fc2ブログ
 
  

ガラタ塔からトラム乗り場へ急行・・・新兵器が大活躍!

2019年9月6日金曜日@イスタンブール/10回目

ボスポラス海峡Bosphorusクルーズ、鯖サンドのランチを終えて、ガラタ塔BELTUR Galata Kulesiに行ったところで、大行列に挫折。いさぎよく撤退し、イスタンブールの観光を打ち止めとします。
ガラタ塔からトラム乗り場にスムーズに移動しなくては、ウィーン行きの飛行機に乗り遅れてしまいます。
恨めし気にガラタ塔を振り返りますが、それよりも正しいルートでトラム乗り場に向かう必要がありますね。

2020062601.jpg



ここで新兵器登場。スマホ様のお力拝借です。なんと初使いのスマホが活躍します。MAPS.MEなるアプリで迷うことなく、ルートを確認。この下り坂を進めというご託宣。信じましょう。

2020062602.jpg



狭い坂を一気に下るだけですが、失敗は許されません。地図アプリで確認しながら進みます。

2020062603.jpg



にぎやかな下町の風情です。もっともそんなことに思いを馳せる余裕はなく、一目散に歩き続けます。

2020062604.jpg



どこまでも下り坂が続きます。saraiはスマホの画面を食い入るように見ながら、慎重に進みます。と言っても、1本道ですけどね。

2020062605.jpg



えらく長い坂です。地図アプリがなければ、このあたりで不安になるところです。

2020062606.jpg



坂の下に広場らしきものが見えてきます。

2020062607.jpg



ここで今下ってきた坂を振り返ります。さきほどはタクシーに乗って正解でした。こんな坂を上るのはとっても大変だったでしょう。

2020062608.jpg



坂の下の小さな広場に出ました。ファーストフードのお店がありますね。トラム乗り場はまだ先のようです。地図アプリに先導してもらいます。

2020062609.jpg



大きな通り、ケメラルトゥ通りKemeraltı Cd.に出ます。トラムの線路がありますね。

2020062610.jpg



この先の交差点の先にトラム乗り場があります。それ、急げ。

2020062611.jpg



地図アプリを確認しながら、最短距離でトラムの停留場、カラキョイKaraköyに到着。ホームでトラムの到着を待ちます。

2020062612.jpg



このあたりは新市街で賑わう一画です。

2020062613.jpg



すぐにやってきたトラムに乗り、ホテルに向かいます。トラムは金角湾Altın Boynuzに架かるガラタ橋Galata Köprüsüを渡っていきます。

2020062614.jpg



橋の中央部分、下を船が往来する場所に差し掛かります。

2020062615.jpg



金角湾の先にはトプカプ宮殿Topkapı Sarayıの正義の塔Adalet Kulesiが見えています。

2020062616.jpg



もうすぐ、ガラタ橋を渡り終えます。橋の向こうには、イェニ・ジャーミィYeni Camiの優雅なモスクが見えています。

2020062617.jpg



ガラタ橋の南端です。観光船乗り場が見えます。

2020062618.jpg



ガラタ橋の最後の下り坂を進みます。

2020062619.jpg



観光船乗り場の前を進みます。

2020062620.jpg


朝、トラムを下りた停留所、エミノニュEminönüに到着。

2020062621.jpg



この後、ホテルの最寄りの停留所に着き、その先はもう慣れた道。迷わずホテルに到着です。預けてあったカバンをお願いすると、タクシーも呼びましょうかとの一言。思わず、ハイと言っていました。駐車車両が占拠する道の横をすり抜けるように進む自動車であふれる坂道を、重いカバンを引っ張って進むのはもはや困難です。イスタンブールの旧市街の移動はタクシーでないと無理です。
呼んでもらったタクシーで空港シャトルバス乗り場に急行。バス乗り場のある広大な広場は車は進入禁止なので、どうするのかなと思っていたら、やはり最後は歩いてくれと降ろされます。平坦地なので構いませんよ。歩いて、バス乗り場に向かいます。なんとか、予定していた2時に空港行きのバス乗り場に到着です。早速、荷物を積み込んでもらって、乗車します。

2020062622.jpg



後は、このバスが渋滞に巻き込まれずに、空港への高速道路に上がってくれるのを祈るばかりです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR