FC2ブログ
 
  

ボスポラス海峡クルーズ:ボスポラス大橋を再度、通過

2019年9月6日金曜日@イスタンブール/7回目

ボスポラス海峡Bosphorusクルーズを楽しんでいます。クレリ軍事高校Kuleli Sahilの前を通り過ぎたところです。
次に眼前にボスポラス大橋Boğaziçi Köprüsüが広がります。遂にここまで戻ってきました。

2020062301.jpg



ここで後ろを振り返ると、ファーティフ・スルタン・メフメト大橋Fatih Sultan Mehmet Köprüsü、別名、第2ボスポラス大橋がちっぽけではありますが、遠く彼方に見えています。

2020062302.jpg



クレリ軍事高校もどんどん遠ざかっていきます。

2020062303.jpg



正面にモスクが見えます。ベイレルベイ・ジャーミィBeylerbeyi Camiiです。2本のミナレットとドームが美しい対照を見せています。

2020062304.jpg



ボスポラス大橋の手前にベイレルベイ宮殿Beylerbeyi Sarayıが見えてきます。

2020062305.jpg



この宮殿はオスマン帝国後期の豪華な迎賓館です。英国のエドワード8世らが滞在しました。

2020062306.jpg



1825年に完成したオスマン帝国のスルタンの夏の離宮で、バロック様式とオスマン様式を合わせた建築です。

2020062307.jpg



この宮殿の前を通り過ぎて、ボスポラス大橋に差し掛かります。

2020062308.jpg



ベイレルベイ宮殿が後ろに遠ざかっていきます。

2020062309.jpg



ボスポラス大橋の真下を過ぎます。

2020062310.jpg



ボスポラス大橋の下をくぐり抜けました。

2020062311.jpg



ボスポラス大橋からどんどん遠ざかります。

2020062312.jpg



ボスポラス大橋のヨーロッパ側が見渡せます。新市街のビル群が見えます。

2020062313.jpg



ボスポラス海峡とそこに架かるボスポラス大橋が美しいですね。

2020062314.jpg



ボスポラス大橋のほぼ全景が見渡せます。第2ボスポラス大橋とほとんど同じ長さの1500mです。

2020062315.jpg



また、アジア側の岸辺には高級住宅が立ち並びます。

2020062316.jpg



ウシュクダルÜsküdarのフェリーターミナルの前を通過するあたりでは、乗客のみなさんはもう見るべきものを見てしまった感じでぼんやりとしています。

2020062317.jpg



ここまでのクルーズのルートを地図で確認しておきましょう。

2020062318.jpg



もう出航地点の金角湾も近づいてきました。ボスポラス海峡クルーズも残り少々となりました。10分ほどで帰着しそうです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR