン空港調達の缶詰ソーセージとスパークリングワインなどで軽く夜食はいただきました(笑)。

2009090213.jpg



というのが、今日の顛末です。

明日は美術館に出かけましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR