FC2ブログ
 
  

ドナウ運河クルーズ、滑り込みセーフ!

2009年5月8日金曜日@ウィーン/4回目

グリンツィングGrinzingのホイリゲの有名店、ルドルフスホーフGrinzing Heuriger Rudolfshofでのランチをいただいて、次はウィーン市内のドナウ運河クルーズに向かいます。
また、グリンツィングからバスに乗って、またまた、ハイリゲンシュタットHeiligenstadtに向かいます。ハイリゲンシュタットに着くと、そこには大きな駅があります。ここで地下鉄U4に乗ります。シュヴェーデンプラッツ駅Schwedenplatzで地下鉄U1に乗り継いで、クルーズ船乗り場のあるライヒスブリュッケReichsbrückeに急ぎます。というのも出航時間が迫っているからです。
最寄の駅、フォルガルテンシュトラーセVorgartenstraßeに着いたときは出航の5分前。小走りで乗り場に急ぐと、もう船は出航しそうです。そこは配偶者のこと、遠くから、船員さんに手を振って、コンタクト。無事に乗船できます。左上に見えている橋がドナウ川に架かるライヒス橋Reichsbrückeです。

2009092801.jpg



乗船後、船内でチケットを購入します。

2009092802.jpg



チケットというよりもレシートを渡されます。

2009092803.jpg



まず、クルーズ船は国連シティ(UNO-City)Internationales Zentrum Wienのあたりのドナウ川Donauを出発します。ドナウタワーDonauturmも近くに見えています。

2009092804.jpg



ドナウ川は広々としていて、クルーズすると気持ちがいいです。両岸もずっと見渡せます。国連シティの高層ビルがずらっと見えています。

2009092805.jpg



クルーズ船はドナウタワーの前をゆっくりと通り過ぎます。

2009092806.jpg



この川幅の広いドナウ川にも、このウィーンには橋が多くかかっています。ライヒスブリュッケ(ライヒス橋)Reichsbrückeから出発したクルーズ船はすぐに次の橋、ブリギッテナウアー橋Brigittenauer Brückeを過ぎて、ゲオルク・ガンツァー橋Georg-Ganzer-Stegに近づいていきます。

2009092807.jpg



船の往来も多く、双胴船みたいなおおきな船が停泊しています。実はこの船は岸辺に固定された学校です。

2009092808.jpg



ベルタフォンサットナー高校Bertha-von-Suttner-Gymnasiumは建設用地を必要とせず、移動が容易なことから船として建設されました。造船所の需要を喚起するためでもあったようです。この船はしばしば訓練船とも呼ばれています。学校と船の名前は、オーストリアの作家ベルタ・フォン・シュットナー Bertha von Suttnerに由来します。

2009092809.jpg



ベルタフォンサットナー高校とドナウタワーが後ろに過ぎ去っていきます。

2009092810.jpg



このクルーズ船は屋根はありますが、両脇は空いていて、まわりの景色がよく見えるようになっています。
左手は緑の岸辺になっています。

2009092811.jpg



先ほど散策していたウィーンの森Wienerwaldに再び、今度はドナウ川のほうから近づいていきます。

2009092812.jpg



また、逆方向から来る船と行き交います。小型の貨物ボートが多いようです。今でも、ドナウ川は水運が盛んなんですね。

2009092813.jpg



また、別の一艘とすれ違います。

2009092814.jpg



ウィーンの森のこんもりとした丘が近づいてきます。

2009092815.jpg



ここまでのクルーズのルートを地図で確認しておきましょう。

2009092816.jpg



しばらくするといよいよドナウ運河Donau Kanalにはいります。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR